パワハラとモラハラの違い、共通点について

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

モラルハラスメント(モラハラ)とパワーハラスメント(パワハラ)は、どちらも職場で起きるハラスメントです。

認知度で言えばモラハラよりもパワハラの方が上で、モラハラと違ってパワハラの方は厚生労働省でパワハラの6累計が説明されているなど、どういったケースがパワハラになるのかという情報や研究も数多くされています。

しかし、職場で起きるハラスメントには「パワハラではないけどモラハラに当たる可能性がある」というケースもあります。

また、人によってはパワハラとモラハラを混同していたり、定義や特徴を一緒くたにしていることもあります。

パワハラとモラハラは、完全に別物というわけではなく、お互いに共通しているところがあったり、明確に分かれているところもあるので、そのややこしさが混同する原因のひとつでもあります。

今回は、パワハラとモラハラの違いや特徴、共通点についてお話いたします。

スポンサーリンク

パワハラとモラハラのそれぞれの特徴

パワハラの定義・特徴

パワハラは厚生労働省が決めた定義によれば、

「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」

という定義になっています。

パワーハラスメント」で使われている「パワー(power)」には、腕力や力という意味の他にも、権力、支配力という意味もあります。

職場において先輩や上司などの明確な立場のある人が、自分の権力を利用して立場が下の人に身体的・精神的苦痛を与える嫌がらせのことを指します。

また、同じく厚労省が分類した職場におけるパワーハラスメントには

  • 1.身体的な攻撃
  • 2.精神的な攻撃
  • 3.人間関係からの切り離し
  • 4.過大な要求
  • 5.過小な要求
  • 6.個の侵害

の6つに分けられています。

ある調査によれば、この中で一番件数が多いのが「精神的な攻撃」で、パワハラを受けたことがある人の約半数が経験しています。

一方で「身体的な攻撃」はパワハラを受けたことがある人のうち約5%ほどとなっています。

モラハラの定義・特徴

まず最初に、モラルハラスメント(モラハラ)は、厚生労働省などの公的な機関で提唱されたハラスメントではありません。

モラハラはフランスの精神科医のマリー=フランス・イルゴイエンヌなど、心理学者が提唱しているハラスメントの一種にすぎず、定義と呼べるものにもばらつきがあります。

パワハラと比較すると、立場の上下関係なく行われる嫌がらせであり、立場が逆転している、同じ立場の人同士でも成立するという特徴があります。

またモラハラの特徴とも言える言葉の暴力や嫌がらせが当事者以外からは見つかりにくいという特徴から、パワハラと比較すると周囲から嫌がらせを行っていることがわからず、見過ごされやすくなります。

モラルハラスメントの特徴に関する記事

パワハラとモラハラの違い

モラハラは上下関係が逆転してる場合でも成立する

パワハラは

  • 上司→部下
  • 先輩→後輩
  • 立場が上の人→立場が下の人

と、立場による権力や優位性を利用して、職務状の適正な範囲を超えて行われる嫌がらせのことを指します。

そのため、立場が逆転した

  • 上司←部下
  • 先輩←後輩
  • 立場が上の人←立場が下の人

のような関係においては、パワハラの定義からは逸れてしまいます。

しかし、モラハラは立場関係なく起こるハラスメントであり「上司←部下」のような、パワハラではカバーできない、立場に逆らった嫌がらせがモラハラに含まれることがあります。

モラハラは立場が同じ人間関係でも成立する

上の内容の続きで、パワハラと違いモラハラは立場関係なく成立嫌がらせのため

  • 上司→上司
  • 部下→部下

のように、同じ立場同士の人間関係でも成立してしまいます。

また、仕事の友達同士など、普段争いごとや喧嘩などをするようには思えない人間関係でも起きるために、外部の人からはなかなか嫌がらせが起きていることがわかりにくなります。

モラハラは職場以外での人間関係で起きる

パワハラが職場や仕事関連の人間関係で行われる嫌がらせですが、モラハラは仕事も含めた全ての人間関係でおきるハラスメントです。

一般的にモラハラという言葉は、夫婦間、恋人間、友達同士、学校のクラスメイト同士、部活の人間関係など、パワハラではカバーできないできない仕事以外の人間関係においてよく使われる傾向があります。

