自己愛性人格障害の人が苦手と感じる人の特徴について

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

肥大化した自尊心の強さに振り回されて、やたら傲慢な態度をとって他人を振り回してしまう自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害)の人は、その言動ゆえに「苦手としている人なんていないように見える」「むしろ自分のことが大好きだから、他人が苦手とかいう考えすらもってなさそう」と思わやすい人とも言えます。

しかし、自己愛性人格障害の人でも決して苦手な人がいないと言うわけではなく、合わない人もいれば天敵とも呼べる特徴を持つ人もいるものです。

ただし、持ち前の自尊心の大きさゆえに、それが傷つくのを恐れて、自分の弱みを他人に見せることを避けて隠し通そうとする。その結果、自己愛の強い人は苦手としている人が存在していないように見られるのです。

では、自己愛性人格障害の人は具体的にどんな人を苦手としているのか…今回は、このテーマでお話いたします。

スポンサーリンク

自己愛性人格障害の人が苦手と感じる人の特徴

現実を突きつけようとする人

自己愛性人格障害の人は、自分の自尊心が肥大化していること、そして肥大化した自尊心のせいで多くの人を困らせていると同時に自分自身も困っている状況にいるという、身も蓋もない現実を突きつけてくる人を苦手としています。

自己愛の強さゆえに、自己愛性人格障害の人は「自分は特別で、優秀で、誰もが羨むような素晴らしい人間である」という現実離れした自己イメージ(いわゆる理想の自分像)を持っていますが、あくまでもそれは理想に過ぎません。

現実は至って平凡でとりわけ優れているとか、他人が羨むほどの惹きつける何かがあるわけでもない。しかし、当の本人はまるで自分は著名人やその道のプロフェッショナルであるかのように振る舞い、賞賛の声や周囲の注目を集めようとする。理想と現実の自分があまりにもかけ離れすぎて不釣り合いな状況なのが、自己愛性人格障害の人には顕著です。

そのことに疑問や不信感を感じた人がつい現実を突きつけるような言葉を発っしてくるものの、その言葉を受け入れれば自分の自尊心がひどく傷つくために、相手をひどく罵る、「アンチ」などのレッテルを貼る、見下して蔑む、憐れむ対象と見なす…などの方法で対処しようとします。

なお、自己愛性人格障害の人は、現実を突きつけられるような手厳しい意見を口にする人が苦手なために、自分おだててベタ褒めするようなイエスマンばかりと関わり、馴れ合いの人間関係を構築することがあります。

肥大化した自尊心のせいで他人から認められたい欲求は強く持っているものの、手厳しい批判や指摘の声が来るような人間関係になるのは避けたい気持ちがある。

そのため、自分の承認欲求を満たせて且つ、安心感を抱けるようなぬるま湯の関係にのめり込み、そこから抜け出せなくなることが目立ちます。(いわゆる、駄サイクルにハマる人に通ずるものがある。)

スポンサーリンク

上から目線で接してくる人

自己愛性人格障害の人は、人間関係を

  • 「見下すか」「見下されるか」
  • 「支配するか」「支配されるか」
  • 「自分の方が格上か」「自分の方が格下か」

という、力関係、主従関係、上下関係で捉えていることが特徴的です。

自分が他人を見下し支配する立場になれば肥大化して不安定な自尊心が安定する。つまり、精神的に落ち着いて余計な不安を抱えずに済みます。

しかし、もしも自分が他人に見下されて支配される立場になった場合は、自尊心がひどく傷つくと同時に、他人に支配され自由を奪われていると感じて大きな不安を抱えてしまいます。

もちろん、人間関係は主従や上下の関係だけで結ばれるものではなく、対等な関係もあります。

また上下の関係ではあっても、それが支配といった乱暴な関係にならず、相手への尊重をベースとしており良好な関係が保たれていることもあるものです。例えば、健全な親子関係、学校の先生と生徒の関係、部活や仕事の先輩後輩の関係など、上下関係ではあるものの殺伐としておらず、良好な人間関係はしっかりあります。

