真面目系クズの人に向いてる仕事、向いていない仕事、指導方法について

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

「真面目なように見えて実はクズ」という意味をもつ「真面目系クズ」の人は、就職活動を前にすると、持ち前の性格のせいで面接で落ちたり、クズな部分が見抜かれてしまうことで仕事が見つからず苦労する経験が多くあります。

※真面目系クズは以下の記事で解説しています。

真面目な性格なのになぜか周囲からの評価が悪い「真面目系クズ」に共通する特徴とは
自分は真面目な性格だと思っているのに、なぜだか周囲から評価されない。逆にそこまで真面目な人とは思われない、どこか嘘つきで、姑息で、ぐうたらで

また、仕事が無事に決まったっとしても、いつまでも真面目なままの自分を演じきれず、次第にクズな部分が周囲にバレてしまい評判を落としてしまうことから、仕事が続かずそのまま引きこもってしまう人も少なくありません。

真面目系クズの主な特徴と言われる

  • 地道な努力・トレーニングを継続することが苦手
  • 人が見ていない状況ではついサボってしまう
  • やるべきことを後回しにする。下手をすれば手付かずのまま放置してしまう。
  • でも、表面的な真面目な人間のように見せるのが得意

という行動が、仕事をしていく上では信用を失う大きなマイナス材料になり、就職するのも就職してからも苦労が耐えません。

そして真面目系クズは、そのクズさゆえに自分の性格を正していくことすら面倒なので後回しにしたり、性格を変えるための努力が続かず結局自分を甘やかしてしまうために非常にめんどくさい性格でもあります。

しかし、真面目系クズとは言え生きていくためには何かしら仕事をして収入を得なければいけません。

今回はそんな真面目系クズな人が、自分に合った仕事を見つけるためのヒントについてお話しいたします。

こちらもおすすめ
真面目系クズが生まれる原因・背景 学校生活編
真面目そうに見えて、実は約束事を守れない、バレるような嘘をすぐつく、反省はするけど改善はしない、勉強や仕事ができるわけではなく失望されやすい
真面目系クズが生まれる原因・背景 家族・家庭環境編
この記事は「真面目系クズが生まれる原因・背景 学校生活編」の続編にあたる記事です。 真面目系クズが生まれる環境は大きく分けて、家庭環境

スポンサーリンク

真面目系クズの人に向いてる仕事

徹底的に楽ができる仕事

真面目系クズの人の「サボりたい」「自分に甘い」という特徴は、好意的に解釈すれば「楽をしたい」すなわち効率化につなげられる性格とも見ることができます。

効率的な仕事をこなすことができれば、休憩時間や暇な時間が手に入りますし、楽に仕事をこなせるということが、なかなか自信がもてない真面目系クズの人の確かな自信となります。

仕事の効率化と言えば、Word、Excelを使ってできる事務的な仕事がいい例ですね。

他にも、単調な作業や、反復作業などは効率化によるメリットを受けやすく、楽をしたいという気持ちが強い真面目系クズの人には適した仕事と言えます。

人との関わりが少ない仕事

真面目系クズが仕事をする際に直面するのは、人間関係の問題

「真面目なのに実はクズ」という印象が強いので信用を得にくく、仕事を頼まれることも少なくなり、就職しても次第に孤立し居場所をなくしがちです。

真面目系クズは人間関係の問題を抱えやすいので、あえて自分一人で完結するような仕事や人間関係が少ない仕事を選ぶことで、人間関係の問題を物理的になくすことができます。

具体的には、在宅ワーク、作家、クリエイター、トラック運転手、プログラマー、農家、デイトレーダーなどの対人関係がそこまで重要ではない仕事であれば、真面目系クズの人でも楽にこなせます。

逆に接客業、サービス業、教師、保育士、介護士などの人のコミュニケーションが重要な仕事は真面目系クズの人にとっては不向きと言えます。

ただし、在宅ワークのように人間関係を気にせず自分のペースで自由にできる仕事は、自制心が無いと自分をとことん甘やかしてしまいがちにもなります。

真面目系クズとは言え、最低限の締切を守る、ルーティンワークができるように自分を律した上で仕事を選ぶようにしましょう。

新人教育・マニュアルが充実している職場

真面目系クズの人は、自分一人の努力で仕事ができるように努力するよりも、新人教育がしっかりしているサポートの手厚い職場に入って、そこで一から鍛えてもらう方が、長い目で見れば性格を矯正して、まともな生活をできるようになります。

サボりそうになったらその都度指摘が入る、期限を守るように何度もアナウンスをしてくれる、仕事のやり方を丁寧に教えてくれる、マニュアルが整っているといった新人教育が充実している職場を選ぶようにしましょう。