パワハラとモラハラの共通点

パワハラとモラハラの共通点を、さきほどのパワハラの6類型と照らし合わせてみると

2.精神的な攻撃
3.人間関係からの切り離し
6.個の侵害

の3つが、とくに大きく共通していると言えます。

精神的な攻撃

コンプレックスや陰口などの相手が嫌がることを言う、追い詰めるような態度を取る、「怒ってないから正直に言ってみなさい」と言って正直に打ち明けてくれたのに怒る(ダブルバインド)、などの精神的な攻撃をする行動は、パワハラとモラハラの両方に共通しています。

例えば、仕事で部下を叱るにしても怒鳴り声を立てて、ただ感情的に怒りをぶちまけている光景を見ても、人によっては「気持ちを込めて愛のある怒り方をしている」と感じる人もいれば、「過度に萎縮させて逆効果になるのでは?」と感じてしまう人もいます。

ただ暴力に訴えたり、肉体に怪我をさせるのとは異なり、精神的な攻撃は目に見える傷がなく、且つその状況を見る人によっては感じ方に差があるので、他人の精神的な傷に鈍感な人は、知らないうちに相手を精神的な追い込んでしまいパワハラ、モラハラの加害者となってしまうことがあります。

人間関係からの切り離し

ある特定の人物を孤立させるために嘘を振りまく、無視を繰り返す、冷遇する、差別するといった行為もパワハラとモラハラの両方に共通しています。

人間関係から切り離す理由は、相手に対する嫉妬や嫌悪感、過去に何か気分を害することされた(と一方的に感じていることも)など様々ですが、こちらも外部からは嫌がらせが行われていることがわかりにくく、とても厄介で陰湿な行為です。

また、切り離す人間関係はネット上やSNSでの人間関係も同じで、炎上や特定などによって被害者のプライバシーが不特定多数の人に知れ渡ってしまい、リアルの生活でも影響が出る事態に発展することもあります。

個(プライベート)の侵害

相手に知られたくない、交友関係や恋人の有無、人には言いにくいプライベートな情報を知ろうとしたり、プライベートに干渉して相手をコントロールする行為もパワハラとモラハラの両方に共通しています。

また、私生活を知るために携帯電話やスマホを勝手に除く、相手の行動をSNSで監視するといった行為も、個の侵害にあたります。

個の侵害するする理由は、被害者のことを自分の所有物だと思っている、相手の行動をコントロールしたいといった理由のほかにも、相手と自分との境界線が薄く、相手のことを自分とは違う一人の人間だと思って接していない、つまり相手を一人の人間として尊重していないことが理由として考えられます。

また、恋愛に関するプライベートを知ろうとしつこく迫る行為は、セクシャルハラスメント(セクハラ)にも共通しています。

モラハラ・パワハラに巻き込まれ時は誰かに相談できるように

パワハラの被害者を調べた調査によれば、パワハラ被害者がパワハラのために最も行った行動は、実は「何もしなかった」という結果が出ています。

パワハラを受けていても、立場の都合上相手に強く申し出る事はむずかしく、仮に訴え出たとしてもうやむやにされたり、更に自分が怒られて職場で不利益を被ってしまったり、「お前にも責任があるのでは?」と、被害者である自分に落ち度があると責任転嫁されてしまうことを恐れて、なかなか言い出せず一人で抱え込んでしまう人は少なくありません。

嫌なことがあっても自分一人で抱え込む、「自分だけ我慢すればいいんだ」と思い込んでそうしてしまう…

そんなある一面では心優しい人、またある一面では自己主張が少なく積極性に欠ける人は、パワハラやモラハラの被害者になりやすい性格と見ることができます。

「集団の和を乱していはいけない」「自分勝手な行動は慎むべきである」と道徳的な正しさを幼い頃から大切にするべきだという環境で育ってきた人ほど、ハラスメントの被害にあってもそのことを誰にも相談できず、自分ひとりで抱え込んで心身ともに疲弊してしまう損な役回りを人間関係の中で担ってしまいがちです。

「集団の和を乱していはいけない」というのはたしかに道徳としては間違っていませんが、その考え方をパワハラやモラハラのように、明らかに自分が傷つくような場面でも貫き通すのは辛いときの対処法としては効果的ではありません。

