勝手に期待して勝手に失望してしまう心理と対策

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

誰かに対して自分で勝手に期待したものの、期待通りにならず失望してしまう。

下手をすれば期待していたのに裏切られたと言ってしまい、相手を傷つけてしまったという経験をしたことはないでしょうか。

人に期待をする事自体はよくあることですが、その期待があまりにも自分勝手なものであったり、相手にただ期待するだけで気持ちを伝えないままで、期待通りにならず失望してしまうというのは、自分も相手も精神的に苦しんでしまいがちです。

恥ずかしがりな性格であったり、コミュ障であまり人と関わるのがうまくない人だと、期待しているという事を自ら伝えるためのアプローチをしないままになることが多く、期待が失望へと変わる経験を何度も重ねた結果、誰にも期待しない方が精神的に楽だと考えてますます人と関わるのを避けてしまうこともあります。

今回は、勝手に期待して勝手に失望してしまう心理とその対策についてお話いたします。

期待に関する心理はこちらもおすすめ

スポンサーリンク

勝手に期待が膨らんでしまう心理の原因

現実を正しく見れず思い込みや妄想が激しい

勝手に期待が膨らんでしまうのは、期待する相手を含めた現実を正しく見ることができないのに加えて、そこに自分に取って都合のよい思い込みや妄想が加わることで、期待はどんどん膨らみ、現実離れしたものに変わってしまいます。

例えば、仕事においてとくに目立った成果を上げているとは言えず、どちらかと言えば人並み程度の努力であるのにもかかわらず、当の本人は自分は誰よりも頑張っているし当然評価されるに違いないと勘違いしているケースがこれです。

自分は「人並み程度の努力しかしてない」という現実を正しく認識できていないどころか、「自分は誰よりも頑張っている」と自分に取って都合のよい独りよがりな思い込みをしているため、周囲の人との評価の差を目の当たりにするとひどく失望した、裏切られた、周囲の人は自分のことを分かっていないと感じてしまいます。

「こうあるべき」「こうであるはず」という気持ちが強い

勝手に期待を膨らませてしまう人は「こうあるべき」「こうであるはず」という考え方の癖をしていることがあります。

  • 昔と比べてかなり仕事を頑張っているから、次の査定では昇給があるべきだ。
  • これだけ恋人に尽くしているから、今度の記念日には感謝の気持ちを言うべきだ。
  • これだけ部活で頑張っているから今度の試合でレギュラーに選ばれるはず。
  • この作者の漫画は私好みだから、次の巻では更に私を楽しませてくれるはず。

というように、「~(す)べき」「~(の)はず」という考え方をしています。

べきという言葉には推量の意味で、実現していないことに対する予想や憶測を示す時に使われる言葉です。

上にあげた例を見ても、どれも、まだ実現していない未来の出来事に対する自分の予想や憶測について「~(す)べき」「~(の)はず」と言っているのがわかりますね。

で、未来に対する自分の予想は、やはり予想にすぎず当然はずれることもあるのですが、その時に自分の予想が外れたショックを自分の中で処理できず、勝手に期待をかけていた相手に不満やイライラをぶつけてしまうのです。

少ない情報から勝手に解釈をしている

心理学とはあまり関係が無いように思われますが、株式投資には「噂で売って事実で売る(Buy the rumor、Sell the fact)」という有名な格言があります。

これは、例えばあるアナリストが「この企業は今期は業績が校長で、決算発表は期待できるだろう」という噂が出た時に、その噂を聞いた投資家が期待感から株を購入されやすく、株価は上昇していきます。

しかし、いざ決算発表の日にたしかにアナリストの噂通り業績はよかったものの、「なんだか大したことないな」と噂が事実となり、その事実に対してあまり驚かなくなった投資家が、利益確定のために売るという、投資家心理を表した言葉なのです。

もちろん、企業が正式に決算発表をしていない段階では、あくまでもこのアナリストの情報はただのよい噂にすぎず、その噂が雪だるま式にどんどん脚色されてしまうこともあります。公式な情報が出ていない以上は、もっと株価が上がるはずという期待を膨らませるだけの余地があります。

しかし決算発表のあとは、公式の情報がある程度出たため、もう期待を膨らませるだけの余地がなく売られてしまいます。

このことを人間関係に置き換えてみると、例えば初対面でお互いに相手のことをよく知らないのであれば、よく知らないがゆえに相手に対して勝手な期待を膨らませるだけの余地があります。

しかし、何度か交流を重ねて相手の考え方や価値観がわかってくると、だいぶ情報が出揃ったので勝手な期待を膨ませる余地がなくなり、初対面の時に相手に期待していたイメージとは違い、現実は期待通りとは到底呼べず失望してしまうというわけです。

