「コミュ障は性格が悪い」と思われてしまう原因と考察

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

「コミュ障」といえば、あまりポジティブな文脈で使われる事がない言葉のように感じます。

そして、ただ純粋に、人と上手く話すのが苦手、小声やどもり、赤面のせいで「話しづらい人」という印象がつくだけでなく「性格が悪い」という印象がついてしまい、余計に会話を取りづらくなる事が、コミュ障な人にはよくあることだと思います。

なお、ここでいう性格が悪いと言ってもその解釈の仕方は(コミュ障同様に)人によってバラバラであり、解釈が別れやすいために、

  • ひねくれている
  • 距離感の取り方がおかしい
  • 自己中心的である
  • 自分に甘く他人に厳しい

というものだとした上で「コミュ障は性格が悪い」と思われてしまう原因・背景について、お話しいたします

関連記事

コミュ障が嫌われる、うざがられてしまう原因・背景
人とうまく会話ができない人のことをネットスラングで「コミュ障」と呼びます。 実際にコミュ障の人との会話は、小声や早口のせいでうまく聞き

スポンサーリンク

「性格が悪い」と思われてしまうコミュ障な行動の例

無口、無表情、無愛想のせいで印象が悪くなる

コミュ障な人は会話を始める以前から、既に話辛い雰囲気や態度をとっている事があるものです。

  • 普段から無口でどんなことに興味や関心を持っているのか外からわかりづらい。
  • 感情をあまり表に出さない、無表情のせいでなんとなく話しかけづらい。

など、和やかな会話をする対象としては、どこかとっつきづらくて話しかけるための心理的なハードルが高い事が影響して、周囲から孤立してしまうのです。

また、仮に話しかけたとしても、無愛想なせいで本当に会話を楽しんでいるのかがわかりにくかったり、無愛想な事がきっかけとなって場の空気が白けてしまいやすいために、会話が続けにくい事が見られるます。

こうした、無口、無表情、無愛想であることは、コミュニケーション時に相手にかけてしまう精神的な負担が大きい。つまり、相手に余計な心理的コストをかけてしまうので、「コミュニケーションコストが高い人」と思われ、敬遠されてしまうのです。

また一度「この人は話かけづいらいし、話も続けにくい人」と悪印象を持たれてしまうと、何度かあっても悪印象が払拭されずに、余計に悪印象が強まる現象…つまり、「単純接触効果の逆効果」が起きていると考えることもできます。

単純接触効果は、顔を合わせる回数が増えれば増えるほど相手に親しみを覚える現象ですが、単純接触効果の逆効果は、そもそも相手に好意を抱いていない場合は、会えば会うほど苦手意識やめんどくささが増す(身も蓋もない)現象です。

コミュ障の人が否定的なイメージで見られつつ、そして何度目にしてもそのイメージが好転しない理由は、単純接触効果の逆効果によるものも一因かもしれません。

ジレンマを抱えると同時に、それを他人にぶつけて巻き込む

コミュ障なせいで集団から浮いて孤独に襲われるものの、決して孤独になりたいからなったわけではない。むしろ、集団から認められて一員になりたいという気持ちを抱えています。

こうした「孤独は嫌だ。でも、誰かと一緒にいるのも面倒」というジレンマを抱えているだけでなく、そのジレンマを解消できないことで他人に当たったり、他人を振り回したりするために嫌われてしまうのです。

また、こうしたジレンマはコミュ障に限らず、ふつうにコミュニケーションができている人でも多かれ抱いているものですが、そのことをTPOをわきまえずに態度や行動に出してしまう事が反感や嫌悪感を持たれる原因になります。

「自分も『孤独は嫌だ。でも、誰かと一緒にいるのも面倒』というジレンマは抱えているけど、それを自分の中だけで処理して外に漏れないように我慢しているのに、あいつは平気で他人にぶつけているのでイラっとする」といった気持ちが、コミュ障は性格が悪いと思われる一因を担っていると考えられます。

肥大化したプライドで他人を見下してしまう

コミュ障というネガティブに見られる要素を自分が持っている、ということを自覚する苦痛から逃れるために

  • 自分の周囲で行われている程度の低いコミュニケーションはもう飽きている。
  • コミュ力でしか人を判断することができない人間は、人を本質的に見る目を持っていない。
  • 俺(私)の話題のレベルが高すぎるから、他の人と話が合わないだけ。(=暗に周囲を低レベルと決めつけている)

と、自分以外の周囲を見下し、相対的に自分を持ちあげる言動を取って、自分を肯定的に捉えようと認知を歪めます。

見下した上で自分をもちあげる行為は、現実離れした肥大化したプライドが垣間見ええて見るのが痛々しい、どことなくナルシストのような自惚れや思い上がりを感じさせるので、好意的に解釈されることは少ないのと同時に、反感を持たれるせいで余計に孤立を招きます。

