人間関係リセット癖の人が仕事で起こしがちなトラブルについて

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

ある日を境に急に連絡が取れなくなってしまう。メールや電話、LINEで連絡を取ろうとして返事がなく周囲に迷惑をかけてしまう人は、人間関係リセット癖がついていると考えることができます。

急に連絡が取れなくなってしまったら、日々の業務の進行に支障が出ますし、取引先との大事な打ち合わせでリセット癖を発動してしまえば、それこそ会社の信用に関わる事態に発展しかねません。

もちろん、ブラック企業にのように労働環境が劣悪でキツい仕事を無理して続けろというわけではありませんが、嫌だからと言って急にリセットされてしまっては、一緒に働いている人を心配させてしまったり、いきなり空いた分の埋め合わせを誰かがしなくてはいけません。

結果として自分の身勝手な行動により職場に損害を与えてしまうことになりかねないので、いきなりリセットするのではなく、正式な手順を踏んで退職や転職活動をするのが余計なトラブルを起こさずに済むのです。

今回は人間関係のリセット癖がついている人が、仕事でやりがちなミスやトラブルについてお話いたします。

縁を切った経験がある人は今や3人に1人もいる

ネット上の調査を行っているサイト「しらべぇ」が全国の20〜60代の男女計1328名に対して、「友人と縁を切った経験がある人は」というアンケートを行ったところ、約3人に1人が縁を切った事があると答えたというデータも出ています。(※1)

また、このアンケートではどの年代でも男性よりも女性の方が縁を切った人の割合が多くなりましたが、20代男性でも28.0%、30代男性でも40.9%の人が縁を切った事があると回答しています。

20~30代と言えば、ちょうど携帯電話やスマホが普及しはじめ世代で、twitter、Facebook、LINEなどのSNSが本格的に普及してきた時代を生きている世代でもあり、SNSで苦手な人をブロックや友達の整理をする感覚で、リアルの人付き合いでもするようになっているとも見ることができます。

リセット癖が友人関係に留まらず、幅広い年代の人と付き合う場面が出てくる仕事の場面だと、リセット癖が出てしまうことは同じ職場の人や取引先の人に迷惑を欠けるだけでなく、自分のキャリアや信用を傷つけてしまう原因にもなります。

スポンサーリンク

人間関係リセット癖により引き起こされる仕事でのトラブル

音信不通になり頼んでいた仕事がストップする

人間関係リセット癖の最大の特徴とも言われているのが、自分から連絡手段をカットしたり連絡が来てもすべて無視して、相手からの連絡をカットしてしまうことです。

仕事の場合なら、

  • メールアドレスや携帯電話の番号を変える
  • 電話が何度来てもすべて無視する。または、着信拒否にする。
  • LINEにメッセージが来てもすべて無視。既読すらつけない場合もある。
  • 相手のSNSのアカウントをブロックしてやり取りができないようにする。
  • 自分のSNSのアカウントをすべて消して消息を絶つ。

などを行って、仕事の関係者との連絡をすべて断ち切り、音信不通状態になってしまいます。

音信不通なので当然頼んでいた仕事の進行を確認することができないので、チーム全体で仕事を進めていた場合は、他の人がやっている仕事の進行全体に影響が出てしまうこともあります。

また、

  • ひょっとしたら急病で倒れているのでは?
  • 犯罪に巻き込まれてしまったのでは?
  • よからぬことを考えてどこか遠くに行ってしまったのでは?

と、心配をした人により警察に連絡をしたり、両親や親戚の方などに連絡をして騒ぎが大きくなってしまうこともあります。

連絡が取れるようになっても仕事は進んでなく信用を失う

仕事において人間関係リセット癖が出てしまう人は、リセットして職場の人と連絡が取れなくなっているときに、じぶんが任せられた仕事を進める…ということはありません。

人間関係リセット癖が発動する理由は

  • どうしても締切に間に合わないと伝えるのができない
  • 仕事が間に合わなくて怒られるのが嫌だ
  • 仕事でミスをしていたことをうまく隠していたけど、隠し通せなくなったので音信不通になる。
  • 仕事でストレスを抱え込みすぎて、何もかも嫌になって連絡を切った

と、仕事のストレスや悩みから逃げるという目的が主なので、連絡を取れなくしたときにわざわざ考えたくもない仕事について、コツコツと作業することはありません。

また、連絡が取れなくなったから安心…というわけでもなく、内心では取り返しのつかないことをしたと自分を責めたり、なんとかして言い訳やごかます方法を考える特徴があります。

そして、ある程度気持ちの整理がついて連絡が取れるようになっても、当然仕事は完遂できてなく、加えてすべてを投げ出して逃げていた事実だけが残るので、自分の信用を失う原因となります。