勝手に期待しすぎないための対策

相手のことをよく知ろうとする

勝手に期待をしてしまう人は、相手のことをよく知ろうとせず、足りないイメージを自分の頭の中の都合のよい思い込みで補完する癖があります。

勝手に期待をしすぎないためには、自分勝手な思い込みで相手のイメージを決めてしまうのではなく、相手のことを深く知ろうとすることが大切です。

相手はどういう価値観を持っている人なのか、どういう考えをしている人なのかと、相手の目線に立って物事を考えたり寄り添うことが大事です。

できる範囲でいいから話し合って、相手とコミュニケーションを通し親睦を深めて行くことも、勝手に期待と失望を繰り返さないためには効果的です。

相手に期待しすぎることは相手に「依存」することだと理解する

相手に勝手な期待を寄せる人はが持つ「~(す)べき」「~(の)はず」という考え方は、過去に傷ついた経験が元になって、「~の通りに動けば傷つかない」と身を持って学習して身につけた考え方と見ることができます。

自分の努力や行動といった自分の力でコントロールできることで傷つかないようにしようと心がけるのではなく、自分の力ではコントロールできない他人への期待により傷つくことをさけているのです。

期待をするという行動は、自分でコンプレックスを改善する、傷つかないために考え方の癖を変えるといった地道な努力よりもはるかに楽で、且つうまくいったときはかけた労力にくらべて得られる満足感が大きいために厄介です。

まるでギャンブルのように、ときどき期待通りになってしまうことで自分の努力によって改善するチャンスを奪ってしまい、依存するように相手に身勝手な期待を押し付けてしまうようになるのです。

期待している事は相手に伝えるようにする

勝手に期待と失望を繰り返す人に多いのが、自分が期待していることを「察してほしい」と言葉にはせず訴えているだけというケース。

察して欲しいというものまた独りよがりな行動で、言葉にして相手に伝える努力をしない限りは、いつまで経っても自分の思いが伝わらないのは無理もありません。

また、運良く相手が察してくれたとしても、相手が察した内容が自分のものとは大きく食い違っていて、それに失望してしまうというのも少なくありません。

人間はエスパーやテレパシーが使えるわけではなく、お互いに自分の気持ちを言葉や態度にして伝えようとすることで始めて気持ちを理解してもらうスタート地点に立てるのです。

もちろん、一度で全部伝わらないこともあるからこそ、なんども繰り返したり表情を強調したり、文字にするなどして、自分の期待をしっかり相手に伝えようとすることが大事です。

ただ、自分の思いを伝える努力をせずに「察して欲しい」だけでは、自分から相手にコミュニケーションをとるのを放棄しているようなものです。

期待を察してと独りよがりに思うのではなく、何かしらの言葉や行動であったり、手紙やメールなどの形に残るもので自分の気持ちを伝える努力をするようにしましょう。

勝手な期待を押し付けられるのは結構困りもの

勝手に期待して勝手に失望する人と接している人に多いのは、自分は期待している相手に対して何の応援やサポートもせず、自分の気持ちを伝えていないのに「裏切られた」と切って捨ててくるというパターン。

今まで言葉なり、態度なり、場合によっては経済的な面などで何かしら「期待しています」ということを相手にしっかり伝得られていれば、期待されている方もとり頑張れるものですし、相手の期待通りにならなかった時は、反省もできるものです。

しかし、勝手に期待して勝手に失望するは、相手に対して自分の気持ちを伝えることもせず、ただ「裏切られた」と言ってくるために、言葉を吐かれた当人はいきなり「裏切られた」と言われて心が傷ついてしまったり、あまりの展開に状況が飲み込めなくなってしまうこともあります。

自分から期待を伝えた人と比較すると、勝手に期待&失望を繰り返す人は、自分の思っている事を相手もきっとわかってくれるに違いない、という自分勝手な思い込みが強いと言えます。

あるいは、期待をしているにしてはどこか真剣味や当事者意識が薄く、のほほんとお客様気分でいたのに期待通りにならずクレーマーになってしまっているようにも見える時があります。

勝手に期待して勝手に失望するという一連の流れにも、相手の気持ちを感じ取ろうと寄り添うのではなく、ただ一方的に自分の気持ちをぶつけて発散しているために、一釜的な気持ちをぶつけられた方にとっては、「なんだかよくわからないけど申し訳ないことをしてしまった」「面倒な人と出会ってしまった」会話をするモチベーションすら湧きにくいものです。

会話の基本はキャッチボールでよく表現されますが、勝手に期待&失望を繰り返す人は投げる側の場合は相手のコンタクトを取らずにボールを投げてしまう、逆に自分がキャッチする場合はどんなボールが欲しいのか口に出さず察してもらう、というキャッチボールをしているように見えます。