しかし、自己愛性人格障害の人はそれを理解できず、まるで人間関係は食うか食われるかの弱肉強食のようなものとしてみなしている。人間関係を偏った目で見ている為に、他人に見下されることに過度な恐怖感を覚えたり、逆に他人を見下し支配することに強いこだわりを持っているのだと考えられます。

スポンサーリンク

恥をかかせて自尊心を傷つけてくる人

自己愛性人格障害の人は、自分に対して恥をかかせるような言動をする人を強く嫌う傾向があります。

例えば

  • 人前で批判する、ほかの人に聞こえるように大声で怒る人。
  • 年収・学歴・肩書きなど社会的なステータスに強いこだわりがあり、なんだか精神的に余裕がないように見えると苦言を呈してくる人。
  • 意識と自己評価だけの高さにツッコミを入れる人。
  • 傍から見れば「痛い」人であり、そのことに本人が気づいていないのが尚更「痛い」と指摘する人。
  • その他、嫌味、皮肉、冷笑など直接的ではないにしても、他人を恥ずかしいものと見なす言動を取る人。

など、自己愛の強人が持つ「自分は優れている」という思い込みを指摘すると同時に、実は醜くて、ドロドロとしていて、他人から「恥ずかしい人」だと思われる部分を持っていることを自覚させてくる人を強く苦手としています。(もちろん、こうした言動をする人は自己愛の強い人でなくとも苦手と感じる人は多いとは思いますが…)

上でも触れているように、他人は見下すか見下されるかという極端な対人関係の価値観があるため、自分が見下されるような要素を持っていると見抜かれたり、暴露されることを強く嫌がります。

もちろん、こうした醜さや恥ずかしさを克服して、自尊心を適度なものに修正していくことこそ、肥大化した自尊心に振り回されないためには大事なのは言うまでもありません。

しかし、自己愛性人格障害の人からすれば、自尊心を適度なものに修正していく作業…つまり、自分の未熟さや醜さを認めることは、今まで縋ってきた「特別であるという自分像」を否定することになるので、あまりやろうとしないのです。

スポンサーリンク

余談 自己愛性人格障害の人と同族嫌悪

自己愛性人格障害の人が苦手とする人の特徴について見ていくと、冷静に見れば苦手とする人の特徴は自己愛性人格障害の人自身が他人に対してやっている行動との共通点が非常に多いことが目立ちます。

  • 他人から現実を突きつけられるのを嫌がるくせに、自分は他人に現実を突きつけて「現実をわかっている自分は優秀でしょ」と自慢げになる。
  • 他人から見下されるのを嫌がるくせに、自分は他人を見下して優越感を得ようとしたがる。
  • 他人から恥をかかされる事を嫌がるくせに、自分は他人に恥をかかせてこき下ろし、相対的に自分を良く見せようとする。

…など、自分がやられて嫌なことなのに、それを他人にやってしまっているという矛盾が、自己愛の強い人には見られます。

自分が傷つけられることには敏感なのに、他人を傷つけることに鈍感な態度に対して厳しい指摘が入りやすいのが特徴的です。

以上のことを踏まえると、自己愛性人格障害の人は自分と同じ思考や言動をする人を苦手とする…つまり、同族に対して強い嫌悪感(=同族嫌悪)を示していると解釈することも可能です。

関連記事

自己愛性人格障害の特徴から見るモラハラ加害者
モラルハラスメントの加害者と、自己愛性人格障害(または自己愛性パーソナリティ障害)には、物事の見方、思考の癖、行動原理、対人関係における衝突
マウントを取りたがる人の心理について
他人を見下し自分の方が上だとアピールしたがる…つまり、マウントを取りたがる人というのは、付き合うのに苦労することが多くて面倒な人として見られ