辛いことがあったり、自分に不利益なことがあっても抱え込まずに誰かに相談をする事は、自分の健康や生活を守るための大切な方法の一つであることを、しっかり覚えておくようにしましょう。

https://mental-kyoka.com/wp-content/uploads/2019/05/hitonohukou-kyoukan.jpg

おすすめ転職エージェントランキングTOP5

第1位:転職成功実績NO.1【リクルートエージェント】

「リクルートエージェント」が20代におすすめの転職サイト1位である理由は、「業界最大手」の名に恥じない非公開求人の多さにあります。 非公開求人はジャンルや年齢層を問わず20万件以上と国内最多。また、内定の決定数も年間2万3,000人以上、累計で32万人とNO.1です。 スキルを活かし転職をしたいというキャリアアップが目標の方はもちろん、新しい業界への挑戦を考えている、自分を採用してくれる会社があるか不安という方も「リクルートエージェント」に登録しておけば間違いありません。
【リクルートエージェント】のおすすめポイント
  • 年収アップ率62.7%
  • 土日祝日・平日20時以降も対応
  • 給与の交渉代行
  • 独自に分析した業界・企業情報の提供
  • 満足度99%面接力向上セミナー
  • 地方求人も豊富
2011年のデータではありますが、「リクルートエージェント」を利用した転職者の6割以上が年収アップを実現。 担当アドバイザーが1人1人の強みを引き出すとともに、応募先へのアピール方法や口には出しにくい転職理由をうまく伝えるアドバイスなどもしてくれます。 また、20万件以上の非公開求人には地方の求人も多く含まれているため、Uターン転職、Iターン転職、Jターン転職などしたい場合も収入を落とさず好条件で転職が可能です。
  • Uターン転職…地元に戻り転職する
  • Iターン転職…都会で育ち就職した人が地方に移住し転職
  • Jターン転職…地方で育ち、都会で就職、地元とは違う土地へ転職
日本全国の求人を保有していますが、約85%が「リクルートエージェント」のみでしか取り扱いがなく、他の転職サイトでは見ることができません。 あらゆる分野の求人が集まってくるトップサイトですので、リクルートエージェントには必ず登録しておきましょう。

\求人数NO.1!年収アップ率60%以上/

リクルートエージェントの無料登録はこちら

第2位:満足度NO.1!【doda】

第2位は「リクルートエージェント」に次いで求人数が多い「doda(デューダ)」。 非公開求人は10万件以上あり、仕事について迷走しがちな20代向けの独自のサービスが充実しています。 登録すれば定期的に開催される「doda」主催の大規模な転職フェアやセミナーに参加が可能。 企業の担当者と直接話ができるため、あなた自身の人柄を直接アピールでき、運が良ければ書類審査をパスすることができます。 実は、20代の転職活動で書類審査は「沼にハマりやすい」大事な通過点。社会に出て数年では経験も足りず、その他大勢との差を広げにくいためです。 何度も何度も練り直し、書き直し、それでも通過しないことも多い書類審査を、パスできる機会があるのは大きなメリットなのです。
【doda】のおすすめポイント
  • 年収査定、キャリアタイプ診断、合格診断などのツール
  • doda転職フェア・セミナー
  • 応募書類の書き方・面接対策
  • スカウトメール
是非利用してほしいのは「年収査定」や「キャリアタイプ診断」など自分の現在の年収が本当に妥当なのかどんな仕事や働き方が向いているのかなど無料で診断できる独自ツール。 自分の現状を知ることが転職活動の第一歩になります。 また、「doda」は他サイトと比較してもスカウトメールが届く回数が圧倒的に多いのが特徴。 中には「面接確約オファー」や「プレミアムオファー」など書かれたメールが届くこともあります。 「面接確約」や「書類選考免除」などのスカウトなら、最短ルートでの内定がもらえる可能性大! 転職したくても「もし失敗したら?」と不安になってしまう方もいると思いますが、「doda」に登録しておけば転職に関する不安も嘘のようになくなるはずです。