真面目系クズの人に向いていない仕事

責任が重い仕事

真面目系クズの人は責任感の大きな仕事を振られても表面的には真面目に対応して仕事をイケ入れますが、その裏では「面倒なことを引き受けてしまった」「失敗したくないなぁ」という気持ちでいっぱいです。

その結果、仕事を締切まで放置する、失敗するのが怖いからあえて手を抜いて妥協してしまう、仕事をしなくてもよい理由や言い訳を並べてしまう、といった信用を損なう行動を取ってしまいます。

とくに責任感が強く求められる人の命や安全に関わる仕事(医療、インフラ系)の場合、責任感の重さから逃げ出してしまいがちな真面目系クズの人には不向きと言えます。

協調性・チームワークが必要な仕事

人間関係のトラブルを抱え込みやすい真面目系クズの人にとっては、協調性やチームワークが重要な仕事は向いていません。

仕事分担である仕事を気前よく引き受けたのに雑な仕事をした結果、余計な仕事を増やしてしまい同僚に迷惑をかける、コミュニケーションが苦手なために仕事の内容が把握できず何度も説明を聞きにいくこと、相手の作業の手を止めてしまうなど、チームの足を引っ張る存在になりがちです。

何度も人間関係でトラブルを抱えその度に謝り続けるのにもかかわらず改善がなかなか見られないことから周囲の反感を買いやすいのも特徴的。

また、何度も謝ることから自己肯定感が失われやすく、仕事をしていくのに必要な最低限の自信やモチベーションがでないことから、更に周囲の足を引っ張る原因になってしまいます。

丁寧さや細かな作業が求められる仕事

監視がないところではとことん手を抜きたがる性格ゆえに、丁寧さや細かさが求められる仕事は苦手です。

真面目な自分を演出するために、仕事のクオリティも表面的には問題無くみせるテクニックが身についてしまい、仕事の荒さ雑さが目立ちお客様から信用を失うことが少なくありません。

技術職やクリエイティブ職など、手に職を付けるタイプの仕事は真面目系クズの人にとっては、技術を付けるための努力そのものが苦痛に感じて途中で投げ出しやすく、向いていません。

真面目系クズの人は高望みせず地道に働いて自信をつけていくのも大事

正直真面目系クズの人は、普通に仕事をしていく上では非常にマイナスとなる特徴をもっている性格と言えます。

具体的な仕事の進め方や技術の身につけ方でも問題を抱えやすいだけでなく、対人関係においても問題を抱えやすく、普通に働くことに大きな影響が出やすい性格です。

第一印象は真面目、しかしその後に新たにクズという大きなマイナスの印象が出てくるために、周囲からはクズな印象の方が記憶に強く残りやすく、仕事をしていく上では直したほうが賢明です。

しかし、真面目系クズな人は数週間や数ヶ月で真面目系クズな性格が身に付いたという人は少なく、数年、数十年と人生の長い時間をかけて手を抜くことやズルをすることを覚え、嫌なことを後回しにする習慣が身に付け、自分を表面的によくするテクニックを身につけてきたわけで、すぐさま直そうとしてもうまくいきません。

性格を直そうと思い立ってもまずは自分のできる範囲でいいから直していくことが大事です。

努力が続かないのであれば、まずは確実に継続できるレベルで目標を設定してそれをこなしていくようにする。

例えば、

  • 早起きをする
  • 挨拶をする
  • 忘れ物をしない
  • 5分前行動を心がける
  • 机の上の整理整頓を心がける

というように、小学生の子供が普通にやっている基本的で社会生活を営むのに必要なスキルから、身につけるようにしてクズな部分を改心し真面目な性格に近づけるように変えていくのが大切です。

この時に「小学生がやっているようなことすらできない…」といじけるのではなく、小学生が当たり前のようにやっていることでもちゃんとこなせば、それだけで評価されるようになると前向きに考えるようにしましょう。

真面目系クズの人を指導する場合に気をつけておきたいこと

真面目系クズは本院だけでなく、指導する側にも大きな負担になります。

  • いくら教えても成長の兆しが見えてこないので心が折れる
  • 要領が悪いために自分の仕事の時間まで削られるように感じる
  • クズだと自覚しているのに改善しないためにイライラする

というような気苦労やストレスが絶えず、ついカッと怒鳴ってしまうこともあろうかと思います。

真面目系クズの人が部下の場合、真面目に指導するよりも「とりあえずこっちで直しておくから」と、相手に成長させる機会を与えず自分ひとりで仕事を抱え込んでしまう場面も少なくありません。

