仕事に行きたくない?「人間関係に疲れた」と思ったらやるべき4つのこと

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

ブルーマンデー症候群」という言葉をご存知でしょうか?

別名「サザエさん症候群」と呼ばれることもありますが、「月曜日が怖い」「仕事へ向かう足取りが重い」など感じる症状のことを指します。

ある調査では男性の自殺が最も多いのも月曜日。特に人間関係に悩み「仕事へ行きたくない」「もうやめてしまいたい」と憂鬱な気持ちでいる人は想像以上に多くいます。

ただ、何ヶ月も就職活動をしてやっとのことで入った会社、嫌な上司が一人いるからと言ってやめるのは悔しくないですか?

当記事では、「行きたくない」という気持ちを切り替える方法、やめると決意する前にできることを紹介します。

今辛くても、あなたが自分で行動を起こすことで、より早く抜け出すことができるはずです。

スポンサーリンク

退職理由の堂々第1位は「人間関係」

転職・退職した経験がある人を対象に、「転職した本当の理由」を調査したあるアンケートがあります。

結果は、退職理由TOP3のうち2つが「人間関係」

上記の調査だけではなく複数のアンケートを確認しましたが、退職理由の上位に必ず「人間関係」が入っています

労働条件や業務内容、待遇などは、改善していくことができますが、人間関係に関する悩みは減ることはなく、どんどん増えていくだけ。

アンケートの調査結果は、多くの人が人間関係で苦しんでいる現実を表しています。

職場の人間関係がめんどくさい理由


プライベートは問題なくても、職場の人間関係で苦しむ人は非常に多くいます。職場の人間関係を「めんどくさい」と感じるのには以下のような理由が考えられます。

  • 会社や部署の社風が合わない
  • 気乗りしない時も話をしなければならない
  • 上司の言うことは絶対、意見が言えない
  • チームワークが優先される

人間ですから、合う合わないが当然あります。普通に考えれば「みんな仲良く」は存在しません

ですが、会社ではチームワークが優先されます。努力して、チームの足並みを揃えようとしていても、自分だけをよく魅せようとする人もいます。

会社だけでの付き合いならいいですが、就業後部署内の人間同士でよく飲みに行くという会社もあります。

部署内の人が全員参加なら行かないわけにはいかず、週に何日も同じ状況続けばストレスは大きなものになります。

社風が体育会系でノリについていけない、プライベートなことを詮索する上司、ライバル心むき出しの同僚など…

実際、人間関係をめんどくさいと感じる理由は星の数ほどあるのです。

「仕事に行きたくない」朝の気持ちを切り替える3つの方法


仕事に行きたくないと感じたら、まずは朝の習慣を変えてみましょう。鬱々とした気持ちを上手に切り替えられる3つの方法を紹介します。

鬱な気分をリセットする朝の習慣

  • 太陽光を浴びる
  • 通勤前に軽い運動をする
  • 仕事の後に楽しみになる予定を入れる

太陽光を浴びる

朝起きたらまずはカーテンを開け太陽光を浴びましょう。

毎朝日光を浴びることで体内時計をリセットすることができ、免疫UPなど体調面にも良い変化をもたらすだけではなく、精神的にもリラックスすることができます

太陽光に当たることで体内では「セロトニン」というホルモンが分泌されます。

「セロトニン」はうつ病患者に不足している物質であることがわかっており、軽いうつ状態であれば日光浴で緩和できるとも言われています。

通勤時は日陰の道ばかり歩くのではなく15~30分を目安に太陽に当たるようにすると、気持ちを落ち着かせることができるはずです。

通勤前に軽い運動をする


運動は気持ちをコントロールするのにも役立ちます。朝少しだけ早起きして、ジョギングや散歩など有酸素運動を行ってみてください。

有酸素運動は酸素を取り込みつつ行う運動のことで、負担が少なく通勤前でも習慣として取り入れやすいのが魅力です。

有酸素運動をおすすめする理由

  • 脳が活性化され思考力・記憶力が高まる
  • 安らぎをもたらす「セロトニン」が増える
  • 満足感や達成感が得られる

有酸素運動を行うときは「深い呼吸」を意識してみてください。呼吸が深くなると気持ちが落ち着きリラックスすることができます。

時間はジョギングなら20分ほどが目安ですが、難しい場合は5~10分と短時間でも問題ありません。

仕事の後に楽しみになる予定を入れる


また、プレッシャーやストレスのある仕事の後に「楽しい予定」を立てておくことで不安を解消することができます。

先にあるポジティブな未来を見据えておくことで「辛い」「きつい」という感情を払拭し「頑張ろう」と思うことができるのです。

何も特別なことである必要はありません。

例えば「帰りにコンビニスイーツを買って帰ろう」「新作ゲームをやろう」など簡単なことでも気持ちの置き場を作ることが大事です。