自分勝手に期待&失望を繰り返す人は、相手に自分の気持ちを伝えたり、相手の表情や行動を見てそれに寄り添う事を日々のコミュニケーションの中で身につけていくことが大切です。

関連記事

相手に期待しすぎる性格の人の特徴と、期待しすぎてしんどくならないための考え方
漫画家やイラストレーターにように、夢のある仕事で世の中から注目浴びやすいクリエイター系の職業の人に、憧れや尊敬の念を抱くファンは多くいます。
期待が裏切られるとどうして辛く感じるのか
自分の期待が裏切られる時と言うのは、大抵のたいていは強い怒り、失望、不安など、不快な気持ちを抱くものです。 あまりの不快さに、見たくな

https://mental-kyoka.com/wp-content/uploads/2019/05/hitonohukou-kyoukan.jpg

おすすめ転職エージェントランキングTOP5

第1位:転職成功実績NO.1【リクルートエージェント】

「リクルートエージェント」が20代におすすめの転職サイト1位である理由は、「業界最大手」の名に恥じない非公開求人の多さにあります。 非公開求人はジャンルや年齢層を問わず20万件以上と国内最多。また、内定の決定数も年間2万3,000人以上、累計で32万人とNO.1です。 スキルを活かし転職をしたいというキャリアアップが目標の方はもちろん、新しい業界への挑戦を考えている、自分を採用してくれる会社があるか不安という方も「リクルートエージェント」に登録しておけば間違いありません。
【リクルートエージェント】のおすすめポイント
  • 年収アップ率62.7%
  • 土日祝日・平日20時以降も対応
  • 給与の交渉代行
  • 独自に分析した業界・企業情報の提供
  • 満足度99%面接力向上セミナー
  • 地方求人も豊富
2011年のデータではありますが、「リクルートエージェント」を利用した転職者の6割以上が年収アップを実現。 担当アドバイザーが1人1人の強みを引き出すとともに、応募先へのアピール方法や口には出しにくい転職理由をうまく伝えるアドバイスなどもしてくれます。 また、20万件以上の非公開求人には地方の求人も多く含まれているため、Uターン転職、Iターン転職、Jターン転職などしたい場合も収入を落とさず好条件で転職が可能です。
  • Uターン転職…地元に戻り転職する
  • Iターン転職…都会で育ち就職した人が地方に移住し転職
  • Jターン転職…地方で育ち、都会で就職、地元とは違う土地へ転職
日本全国の求人を保有していますが、約85%が「リクルートエージェント」のみでしか取り扱いがなく、他の転職サイトでは見ることができません。 あらゆる分野の求人が集まってくるトップサイトですので、リクルートエージェントには必ず登録しておきましょう。

\求人数NO.1!年収アップ率60%以上/

リクルートエージェントの無料登録はこちら

第2位:満足度NO.1!【doda】

第2位は「リクルートエージェント」に次いで求人数が多い「doda(デューダ)」。 非公開求人は10万件以上あり、仕事について迷走しがちな20代向けの独自のサービスが充実しています。 登録すれば定期的に開催される「doda」主催の大規模な転職フェアやセミナーに参加が可能。 企業の担当者と直接話ができるため、あなた自身の人柄を直接アピールでき、運が良ければ書類審査をパスすることができます。 実は、20代の転職活動で書類審査は「沼にハマりやすい」大事な通過点。社会に出て数年では経験も足りず、その他大勢との差を広げにくいためです。 何度も何度も練り直し、書き直し、それでも通過しないことも多い書類審査を、パスできる機会があるのは大きなメリットなのです。
【doda】のおすすめポイント
  • 年収査定、キャリアタイプ診断、合格診断などのツール
  • doda転職フェア・セミナー
  • 応募書類の書き方・面接対策
  • スカウトメール
是非利用してほしいのは「年収査定」や「キャリアタイプ診断」など自分の現在の年収が本当に妥当なのかどんな仕事や働き方が向いているのかなど無料で診断できる独自ツール。 自分の現状を知ることが転職活動の第一歩になります。 また、「doda」は他サイトと比較してもスカウトメールが届く回数が圧倒的に多いのが特徴。 中には「面接確約オファー」や「プレミアムオファー」など書かれたメールが届くこともあります。 「面接確約」や「書類選考免除」などのスカウトなら、最短ルートでの内定がもらえる可能性大! 転職したくても「もし失敗したら?」と不安になってしまう方もいると思いますが、「doda」に登録しておけば転職に関する不安も嘘のようになくなるはずです。

