上司がコミュ障だった時の対処法

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

上司との相性は仕事のモチベーションやストレスに大きく左右するものですし、いくら仕事が好きであっても上司との相性次第では、仕事に対して鬱々とした気持ちを抱えてしまうものです。

その中でもコミュ障な上司は、体育会系の上司のように怒鳴ったり精神論で圧倒したりすることはまず少なく、怖さやストレスを感じにくい上司のように思われます。

しかし、コミュ障ゆえに部下との連携が取れずに余計な仕事を増やしてしまったり、会話が面倒だからといって一人で仕事を抱えてしまった結果、部下が育たず放置されてしまうなど、お世辞にも見習える上司とは言い難いものです。

特に仕事に人生をかけていたり、更なるキャリアアップを目指している人からすれば、コミュ障でうだつの上がらない上司はまさに目の上のコブのように感じる。やる気だけを見透かされて上司の尻拭い役を任されて、一人で過剰な労働をさせられてしまい疲弊してしまうこともあることでしょう…。

今回は、上司がコミュ障だった時の対処法についてまとめました。

関連記事

自分に甘く他人に厳しい上司への対処法
自分に厳しく他人に甘い心理、心理学では行為者・観察者バイアスなどの言葉で説明され、人間なら誰でも持つものだと考えられています。 もちろ
コミュ障な人との上手な付き合い方について
会話が下手、どもる、話す時に緊張する、会話が途切れることが多い…など、いわゆるコミュ障な人と関わるときは、どうしても気苦労が耐えなかったり、

スポンサーリンク

コミュ障な上司への対処法

質問するときは具体的、明確に聞く

上司に話しかけてもうまく会話ができない、アバウトな返事ばかりが返ってくるのは、ただ上司がコミュ障で会話に慣れていないだけでなく、話しかける側の伝え方に原因があることも考えられます。

例えば、「ここの作業はどうやればいいのですか?」と、なにげない質問そして、

  • 「ここの作業って何?」
  • 「どうやればって言われても、内容がアバウトすぎてわからない」

と、あまりにも内容がアバウト過ぎるために、上司も返答に困ってしまった結果、コミュ障になってしまうのです。

事前に伝えるべき内容や事柄を具体的にしておけば、こういったことは起きにくいものです。コミュ障だからといって全ての会話が苦手ではなく、アバウトすぎる質問やどうとでも解釈ができてしまう伝え方に対して、特に苦手意識を覚えるのです。(もちろん、これはコミュ障の人に限った事ではありませんが…)

ここの作業はどうやればいいですか?」を具体的にするのなら

昨日上司から教えてもらった○○の作業(=ここ…の部分)ですが、よくわからないエラーが出てしまったので、どうしたら修正できるか教えていただけますか?(=どうやればいいのですか…の部分)

と、質問の内容を具体的にしてから聞いてみることで、上司も応えるべき事柄をすんなり理解できるのでコミュニケーションがしやすくなるのです。

また、具体的にするときは

  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • だれが(Who)
  • なにを(What)
  • なぜ(Why)
  • どのように(How)

などの、5W1H意識しつつ具体的にするみるのも効果的です。

上の「昨日(=When)上司(=Who)教えてもらった○○の作業」の例文のなかにも、より具体的にするための5W1Hが含まれているからこそ、聞かれた方も具体的に答えやすくなっているのです。

上司の上司、上司の同僚に声をかけてみる

上司に改善を求めても効果が見られないときは、上司の上司、あるいは上司の同僚に相談をしてみて、改善してもらうようにお願いをしてみるのも対処法のひとつです。

場合によってはいつもの上司と違い、顔を合わせていない相手で緊張感やどう話せばいいのかわからないことも考えられますが、しっかり相談しなければ今のコミュ障な上司が変化する可能性は見込めません。

また、話しづらい相手に話しかけることは、自分のコミュ力を鍛えておいたり、職場ないの他の部署に人脈を持つことにもつながるので、決して悪いものではありません。

会話以外にも、メールやLINEなどでコミュニケーションを取ってみる

目を見て話すのが苦手、口下手、小声、言い間違えが多いなど、会話によるコミュニケーションが苦手な上司の場合は、無理に会話にこだわらずメール、チャット、LINEグループなどの文章をメインにした方法でコミュニケーションをとるのも方法のひとつです。