「辞める」と決意する前にできる4つのこと


「もう辞めたい」と思い始めているなら、やめる決意する前に、ぜひ下の4つのことをしてください。

「辞める」と決める前にすべきこと

  • 仕事の目的とはなにか?を見つめ直す
  • 付かず離れずの上手な距離感を探す
  • 「ミラーの法則」を意識する
  • 身近な人や上司に相談する

仕事の目的とはなにか?を見つめ直す


あなたの仕事が誰かの役に立っている部分を見つけ意識してみてください。「人間は誰かのために行動することで、幸福度が高くなる」という研究結果もあります。

あなたのした仕事の先にいる誰かを思い浮かべることで「嫌なこと」「辛いこと」を乗り越えることができるはずです。

付かず離れずの上手な距離感を探す

ちょうどいい距離感は1人1人違うため、具体的な対策を示すのは難しいのですが、心がけてほしいのは「無理をしないこと」そして「中立を保つこと」です。

例えば、談笑する必要はないので、挨拶だけはするようにする。噂話をしている同僚がいても同調しない。などです。

上司や先輩との距離感に悩む人は多くいます。プライベートな質問や、就業後の飲みの誘いなど、今後の関係を考えると無下にはできません

ですが、極端なことを言ってしまうと、職場は仕事をする場所なので無理に上司や同僚と仲良しこよしする必要はないのです。

業務をこなす上で、支障がない距離感を探してみてください

「ミラーの法則」を意識する


ミラーの法則というのは有名な心理学の1つで、「相手ではなく、自分を変える」という考え方です。

ミラーとは鏡のこと。まずは、客観的に自分を見た時、自分は相手からどう映るのか?を考えて見てください。

相手に原因があると決めつけるのではなく、自分も同じではないのか?自分が変わることで状況を変えられたのではないか?と意識することが大切です。

目線が同じレベルの人同士でしか争いは起こらない」という言葉もあります。時には目線を変えて、自分を顧みることで見えてくる答えもあるはずです。

身近な人や上司に相談する


自分1人で頑張って対策してみても、どうしようもないことももちろんあります。身近な人や理解のある上司に今の状況をまずは話してみてください。

部署内の人間関係で悩んでいるなら、異動を願い出てもいいでしょう。誰かに話しを聞いてもらえるだけで気持ちが軽くなりますよ。

最後の手段が「退職する」


耐え続けることで病気にでもなったら元も子もありません

いろいろ試してみても「もう無理だ」と感じているなら、やめる決意を固めても誰もあなたを責める人はいません。

仕事をやめにくい場合は【退職代行ニコイチ】がおすすめ

でもやめるなんて言い出せる空気ではない」「人手不足でとてやめられる状況じゃない」ということありますよね。

特に人手不足の場合、言い出す機会を失い、そのままなし崩し的にやめる機会を失ってしまう…ということもよくある話。

仕事を辞めると言い出せない時、言う勇気がない時は「退職代行ニコイチ」を利用するのはおすすめします。

「ニコイチ」は業界最大手会社で、退職成功率100%。理想の円満退職を叶えてくれます。

LINEで相談することができますので、仕事が忙しく中々電話や事務所に出向いての相談が難しいという方にもおすすめ。

何度でも無料で相談できますので、やめたいけれどやめれそうにないという方はぜひ利用してみてください。

\退職者4,000人突破!業界1位/

ニコイチの無料相談はこちらから

ステップアップのために【リクルートエージェント】で適職を見つける

会社を辞め少し落ち着いたら、生活するためにもまた仕事をする必要がありますよね。

ですが、一から仕事を探すというのはとても大変。あなたが大学生の時に経験した就職活動の厳しさを思えば、退職自体に不安を覚える方もいるはず。

おすすめは転職支援実績業界NO.1の「リクルートエージェント」です。

「リクルートエージェント」には非公開の求人が20万件以上

実績豊富なアドバイザーが1人1人にあった求人を厳選し紹介、面接対策など転職サポートを行ってくれます。

しかも、料金は無料。相談だけでももちろんOKです。親身になって話を聞き、あなたのより良い未来をサポートしてくれます。

\転職支援実績NO.1!【登録無料】/

リクルートエージェントはこちら

フリーランスで稼げる【Bizseek】なら人間関係に悩む必要はない

再び会社で働くことに不安があるという方には「フリーランス」という働き方もあります

あなたが今までやってきた仕事を活かしフリーになることもできますし、新しく何かに挑戦することもできます。

ただ、「顧客がいない」「自分ができることが仕事になるかわからない」など不安があリますよね。

「Bizseek(ビズシーク)」というクラウドソーシングサービスを利用すれば、あなたの不安は解決できます。