\「自分の市場価値」を診断できる/

dodaの無料登録はこちら

第3位:独占求人多数!【マイナビエージェント】

20代におすすめの転職サイト第3位の「マイナビエージェント」は20代~30代前半に強い転職サイト。 3位の理由は新しい業界へ挑戦したい方向けの未経験でも応募可能な求人も多いことが1つ。 もう1つは、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業などの求人が豊富で、特定の分野に特化した転職のノウハウを持っていることです。 「マイナビエージェント」のみが保有する「独占求人」も非常に数が多く、保有する案件の約8割が非公開求人。業界に詳しい担当者がプロの目線でアドバイスをしてくれます。
【マイナビエージェント】のおすすめポイント
  • 「転職成功」のノウハウを伝授
  • 面接日、年収、入社日などの条件交渉を代行
  • 推薦状を書いてくれる
  • 求人票だけでは分からない会社の雰囲気や情報を網羅
入社後に後悔しない転職のためにも、企業の社風や雰囲気、平均残業時間、業界の成長性・動向など、有益な情報を共有。 転職後の3年後、5年後を見据え、新たな分野への挑戦にも親身にアドバイスをくれるのが魅力です。 新しい分野に挑戦したい、選択肢を広げたいという方、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業へスキルを活かし転職したい方は「マイナビエージェント」の登録がおすすめです。

\未経験OK!独占求人が豊富!/

マイナビエージェントの無料登録はこちら

第4位:転職者の約71%が年収アップ!【type転職エージェント】

第4位は、20代や30代前半の若年層向けの転職サイト「type転職エージェント」です。 業界に精通したエージェントが転職成功へ向けサポートを行ってくれ、2015年には利用した約71%の人が年収が上がったという実績も残していることがランクインの理由です。 年収アップを念頭におき、転職活動をサポートしてくれるため、確実にキャリアアップしたいという方に特におすすめです。 総合人材サービスの「キャリアデザイナー」が運営していることもあり、大手企業やベンチャー企業などの独自の求人も多く、特にIT系やエンジニアなどの求人が充実しています。
【type転職エージェント】のおすすめポイント
  • 「転職力診断テスト」
  • こだわり検索
  • 転職者の約71%が年収アップ
「type転職エージェント」で特に評価が高いのが「転職力診断テスト」。 約13万人の職種・年齢別経歴などのデータを元に、選択式の簡単な質問に答えていくことで、「強み」や「不足しているスキル」などを細かく分析してくれます。 診断が的確で、自分では気づけないような新しい可能性を発見できることから、転職を意識し始めたばかりの人はもちろん、転職活動がなかなかうまくいっていない人にもぜひ挑戦してみて欲しいサービスです。 また、「type転職エージェント」は求人のこだわり検索項目も非常にユニーク。 「受かりやすい順」「月間の目安残業時間」など、他では見られないが「知りたい条件」で絞り込むことで希望にあった求人を探すことができます。 また、IT・通信系、営業職などに特化しており、独自の求人も豊富です。 ただ、東京や大阪など都市部での転職活動であれば豊富な求人を紹介できますが、地方によってはほんの数件しか取扱がないため注意しましょう。 「リクルートエージェント」や「doda」など総合型の転職サイトにも登録し、あわせて使用するのがおすすめです。

\【東京・大阪】質の高い案件が豊富/

type転職エージェントの無料登録はこちら

第5位:顧客満足度調査NO.1【パソナキャリア】

20代におすすめの転職サイト、第5位は「パソナキャリア」です。 2019年オリコン顧客満足度調査でNO.1を獲得するなど、サポートの手厚さ、丁寧さで特に人気ですが、丁寧な分スピード転職を希望している方には不向きという理由で5位に。 ただ、求人数は3万件と「リクルートエージェント」や「doda」と比較すると量は少ないながらも、人材総合サービスのパソナグループのコネを活かした質の高い求人が多くあります。
【パソナキャリア】のおすすめポイント
  • 業界ごとのチーム体制
  • 面接対策・職務経歴書のサンプルやフォーマット
  • 年収診断
  • 女性の転職にも強い!
「パソナキャリア」では業界ごとに担当者を置いており、専門性の高い業界でも特有の悩みや不安に寄り添い、丁寧なサポートを受けることができます。 また、女性の転職活動支援に特化した専門チームもあり、1人1人に寄り添い丁寧にサポートを行ってくれます。 「パソナキャリア」では、面接や書類の対策など基本的なことにもしっかり対応しつつ、転職者1人1人が抱える背景を考慮した、丁寧なサポートが魅力です。 業界ごとに「専任キャリアアドバイザー」がいることで、深い知識と濃い情報を聞くことができるとともに、理にかなったアドバイスを聞くこともできます。

\満足度No.1!スペシャリストがサポート/

パソナキャリアの無料登録はこちら

この記事が気に入ったらシェア

フォローする