しかし、成長が遅いとはいえ、成長させるための話し合いや仕事を見直す機会を設けなければ、クズな部分が修正されないままになる更なる負担を自分が背負い込むことになります。

真面目系クズの人を指導する場合は、とにかく時間をかけてまずはできる範囲でいいから一つずつやるべき課題を提示してそれを守らせることから取り組む、という姿勢の指導が重要です。

即戦力になりにくく、誰も指導をしたがらない人だからこそ、まずは最低限度の人並みのことができるようなレベルで目標を提示して指導するようにしましょう。

https://mental-kyoka.com/wp-content/uploads/2019/05/hitonohukou-kyoukan.jpg

おすすめ転職エージェントランキングTOP5

第1位:転職成功実績NO.1【リクルートエージェント】

「リクルートエージェント」が20代におすすめの転職サイト1位である理由は、「業界最大手」の名に恥じない非公開求人の多さにあります。 非公開求人はジャンルや年齢層を問わず20万件以上と国内最多。また、内定の決定数も年間2万3,000人以上、累計で32万人とNO.1です。 スキルを活かし転職をしたいというキャリアアップが目標の方はもちろん、新しい業界への挑戦を考えている、自分を採用してくれる会社があるか不安という方も「リクルートエージェント」に登録しておけば間違いありません。
【リクルートエージェント】のおすすめポイント
  • 年収アップ率62.7%
  • 土日祝日・平日20時以降も対応
  • 給与の交渉代行
  • 独自に分析した業界・企業情報の提供
  • 満足度99%面接力向上セミナー
  • 地方求人も豊富
2011年のデータではありますが、「リクルートエージェント」を利用した転職者の6割以上が年収アップを実現。 担当アドバイザーが1人1人の強みを引き出すとともに、応募先へのアピール方法や口には出しにくい転職理由をうまく伝えるアドバイスなどもしてくれます。 また、20万件以上の非公開求人には地方の求人も多く含まれているため、Uターン転職、Iターン転職、Jターン転職などしたい場合も収入を落とさず好条件で転職が可能です。
  • Uターン転職…地元に戻り転職する
  • Iターン転職…都会で育ち就職した人が地方に移住し転職
  • Jターン転職…地方で育ち、都会で就職、地元とは違う土地へ転職
日本全国の求人を保有していますが、約85%が「リクルートエージェント」のみでしか取り扱いがなく、他の転職サイトでは見ることができません。 あらゆる分野の求人が集まってくるトップサイトですので、リクルートエージェントには必ず登録しておきましょう。

\求人数NO.1!年収アップ率60%以上/

リクルートエージェントの無料登録はこちら

第2位:満足度NO.1!【doda】

第2位は「リクルートエージェント」に次いで求人数が多い「doda(デューダ)」。 非公開求人は10万件以上あり、仕事について迷走しがちな20代向けの独自のサービスが充実しています。 登録すれば定期的に開催される「doda」主催の大規模な転職フェアやセミナーに参加が可能。 企業の担当者と直接話ができるため、あなた自身の人柄を直接アピールでき、運が良ければ書類審査をパスすることができます。 実は、20代の転職活動で書類審査は「沼にハマりやすい」大事な通過点。社会に出て数年では経験も足りず、その他大勢との差を広げにくいためです。 何度も何度も練り直し、書き直し、それでも通過しないことも多い書類審査を、パスできる機会があるのは大きなメリットなのです。
【doda】のおすすめポイント
  • 年収査定、キャリアタイプ診断、合格診断などのツール
  • doda転職フェア・セミナー
  • 応募書類の書き方・面接対策
  • スカウトメール
是非利用してほしいのは「年収査定」や「キャリアタイプ診断」など自分の現在の年収が本当に妥当なのかどんな仕事や働き方が向いているのかなど無料で診断できる独自ツール。 自分の現状を知ることが転職活動の第一歩になります。 また、「doda」は他サイトと比較してもスカウトメールが届く回数が圧倒的に多いのが特徴。 中には「面接確約オファー」や「プレミアムオファー」など書かれたメールが届くこともあります。 「面接確約」や「書類選考免除」などのスカウトなら、最短ルートでの内定がもらえる可能性大! 転職したくても「もし失敗したら?」と不安になってしまう方もいると思いますが、「doda」に登録しておけば転職に関する不安も嘘のようになくなるはずです。