「Bizseek」ではシステム開発やデザイン制作、ライティングや軽作業など50種類以上の職種から適正にあった仕事を紹介してくれます。

「Bizseek」は登録無料ですし、システム手数料も業界最安値なので、コストを抑える事ができるのも魅力です。

\未経験OKな案件多数!/

Bizseekの無料登録はこちら

どうしても辛いなら休むべき


「我慢」「耐える」ことを美徳とする考え方もありますが、あなたが苦しんでいる状況はあなたにしかわかりません。本当の辛さはあなたしか知りえないのです。

もうだめだと思ったら迷わず逃げることも大切です。一度立ち止まって休むこと、思い切ってやめることも考えてみてください。

「辞められるよう状況じゃない」というのなら迷わず退職代行を利用しましょう。今の仕事だけがあなたの人生全てではないのです。

LINEで相談するだけで、次の1歩を踏み出すことができますよ。

\退職率100%/

ニコイチは【相談料0円】

https://mental-kyoka.com/wp-content/uploads/2019/05/hitonohukou-kyoukan.jpg

おすすめ転職エージェントランキングTOP5

第1位:転職成功実績NO.1【リクルートエージェント】

「リクルートエージェント」が20代におすすめの転職サイト1位である理由は、「業界最大手」の名に恥じない非公開求人の多さにあります。 非公開求人はジャンルや年齢層を問わず20万件以上と国内最多。また、内定の決定数も年間2万3,000人以上、累計で32万人とNO.1です。 スキルを活かし転職をしたいというキャリアアップが目標の方はもちろん、新しい業界への挑戦を考えている、自分を採用してくれる会社があるか不安という方も「リクルートエージェント」に登録しておけば間違いありません。
【リクルートエージェント】のおすすめポイント
  • 年収アップ率62.7%
  • 土日祝日・平日20時以降も対応
  • 給与の交渉代行
  • 独自に分析した業界・企業情報の提供
  • 満足度99%面接力向上セミナー
  • 地方求人も豊富
2011年のデータではありますが、「リクルートエージェント」を利用した転職者の6割以上が年収アップを実現。 担当アドバイザーが1人1人の強みを引き出すとともに、応募先へのアピール方法や口には出しにくい転職理由をうまく伝えるアドバイスなどもしてくれます。 また、20万件以上の非公開求人には地方の求人も多く含まれているため、Uターン転職、Iターン転職、Jターン転職などしたい場合も収入を落とさず好条件で転職が可能です。
  • Uターン転職…地元に戻り転職する
  • Iターン転職…都会で育ち就職した人が地方に移住し転職
  • Jターン転職…地方で育ち、都会で就職、地元とは違う土地へ転職
日本全国の求人を保有していますが、約85%が「リクルートエージェント」のみでしか取り扱いがなく、他の転職サイトでは見ることができません。 あらゆる分野の求人が集まってくるトップサイトですので、リクルートエージェントには必ず登録しておきましょう。

\求人数NO.1!年収アップ率60%以上/

リクルートエージェントの無料登録はこちら

第2位:満足度NO.1!【doda】

第2位は「リクルートエージェント」に次いで求人数が多い「doda(デューダ)」。 非公開求人は10万件以上あり、仕事について迷走しがちな20代向けの独自のサービスが充実しています。 登録すれば定期的に開催される「doda」主催の大規模な転職フェアやセミナーに参加が可能。 企業の担当者と直接話ができるため、あなた自身の人柄を直接アピールでき、運が良ければ書類審査をパスすることができます。 実は、20代の転職活動で書類審査は「沼にハマりやすい」大事な通過点。社会に出て数年では経験も足りず、その他大勢との差を広げにくいためです。 何度も何度も練り直し、書き直し、それでも通過しないことも多い書類審査を、パスできる機会があるのは大きなメリットなのです。
【doda】のおすすめポイント
  • 年収査定、キャリアタイプ診断、合格診断などのツール
  • doda転職フェア・セミナー
  • 応募書類の書き方・面接対策
  • スカウトメール
是非利用してほしいのは「年収査定」や「キャリアタイプ診断」など自分の現在の年収が本当に妥当なのかどんな仕事や働き方が向いているのかなど無料で診断できる独自ツール。 自分の現状を知ることが転職活動の第一歩になります。 また、「doda」は他サイトと比較してもスカウトメールが届く回数が圧倒的に多いのが特徴。 中には「面接確約オファー」や「プレミアムオファー」など書かれたメールが届くこともあります。 「面接確約」や「書類選考免除」などのスカウトなら、最短ルートでの内定がもらえる可能性大! 転職したくても「もし失敗したら?」と不安になってしまう方もいると思いますが、「doda」に登録しておけば転職に関する不安も嘘のようになくなるはずです。