また、見下す対象は、いわゆるコミュ力堪能なリア充やコミュ強者に限らず、自分と同じコミュ障も含みます。

コミュ障という自分にとって見たくないもの、不都合に感じる要素を持っている相手だからこそ、仲良くなる対象ではなく、同族嫌悪の対象となってしまうのです。

関連記事

プライドが高いコミュ障の特徴
コミュ障を自覚している人の中には、自分のプライドの高さが原因となって、人と対等な関係を築けなくなることがあります。 また、プライドの高

他人が話している内容を否定している割には、その自覚が見られない

「コミュ障は性格が悪い」と思われてしまう一因として、会話の空気の読めなさ、およびそのことを自覚できていない事が挙げられます。

例えば、コミュ障以外の人が話している話題に対して、コミュ障の人がその話題の腰を折るような否定的な意見や極論を出してしまう。(=空気の読めなさ)

当然ながら、話題はそこで終わってしまい、なんとなく後味の悪く困惑している様子を感じさせる雰囲気が広まっているのにもかかわらず、場の空気を崩した当人には、自分がやらかした自覚が見られないところが「性格の悪さ」というイメージにつながるのです。

この現象は、いわゆる「よく話して喋るタイプのコミュ障」によく見られます。話すタイプのコミュ障は、傍から見ると会話に加わって積極的にコミュニケーションをしているように見えて、

  • 自分がしゃべりたいことをしゃべっているだけ。
  • 相手に話をさせようという気配りや心配りが乏しい。
  • その場の空気を読まず、話題を自分色に染めたがる。

といった、自己中心的な側面が強く「性格が悪い」と思われてしまいがちです。

関連記事

よく喋るタイプのコミュ障の特徴
一般的にコミュ障といえば、 人見知り 人前で話すのが苦手 緊張しすぎて小声で話したり挙動不信になる など、喋るの

クズ、自己中、無神経の言い換えとしての「コミュ障」

コミュ障という言葉が、単にコミュニケーションが苦手なことではなく、文脈によっては「クズ」「自己中」「無神経」などの言葉をソフトに表現に変換する目的として使われることもあります。

上の例で触れた、話題の腰を負った挙句そのことを自覚も反省もしない態度は、コミュ障というソフトな言葉では到底カバーできず、場合によってはクズだの、無神経だの、社会不適合者だのという強い否定的なニュアンスを持つ言葉で説明した方が妥当かもしれません。

場合によっては「流石にそれはクズで自己中では?」と言いたくなる衝動に駆られる事があるかもしれません。

しかし、衝動に駆られたからと言って、そのままストレートに口にしてしまえば、相手を傷つけてしまうリスクもあると同時に、そんな辛辣な言葉を口走る自分のイメージが悪化してしまう恐れもあります。(毒舌キャラでもなければ、辛辣な言葉は思いついてもなかなか言えないもの…)

とは言え、見過ごすわけにはいかず、なんとかソフトな表現でやんわりと毒づく伝える方法がないかと模索しているときに「コミュ障」という言葉は役立ちます。

今や、コミュ障という言葉は年代によっては「私コミュ障でして…」挨拶がわりに使われるほど一般化。そして「クズ」とか「自己中」に比べれば、まだ否定的なニュアンスがマシな言葉ともいえます。

コミュ障を免罪符にして自己正当化をするリスク

こうした背景を知っているのかどうかはさておき、自分のクズや自己中心的な側面を「私コミュ障だから…」という言葉で自己正当化し続けるのは、メリットばかりとは言えません。

コミュ障よりもひどい、クズな部分があるのにもかかわらず、なんとなくソフトな印象の「コミュ障」と言い換えて、自分の中で改善すべきクズな部分を放置し続ければ、本格的にクズな自分を悪化させてしまう危険性があります。

また、クズが悪化しても「自分は(クズではなくて)コミュ障だから…」と、現実の自分を客観的に把握できていないことも相まって、クズな部分が改善の対象とはならない、むしろクズなままでも「これはクズではなくてコミュしょうなだけだから」と自分をとことん甘やかしてしまいます。

自分のクズな部分にしっかり向き合うことは、決して楽なものではありませんし、精神的な苦痛も多いでしょうが「コミュ障」という性格の悪さを都合よく覆い隠してくれる言葉に頼らず、ありのままの自分を見ていくことは、長い目で見ればコミュしょうな自分を改善するのに役立つとおもいます。