文章にしておけば、あとで連絡事項の内容を確認をするのにも役立ちますし、出張などで会って話すことができない状況でも、簡単に情報を共有できます。

また、自分が伝えたいことを文章にしてまとめる作業は、どうすれば相手にとって伝わりやすいか、誤解やミスリードが起こりにくい文章が書くか技術…つまり、推敲を重ねて伝わりやすい文章を書く事にもつながります。

関連記事

仕事でLINEグループを使うときの注意点・ルールの作り方
この記事は以前書いた「仕事でLINEグループを使うときに気をつけたいメンタルと叱る事のお話」を発展させた記事となります。 ライングルー

上司に対して積極的にコミュニケーションをとることを忘れてはいけない

コミュ障な上司のうだつの上がらなさやもどかしさをいいことにして、気づかないうちに部下である自分が積極的に上司に報連相を行うことを放棄していたり「コミュ障な上司だから仕方ないよね」と、積極的になれない自分を正当化してしまってはいないでしょうか。

こうなると、上司・部下ともにコミュ障であり、うまくコミュニケーションが取れなくなるのも無理はないでしょう。

また、お互いにコミュ障という共通点があって話し合える…とはなりにくい。

むしろ、コミュ障同士お互いがお互いに余計な気を使いあったり、妙に距離を取り合ったりして、コミュニケーションが成立せず、仕事に支障が出てしまうものです。

そうならないためにも、上司の方から声をかけてくれるのを待つばかりではなく、自分から積極的に報連相を行っていくことが大事です。

コミュ障の上司は立場上指摘がしにくく厄介である

いくら上司とはいえ、部下である自分からストレートに「コミュ障を直していただけませんか?」というのは非常に勇気がいるものですし、場合によっては失礼だと思われて上司の顔に泥を塗り、職場における自分の居場所…ひいては自分の今の立場を失うリスクがあります。

上司と部下という上下関係のある立場に置いて、「上司→部下」という立場差に則った方向での指摘はしやすいですが、「上司←部下」という立場差に逆らった指摘は、立場上しにくいものです。

上司に「コミュ障を直してください」と言うのはストレートすぎるので別の言葉に言い換えてみる

とはいえ、指摘をせずに放置し続けていては仕事に差し支えます。

「コミュ障」という言葉自体、まず否定的な文脈で使われる言葉であると同時に、相手の人格を生き方を否定する言葉にもなりやすいため、直接「コミュ障を直していただけませんか?」と言い切るのは、上司の心を傷つけすぎる、反感や逆恨みを招く、ショックのあまりに余計にコミュ障をこじらせてしまう懸念があります。

ですので、なるべく角が立たないように気をつけつつ、そしてコミュ障を改善していけるような指摘を行っていくことが肝心です。

ひとくちにコミュ障と言っても、その症状や特徴は人それぞれであり、「コミュ障を直していただけませんか?」という言い方では具体的に何をすればいいのかよくわかりません。

ですので、改善すべき点を具体的にしていくこと…、例えば

  • 「小声で話が聞き取りづらいので、もう少し大きくはっきりとした声ではなしていただけますか?」
  • 「『あれやって』や『これやって』ではなく、具体的な指示内容を仰って頂けますとたすかります。

と、コミュ障が原因となって仕事に与えている問題とその改善点をこちらから提示した、具体的且つ伝わりやすい話し方を心がけてみるようにしましょう。

コミュ障な上司は実際に仕事をする上では非常に面倒くさい存在で、なんて非効率的なコミュニケーションをしているのだろう…と、モヤモヤする事があろうかと思います。

ここでコミュ障な上司だからと関わることを切り捨ててばかりでは、コミュ力がある人との会話のみが上手になるばかりであり、自分とは違った特徴や個性を持つ人と会話が苦手になってしまう恐れがあります。

こうした自分と会う人ばかりとの会話がうまくなることはコミュ力が鍛えらているように見えて、実はごく限られた人とばかり話す技術が身につくだけで、合わない人に対しては勝手にコミュ障認定して自分を棚に上げることとも見られます。