\「自分の市場価値」を診断できる/

dodaの無料登録はこちら

第3位:独占求人多数!【マイナビエージェント】

20代におすすめの転職サイト第3位の「マイナビエージェント」は20代~30代前半に強い転職サイト。 3位の理由は新しい業界へ挑戦したい方向けの未経験でも応募可能な求人も多いことが1つ。 もう1つは、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業などの求人が豊富で、特定の分野に特化した転職のノウハウを持っていることです。 「マイナビエージェント」のみが保有する「独占求人」も非常に数が多く、保有する案件の約8割が非公開求人。業界に詳しい担当者がプロの目線でアドバイスをしてくれます。
【マイナビエージェント】のおすすめポイント
  • 「転職成功」のノウハウを伝授
  • 面接日、年収、入社日などの条件交渉を代行
  • 推薦状を書いてくれる
  • 求人票だけでは分からない会社の雰囲気や情報を網羅
入社後に後悔しない転職のためにも、企業の社風や雰囲気、平均残業時間、業界の成長性・動向など、有益な情報を共有。 転職後の3年後、5年後を見据え、新たな分野への挑戦にも親身にアドバイスをくれるのが魅力です。 新しい分野に挑戦したい、選択肢を広げたいという方、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業へスキルを活かし転職したい方は「マイナビエージェント」の登録がおすすめです。

\未経験OK!独占求人が豊富!/

マイナビエージェントの無料登録はこちら

第4位:転職者の約71%が年収アップ!【type転職エージェント】

第4位は、20代や30代前半の若年層向けの転職サイト「type転職エージェント」です。 業界に精通したエージェントが転職成功へ向けサポートを行ってくれ、2015年には利用した約71%の人が年収が上がったという実績も残していることがランクインの理由です。 年収アップを念頭におき、転職活動をサポートしてくれるため、確実にキャリアアップしたいという方に特におすすめです。 総合人材サービスの「キャリアデザイナー」が運営していることもあり、大手企業やベンチャー企業などの独自の求人も多く、特にIT系やエンジニアなどの求人が充実しています。
【type転職エージェント】のおすすめポイント
  • 「転職力診断テスト」
  • こだわり検索
  • 転職者の約71%が年収アップ
「type転職エージェント」で特に評価が高いのが「転職力診断テスト」。 約13万人の職種・年齢別経歴などのデータを元に、選択式の簡単な質問に答えていくことで、「強み」や「不足しているスキル」などを細かく分析してくれます。 診断が的確で、自分では気づけないような新しい可能性を発見できることから、転職を意識し始めたばかりの人はもちろん、転職活動がなかなかうまくいっていない人にもぜひ挑戦してみて欲しいサービスです。 また、「type転職エージェント」は求人のこだわり検索項目も非常にユニーク。 「受かりやすい順」「月間の目安残業時間」など、他では見られないが「知りたい条件」で絞り込むことで希望にあった求人を探すことができます。 また、IT・通信系、営業職などに特化しており、独自の求人も豊富です。 ただ、東京や大阪など都市部での転職活動であれば豊富な求人を紹介できますが、地方によってはほんの数件しか取扱がないため注意しましょう。 「リクルートエージェント」や「doda」など総合型の転職サイトにも登録し、あわせて使用するのがおすすめです。

\【東京・大阪】質の高い案件が豊富/

type転職エージェントの無料登録はこちら

第5位:顧客満足度調査NO.1【パソナキャリア】

20代におすすめの転職サイト、第5位は「パソナキャリア」です。 2019年オリコン顧客満足度調査でNO.1を獲得するなど、サポートの手厚さ、丁寧さで特に人気ですが、丁寧な分スピード転職を希望している方には不向きという理由で5位に。 ただ、求人数は3万件と「リクルートエージェント」や「doda」と比較すると量は少ないながらも、人材総合サービスのパソナグループのコネを活かした質の高い求人が多くあります。
【パソナキャリア】のおすすめポイント
  • 業界ごとのチーム体制
  • 面接対策・職務経歴書のサンプルやフォーマット
  • 年収診断
  • 女性の転職にも強い!
「パソナキャリア」では業界ごとに担当者を置いており、専門性の高い業界でも特有の悩みや不安に寄り添い、丁寧なサポートを受けることができます。 また、女性の転職活動支援に特化した専門チームもあり、1人1人に寄り添い丁寧にサポートを行ってくれます。 「パソナキャリア」では、面接や書類の対策など基本的なことにもしっかり対応しつつ、転職者1人1人が抱える背景を考慮した、丁寧なサポートが魅力です。 業界ごとに「専任キャリアアドバイザー」がいることで、深い知識と濃い情報を聞くことができるとともに、理にかなったアドバイスを聞くこともできます。

\満足度No.1!スペシャリストがサポート/

パソナキャリアの無料登録はこちら

この記事が気に入ったらシェア

フォローする