…こうして見ると、コミュ障とは単純に他人とのコミュニケーションが苦手なだけでなく、自分自身とのコミュニケーションも苦手で避けてばかりいることも、一因を担っているように感じます。

関連記事

人に言いづらいコミュ障の悩みはどこに相談すればいいのか
人と上手く話せない、距離感をとるのが苦手、話すときに緊張や不安が強くコミュニケーションそのものに恐怖のような感情を感じている…といった、コミ
コミュ障のメリットとは何か?
コミュ障といえば、 人と会話をするのが苦手であり、そのせいで人と仲良くなれずに孤立する。 仕事で連携が取れずに迷惑をかけてし

https://mental-kyoka.com/wp-content/uploads/2019/05/hitonohukou-kyoukan.jpg

おすすめ転職エージェントランキングTOP5

第1位:転職成功実績NO.1【リクルートエージェント】

「リクルートエージェント」が20代におすすめの転職サイト1位である理由は、「業界最大手」の名に恥じない非公開求人の多さにあります。 非公開求人はジャンルや年齢層を問わず20万件以上と国内最多。また、内定の決定数も年間2万3,000人以上、累計で32万人とNO.1です。 スキルを活かし転職をしたいというキャリアアップが目標の方はもちろん、新しい業界への挑戦を考えている、自分を採用してくれる会社があるか不安という方も「リクルートエージェント」に登録しておけば間違いありません。
【リクルートエージェント】のおすすめポイント
  • 年収アップ率62.7%
  • 土日祝日・平日20時以降も対応
  • 給与の交渉代行
  • 独自に分析した業界・企業情報の提供
  • 満足度99%面接力向上セミナー
  • 地方求人も豊富
2011年のデータではありますが、「リクルートエージェント」を利用した転職者の6割以上が年収アップを実現。 担当アドバイザーが1人1人の強みを引き出すとともに、応募先へのアピール方法や口には出しにくい転職理由をうまく伝えるアドバイスなどもしてくれます。 また、20万件以上の非公開求人には地方の求人も多く含まれているため、Uターン転職、Iターン転職、Jターン転職などしたい場合も収入を落とさず好条件で転職が可能です。
  • Uターン転職…地元に戻り転職する
  • Iターン転職…都会で育ち就職した人が地方に移住し転職
  • Jターン転職…地方で育ち、都会で就職、地元とは違う土地へ転職
日本全国の求人を保有していますが、約85%が「リクルートエージェント」のみでしか取り扱いがなく、他の転職サイトでは見ることができません。 あらゆる分野の求人が集まってくるトップサイトですので、リクルートエージェントには必ず登録しておきましょう。

\求人数NO.1!年収アップ率60%以上/

リクルートエージェントの無料登録はこちら

第2位:満足度NO.1!【doda】

第2位は「リクルートエージェント」に次いで求人数が多い「doda(デューダ)」。 非公開求人は10万件以上あり、仕事について迷走しがちな20代向けの独自のサービスが充実しています。 登録すれば定期的に開催される「doda」主催の大規模な転職フェアやセミナーに参加が可能。 企業の担当者と直接話ができるため、あなた自身の人柄を直接アピールでき、運が良ければ書類審査をパスすることができます。 実は、20代の転職活動で書類審査は「沼にハマりやすい」大事な通過点。社会に出て数年では経験も足りず、その他大勢との差を広げにくいためです。 何度も何度も練り直し、書き直し、それでも通過しないことも多い書類審査を、パスできる機会があるのは大きなメリットなのです。
【doda】のおすすめポイント
  • 年収査定、キャリアタイプ診断、合格診断などのツール
  • doda転職フェア・セミナー
  • 応募書類の書き方・面接対策
  • スカウトメール
是非利用してほしいのは「年収査定」や「キャリアタイプ診断」など自分の現在の年収が本当に妥当なのかどんな仕事や働き方が向いているのかなど無料で診断できる独自ツール。 自分の現状を知ることが転職活動の第一歩になります。 また、「doda」は他サイトと比較してもスカウトメールが届く回数が圧倒的に多いのが特徴。 中には「面接確約オファー」や「プレミアムオファー」など書かれたメールが届くこともあります。 「面接確約」や「書類選考免除」などのスカウトなら、最短ルートでの内定がもらえる可能性大! 転職したくても「もし失敗したら?」と不安になってしまう方もいると思いますが、「doda」に登録しておけば転職に関する不安も嘘のようになくなるはずです。