もしも、間に合わない状態になったとしても、まずは相談や報告をして状況確認を全体でして、そこから対策を考えるのがトラブルをなるべく小さくするためには重要です。

相談や報告を怠り、トラブルを大きくしたことについて責められるのは無理もありません。

スポンサーリンク

急に連絡が取れなくなるので引き継ぎに支障が出る

リセット癖を発動してしまい、そのまま職場に復帰できず退職してしまう人もいます。

この場合、音信不通になってそのままフェードアウトしてしまうので、仕事の引き継ぎに支障が出てしまうことがあります。

仕事を辞める時は、後任の人に対して、今自分がどういう仕事をやっていたのか、社内(or社外)どういう人と仕事をしていたのかを説明する。

他にもあるプロジェクトの終了したタイミングに合わせて辞めるというように、なるべくトラブルを生まない形でスムーズに行うのが望ましいと言えます。

他の人が空いた仕事のしわ寄せを受けるハメになる

例えばアルバイトでシフトが入っていたのにもかかわらずリセット癖を発動させ音信不通になってしまった場合は、

  • 欠員補充のために本当なら今日は休みだった人に働いてもらう
  • 今日のシフトで入っていた他の人に頼んでシフトの時間を伸ばしてもらう

などの空いた分のしわ寄せを受けなければいけません。

ただ仕事の時間が伸びるだけでなく、空いた分のシフトを埋めるために他の人に電話をするという余計な仕事を増やす、少ない人員で回すことでそうでない時と比較して仕事の負担が増え、パフォーマンスに影響が出たりミスを誘発するリスクが高まるといった懸念もあります。

アルバイトの場合だと正規雇用と違って気軽に辞められる、バックレることが出来ると考えている人も稀にいますが、その考えに基づいて自分勝手に動かれてしまうとたとえアルバイトであっても仕事を自分の信用を損ねて人間関係を悪化させる原因になります。

また、そうやって人間関係を悪化させた理由が自分にあるのにもかかわらず、「自分は悪くない」と開き直り、あくまでも自分は人間関係で苦しんでいるという気持ちが強くなると、またリセット癖を発動させてしまい、気が付けば人との上手な付き合い方を自ら放棄してしまうことになります。

スポンサーリンク

仕事を辞める方法としてはリセット癖はNG

リセット癖で職場に顔を出さない状態は、会社から見れば無断欠勤の扱いになります。

無断欠勤が続くことは、懲戒解雇の理由にとして扱われることがあり、仕事の辞め方としては賢明ではありません。

また、結果として退職が無事に済んだとしても「懲戒解雇させられた経験がある」という理由から転職活動が不利になってしまうことがあります。

懲戒解雇の扱いは非常に重く、懲戒解雇された事実を隠したまま就職するのは経歴詐称にあたります。

衝動的に連絡手段をカットして、会社やその取引先に迷惑をかけてしまったということが「懲戒解雇」という経歴で残り続けるのは避けなければいけません。

自分の将来のことを考えているのなら、人間関係をリセットしてバックレるのではなく、正当な手段を踏んで、しっかり退職する方が自分のキャリアを傷つけないためには重要なのです。

フリーランス・在宅ワーカーと人間関係リセット癖

フリーランスや在宅ワーカーのように自分である程度自由に仕事を選べることが出来る人がリセット癖を発動させてしまうと、発注者に迷惑をかけるだけでなく自分のキャリアに自分で傷を付けることになります。

どこかのオフィスに行って毎日顔を合わせる必要がない仕事ほど、日頃からしっかり連絡を散り合うことこそが仕事をする上で重要です。

フリーランスや在宅ワーカーは気軽なように見えて、普通に会社に行って働く人以上に連絡を密に取り合う、きっちり連絡をとって情報を共有することが円滑に仕事を進めていく上では欠かせないスキルとなります。

正規雇用と比較すると不安定な分、「いきなり連絡が取れなくなる人」だと思われてしまうことは、仕事や収入に直結するので、嫌なことがあったらすぐ逃げる、という癖が身についてしまう人は、人間関係の少ないフリーランスや在宅仕事でもトラブルを招いて仕事を失う原因を自ら作ってしまいがちです。


※1

参考 「人間関係のリセット癖が直らない」と悩む女性 その理由に共感の声が相次ぐhttps://sirabee.com/2018/02/05/20161479810/ (2018/02/05 配信)

国立大教育学部卒、専攻は心理学。発達心理学、教育心理学、スポーツ心理学、社会心理学を中心に心理学に関する記事を執筆中。そのほかにも、人間関係やコミュニケーション、性格、スマホ、SNS、ゲームなどのあらゆるテーマを心理学の知識を用いて詳しく、面白い記事を書くことを心がけております。

広告掲載、記事執筆のご依頼などはこちらから。