\「自分の市場価値」を診断できる/

dodaの無料登録はこちら

第3位:独占求人多数!【マイナビエージェント】

20代におすすめの転職サイト第3位の「マイナビエージェント」は20代~30代前半に強い転職サイト。 3位の理由は新しい業界へ挑戦したい方向けの未経験でも応募可能な求人も多いことが1つ。 もう1つは、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業などの求人が豊富で、特定の分野に特化した転職のノウハウを持っていることです。 「マイナビエージェント」のみが保有する「独占求人」も非常に数が多く、保有する案件の約8割が非公開求人。業界に詳しい担当者がプロの目線でアドバイスをしてくれます。
【マイナビエージェント】のおすすめポイント
  • 「転職成功」のノウハウを伝授
  • 面接日、年収、入社日などの条件交渉を代行
  • 推薦状を書いてくれる
  • 求人票だけでは分からない会社の雰囲気や情報を網羅
入社後に後悔しない転職のためにも、企業の社風や雰囲気、平均残業時間、業界の成長性・動向など、有益な情報を共有。 転職後の3年後、5年後を見据え、新たな分野への挑戦にも親身にアドバイスをくれるのが魅力です。 新しい分野に挑戦したい、選択肢を広げたいという方、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業へスキルを活かし転職したい方は「マイナビエージェント」の登録がおすすめです。

\未経験OK!独占求人が豊富!/

マイナビエージェントの無料登録はこちら

第4位:転職者の約71%が年収アップ!【type転職エージェント】

第4位は、20代や30代前半の若年層向けの転職サイト「type転職エージェント」です。 業界に精通したエージェントが転職成功へ向けサポートを行ってくれ、2015年には利用した約71%の人が年収が上がったという実績も残していることがランクインの理由です。 年収アップを念頭におき、転職活動をサポートしてくれるため、確実にキャリアアップしたいという方に特におすすめです。 総合人材サービスの「キャリアデザイナー」が運営していることもあり、大手企業やベンチャー企業などの独自の求人も多く、特にIT系やエンジニアなどの求人が充実しています。
【type転職エージェント】のおすすめポイント
  • 「転職力診断テスト」
  • こだわり検索
  • 転職者の約71%が年収アップ
「type転職エージェント」で特に評価が高いのが「転職力診断テスト」。 約13万人の職種・年齢別経歴などのデータを元に、選択式の簡単な質問に答えていくことで、「強み」や「不足しているスキル」などを細かく分析してくれます。 診断が的確で、自分では気づけないような新しい可能性を発見できることから、転職を意識し始めたばかりの人はもちろん、転職活動がなかなかうまくいっていない人にもぜひ挑戦してみて欲しいサービスです。 また、「type転職エージェント」は求人のこだわり検索項目も非常にユニーク。 「受かりやすい順」「月間の目安残業時間」など、他では見られないが「知りたい条件」で絞り込むことで希望にあった求人を探すことができます。 また、IT・通信系、営業職などに特化しており、独自の求人も豊富です。 ただ、東京や大阪など都市部での転職活動であれば豊富な求人を紹介できますが、地方によってはほんの数件しか取扱がないため注意しましょう。 「リクルートエージェント」や「doda」など総合型の転職サイトにも登録し、あわせて使用するのがおすすめです。

\【東京・大阪】質の高い案件が豊富/

type転職エージェントの無料登録はこちら

第5位:顧客満足度調査NO.1【パソナキャリア】

20代におすすめの転職サイト、第5位は「パソナキャリア」です。 2019年オリコン顧客満足度調査でNO.1を獲得するなど、サポートの手厚さ、丁寧さで特に人気ですが、丁寧な分スピード転職を希望している方には不向きという理由で5位に。 ただ、求人数は3万件と「リクルートエージェント」や「doda」と比較すると量は少ないながらも、人材総合サービスのパソナグループのコネを活かした質の高い求人が多くあります。
【パソナキャリア】のおすすめポイント
  • 業界ごとのチーム体制
  • 面接対策・職務経歴書のサンプルやフォーマット
  • 年収診断
  • 女性の転職にも強い!
「パソナキャリア」では業界ごとに担当者を置いており、専門性の高い業界でも特有の悩みや不安に寄り添い、丁寧なサポートを受けることができます。 また、女性の転職活動支援に特化した専門チームもあり、1人1人に寄り添い丁寧にサポートを行ってくれます。 「パソナキャリア」では、面接や書類の対策など基本的なことにもしっかり対応しつつ、転職者1人1人が抱える背景を考慮した、丁寧なサポートが魅力です。 業界ごとに「専任キャリアアドバイザー」がいることで、深い知識と濃い情報を聞くことができるとともに、理にかなったアドバイスを聞くこともできます。

\満足度No.1!スペシャリストがサポート/

パソナキャリアの無料登録はこちら

この記事が気に入ったらシェア

フォローする