\「自分の市場価値」を診断できる/

dodaの無料登録はこちら

第3位:独占求人多数!【マイナビエージェント】

20代におすすめの転職サイト第3位の「マイナビエージェント」は20代~30代前半に強い転職サイト。 3位の理由は新しい業界へ挑戦したい方向けの未経験でも応募可能な求人も多いことが1つ。 もう1つは、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業などの求人が豊富で、特定の分野に特化した転職のノウハウを持っていることです。 「マイナビエージェント」のみが保有する「独占求人」も非常に数が多く、保有する案件の約8割が非公開求人。業界に詳しい担当者がプロの目線でアドバイスをしてくれます。
【マイナビエージェント】のおすすめポイント
  • 「転職成功」のノウハウを伝授
  • 面接日、年収、入社日などの条件交渉を代行
  • 推薦状を書いてくれる
  • 求人票だけでは分からない会社の雰囲気や情報を網羅
入社後に後悔しない転職のためにも、企業の社風や雰囲気、平均残業時間、業界の成長性・動向など、有益な情報を共有。 転職後の3年後、5年後を見据え、新たな分野への挑戦にも親身にアドバイスをくれるのが魅力です。 新しい分野に挑戦したい、選択肢を広げたいという方、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業へスキルを活かし転職したい方は「マイナビエージェント」の登録がおすすめです。

\未経験OK!独占求人が豊富!/

マイナビエージェントの無料登録はこちら

第4位:転職者の約71%が年収アップ!【type転職エージェント】

第4位は、20代や30代前半の若年層向けの転職サイト「type転職エージェント」です。 業界に精通したエージェントが転職成功へ向けサポートを行ってくれ、2015年には利用した約71%の人が年収が上がったという実績も残していることがランクインの理由です。 年収アップを念頭におき、転職活動をサポートしてくれるため、確実にキャリアアップしたいという方に特におすすめです。 総合人材サービスの「キャリアデザイナー」が運営していることもあり、大手企業やベンチャー企業などの独自の求人も多く、特にIT系やエンジニアなどの求人が充実しています。
【type転職エージェント】のおすすめポイント
  • 「転職力診断テスト」
  • こだわり検索
  • 転職者の約71%が年収アップ
「type転職エージェント」で特に評価が高いのが「転職力診断テスト」。 約13万人の職種・年齢別経歴などのデータを元に、選択式の簡単な質問に答えていくことで、「強み」や「不足しているスキル」などを細かく分析してくれます。 診断が的確で、自分では気づけないような新しい可能性を発見できることから、転職を意識し始めたばかりの人はもちろん、転職活動がなかなかうまくいっていない人にもぜひ挑戦してみて欲しいサービスです。 また、「type転職エージェント」は求人のこだわり検索項目も非常にユニーク。 「受かりやすい順」「月間の目安残業時間」など、他では見られないが「知りたい条件」で絞り込むことで希望にあった求人を探すことができます。 また、IT・通信系、営業職などに特化しており、独自の求人も豊富です。 ただ、東京や大阪など都市部での転職活動であれば豊富な求人を紹介できますが、地方によってはほんの数件しか取扱がないため注意しましょう。 「リクルートエージェント」や「doda」など総合型の転職サイトにも登録し、あわせて使用するのがおすすめです。

\【東京・大阪】質の高い案件が豊富/

type転職エージェントの無料登録はこちら

第5位:顧客満足度調査NO.1【パソナキャリア】

20代におすすめの転職サイト、第5位は「パソナキャリア」です。 2019年オリコン顧客満足度調査でNO.1を獲得するなど、サポートの手厚さ、丁寧さで特に人気ですが、丁寧な分スピード転職を希望している方には不向きという理由で5位に。 ただ、求人数は3万件と「リクルートエージェント」や「doda」と比較すると量は少ないながらも、人材総合サービスのパソナグループのコネを活かした質の高い求人が多くあります。
【パソナキャリア】のおすすめポイント
  • 業界ごとのチーム体制
  • 面接対策・職務経歴書のサンプルやフォーマット
  • 年収診断
  • 女性の転職にも強い!
「パソナキャリア」では業界ごとに担当者を置いており、専門性の高い業界でも特有の悩みや不安に寄り添い、丁寧なサポートを受けることができます。 また、女性の転職活動支援に特化した専門チームもあり、1人1人に寄り添い丁寧にサポートを行ってくれます。 「パソナキャリア」では、面接や書類の対策など基本的なことにもしっかり対応しつつ、転職者1人1人が抱える背景を考慮した、丁寧なサポートが魅力です。 業界ごとに「専任キャリアアドバイザー」がいることで、深い知識と濃い情報を聞くことができるとともに、理にかなったアドバイスを聞くこともできます。

\満足度No.1!スペシャリストがサポート/

パソナキャリアの無料登録はこちら

この記事が気に入ったらシェア

フォローする