相手がコミュ障だからといって関わるのを諦め、自分と合う人ばかりと関わることは、本当にコミュ力があると言い切れるのか…と感じます。

関連記事

コミュ障が職場で孤立すると何がまずいのか?
コミュニケーション全般が苦手、あるいは他人と意思疎通をすることに多大なストレスを感じるからこそ、あえて職場にて孤立を選ぶコミュ障の人は少なく
上司と部下で共依存関係になることのリスク
共依存と言えば、DVをしてくる旦那から離れられない妻、と言うような男女間や夫婦関で起きる人間関係への依存を思い浮かべるのが一般的だと思います
コミュ障で「仕事が怖い」と感じている人の悩みと対策
コミュ障を自覚している人の中には「働くのが怖い」「就職したら怖い目にあう」と漠然とした恐怖や不安を感じている人が少なくありません。 コ

https://mental-kyoka.com/wp-content/uploads/2019/05/hitonohukou-kyoukan.jpg

【たった1回で一発解決】30分後にはあなたの悩みが解決する方法とは

周りの人に相談できない。解決したいのに自分1人じゃどうにもできない。

誰しもがなかなか人には言えない悩みはあります。

1人で考えることはとても大事ですが、悩みを解決するにはやはり誰かに相談することが1番の解決方法です。

「でも周りの人に言うのが怖い」

わかります。相談することはとても勇気がいることですよね。

すぐに悩みを聞いて助けてくれる人がいれば、どんなに心強いことかと感じたことはありませんか?

私はあります。困難な悩みにぶつかるたびに心が締め付けられてしまい、どうしていいかわからなくなってしまいます。

あなただけではなく、実は他の人も同じように悩むのです。

『知り合いに頼らずに』悩みを解決することができる

結論から言うと、「同じ気持ちを理解し、かつ正しい解決方法がわかる人に相談すること」がもっとも早く悩みを解決できます。

「その相談できる人がいないんだよ」と言う人も大丈夫。私がそうでしたから。

解決できた最大の理由は『ココナラの電話占いでお悩み相談』を利用したからです。

実際に悩み相談に非常に多くの人が利用している『ココナラ電話占いでお悩み相談』。

悩みに対し、あなたに対し最大限のアドバイスをすることが目的なので、いきなり悩みをぶつけることができます。

『ココナラ電話占いでお悩み相談』がおすすめな理由

最大の理由はお悩み相談に精通しているプロがいるから。 占いと聞くと、適当なことを言うのではないかと思う人もいるかもしれません。

しかし実際は、毎日毎日、様々なお悩み相談を聞いているわけです。

これほど悩みを聞く立場の人はいないのではないでしょうか。

実際にコメントの数も半端な数ではないです。多い人だと3400件もの口コミが。

本当にリアルな口コミが書かれており、私が試してみたのも口コミを見たからです。

友人でもなく、悩みに精通している、まさに相談する相手としてベストなのです。

ココナラ電話占いお悩み相談の無料登録はこちら

実際に話すことで心が軽くなる

結論からお伝えすると、私はがっつり話して悩みを解決しました。

私の悩みは「人間関係がうまくいかなく、視線を感じるだけで嫌われている気がする」でした。

非常に親身になって聞いてくれて、「他にも〇〇なこともあるんじゃない?」と似たような状況が確かにあったことを引き出してくれました。

その全てに当てはまる、自分の奥にある根本的な原因をしっかりと優しく教えてくれて、実際に取るべき対策と解決方法も知ることができました。

私は相談した後はすっきりとした気持ちになり、自分でもわかるレベルで心のモヤモヤが晴れました。

もし話すことが怖いなと思っていても大丈夫。占いの先生は話すことが苦手な人といつもお話しているのです。

ココナラ電話占いお悩み相談の無料登録はこちら

今なら通話料無料・最大30分無料で相談できる

『ココナラ電話占いでお悩み相談』は期間限定で3000円分の無料クーポンがあります。

各占いの先生には『1分あたり○円』と金額が設定されており、1分100円の先生に相談すると、30分無料で相談ができます(私が利用したのは100円の先生です)。

今は期間限定でやっている3000円分無料クーポンですが、いつキャンペーンが終了するのか、正直わかりません。

今もしあなたが悩んでいるなら、ぜひこの機会に無料登録し、今あなたに中にある悩みを相談してみてください。

ココナラ電話占いお悩み相談の無料登録はこちら

この記事が気に入ったらシェア

フォローする