\「自分の市場価値」を診断できる/

dodaの無料登録はこちら

第3位:独占求人多数!【マイナビエージェント】

20代におすすめの転職サイト第3位の「マイナビエージェント」は20代~30代前半に強い転職サイト。 3位の理由は新しい業界へ挑戦したい方向けの未経験でも応募可能な求人も多いことが1つ。 もう1つは、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業などの求人が豊富で、特定の分野に特化した転職のノウハウを持っていることです。 「マイナビエージェント」のみが保有する「独占求人」も非常に数が多く、保有する案件の約8割が非公開求人。業界に詳しい担当者がプロの目線でアドバイスをしてくれます。
【マイナビエージェント】のおすすめポイント
  • 「転職成功」のノウハウを伝授
  • 面接日、年収、入社日などの条件交渉を代行
  • 推薦状を書いてくれる
  • 求人票だけでは分からない会社の雰囲気や情報を網羅
入社後に後悔しない転職のためにも、企業の社風や雰囲気、平均残業時間、業界の成長性・動向など、有益な情報を共有。 転職後の3年後、5年後を見据え、新たな分野への挑戦にも親身にアドバイスをくれるのが魅力です。 新しい分野に挑戦したい、選択肢を広げたいという方、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業へスキルを活かし転職したい方は「マイナビエージェント」の登録がおすすめです。

\未経験OK!独占求人が豊富!/

マイナビエージェントの無料登録はこちら

第4位:転職者の約71%が年収アップ!【type転職エージェント】

第4位は、20代や30代前半の若年層向けの転職サイト「type転職エージェント」です。 業界に精通したエージェントが転職成功へ向けサポートを行ってくれ、2015年には利用した約71%の人が年収が上がったという実績も残していることがランクインの理由です。 年収アップを念頭におき、転職活動をサポートしてくれるため、確実にキャリアアップしたいという方に特におすすめです。 総合人材サービスの「キャリアデザイナー」が運営していることもあり、大手企業やベンチャー企業などの独自の求人も多く、特にIT系やエンジニアなどの求人が充実しています。
【type転職エージェント】のおすすめポイント
  • 「転職力診断テスト」
  • こだわり検索
  • 転職者の約71%が年収アップ
「type転職エージェント」で特に評価が高いのが「転職力診断テスト」。 約13万人の職種・年齢別経歴などのデータを元に、選択式の簡単な質問に答えていくことで、「強み」や「不足しているスキル」などを細かく分析してくれます。 診断が的確で、自分では気づけないような新しい可能性を発見できることから、転職を意識し始めたばかりの人はもちろん、転職活動がなかなかうまくいっていない人にもぜひ挑戦してみて欲しいサービスです。 また、「type転職エージェント」は求人のこだわり検索項目も非常にユニーク。 「受かりやすい順」「月間の目安残業時間」など、他では見られないが「知りたい条件」で絞り込むことで希望にあった求人を探すことができます。 また、IT・通信系、営業職などに特化しており、独自の求人も豊富です。 ただ、東京や大阪など都市部での転職活動であれば豊富な求人を紹介できますが、地方によってはほんの数件しか取扱がないため注意しましょう。 「リクルートエージェント」や「doda」など総合型の転職サイトにも登録し、あわせて使用するのがおすすめです。

\【東京・大阪】質の高い案件が豊富/

type転職エージェントの無料登録はこちら

第5位:顧客満足度調査NO.1【パソナキャリア】

20代におすすめの転職サイト、第5位は「パソナキャリア」です。 2019年オリコン顧客満足度調査でNO.1を獲得するなど、サポートの手厚さ、丁寧さで特に人気ですが、丁寧な分スピード転職を希望している方には不向きという理由で5位に。 ただ、求人数は3万件と「リクルートエージェント」や「doda」と比較すると量は少ないながらも、人材総合サービスのパソナグループのコネを活かした質の高い求人が多くあります。
【パソナキャリア】のおすすめポイント
  • 業界ごとのチーム体制
  • 面接対策・職務経歴書のサンプルやフォーマット
  • 年収診断
  • 女性の転職にも強い!
「パソナキャリア」では業界ごとに担当者を置いており、専門性の高い業界でも特有の悩みや不安に寄り添い、丁寧なサポートを受けることができます。 また、女性の転職活動支援に特化した専門チームもあり、1人1人に寄り添い丁寧にサポートを行ってくれます。 「パソナキャリア」では、面接や書類の対策など基本的なことにもしっかり対応しつつ、転職者1人1人が抱える背景を考慮した、丁寧なサポートが魅力です。 業界ごとに「専任キャリアアドバイザー」がいることで、深い知識と濃い情報を聞くことができるとともに、理にかなったアドバイスを聞くこともできます。

\満足度No.1!スペシャリストがサポート/

パソナキャリアの無料登録はこちら

この記事が気に入ったらシェア

フォローする