HSPの男性が抱えやすい仕事の悩みって?生きづらさ克服&自分に合う仕事を見つける方法

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

職場の人間関係に悩んでいる」「働いているとストレスがたまる」などは、多くの人が抱えている悩みだと思います。

悩みながらも、なんとか毎日勤めに出ている人がほとんど。しかし、HSPは、仕事が続けられないほどの辛さを感じ、会社を辞めてしまうこともあります

「人の感情がわかり過ぎる」「人一倍敏感で、刺激に反応しやすい」というのがHSPの特徴です

特に男性の場合は繊細な自分を「男らしくない」と責めてしまい、ますます生きづらくなることもあるでしょう。

当記事ではHSPの男性が辛い状況を抜け出すため、HSPの特徴について掘り下げ、仕事をやりやすくする工夫を考察しました

HSPの人に向いている仕事についても紹介しますので、「もしかしたら自分はHSPかも」と感じている男性は、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

そもそもHSPとは?

HSPとは(Highly Sensitive Person=「繊細な人」)の略です

アメリカの心理学者によって提唱された概念で、およそ5人に1人はHSPであるとされています。人口の20%ほどなので、全体から見ると少数派です。

HSPという名称を見ると特殊に感じられますが、昔から「神経質な人」「内向的な人」と言われてきた人が持つ気質・特性のことで、病気というわけではありません

社交的で活発な人が好まれる社会の中で、繊細で傷つきやすいHSPの人は不当な評価を受けることもありがちです。

特に会社などでは辛い思いをしている人もいるでしょう。

ネガティブな面ばかりが強調されるHSPですが、実は人への共感力や深い思考力など、他にはない優れた能力があります

HSPの特徴


HSPの特徴は、以下のようなものがあります。

  • 人一倍繊細で、人の気持ちに敏感
  • 外部の刺激に反応しやすいので、疲れやすい
  • 想像力豊かで、なんでも深く考える

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

人一倍繊細で、人の気持ちに敏感


HSPは人の表情や些細な態度の変化に敏感で、傷つきやすいのが特徴です。人に共感する能力が強く、感情移入しやすいでしょう。

ですが、共感する能力は見方によっては相手の立場に立って物事を考えられる能力であり、長所とも言えるものです。

しかし日常生活の中ではマイナスとして作用することも多く、ストレスの原因になります

例えば職場でミスした人がひどく叱責されているとき、HSPは叱られた同僚に強く共感してしまい、自分が叱られているような恐怖を感じます。

似たような状況が日常化していれば、大きなストレスになるでしょう。

外部の刺激に反応しやすいので、疲れやすい

HSPはとても敏感で、外部の刺激に反応しやすく疲れやすいという特性もあります。環境の変化に順応しづらく、引っ越しや転職には大きなストレスを感じます。

五感が敏感なので、匂いや音にも反応しやすくなります

空調や空気清浄機の音、芳香剤の香りなど他の人が平気なことでもHSPは不快に感じ、誰にもわかってもらえなくて辛い思いをすることもあるでしょう。

人混みなどは特に苦手で、人の発するエネルギーに敏感に反応して疲れてしまいます。

想像力豊かで、なんでも深く考える

HSPは想像力が豊かで、物事を深く多方面から捉えて考えます。ひとつの情報から多くの思考を巡らせ、処理する能力が高いのが特徴です。

さまざまな観点から物事を考えるので偏見がなく、強い倫理観を持っています

深く考えながら結論を出すので「判断が遅い」「決断力がない」と思われることもありますが、深い思考の末に質の高いアイデアを生み出す能力があります。

自分を責めやすく、自己肯定感が低い

HSPは自分を責めて、罪悪感を抱きやすい傾向があります。物事がうまくいかないことを自分の責任と思い込み、些細なことでも深刻に受け止めてしまうのです。

責任を背負い込んで自分を責めるので自己肯定感が低く、いつも自信がありません

また、自信がないため「自分はちゃんとできているのか」「嫌われていないか」という不安があり、不安を隠すために頑張り過ぎる傾向があります。

HSPの男性が仕事をするときに注意したいこと

HSPは全体の2割です。自分とは異なる圧倒的多数の人たちに囲まれて働くのは辛いことも多いでしょう。

積極的で社交的なことが評価される価値観の中で、HSPの生きづらさは相当なものになります。

そんな中でも、工夫することで仕事をやりやすくすることはできます。次の2点を心がけてみてください。

  • 繊細な自分を受け入れる
  • リラックスできる環境を作る

繊細な自分を受け入れる

同じHSPでも、男性の場合はより深刻になります。

社会では「男らしくしなければならない」という風潮があり、HSPの特徴である繊細で内向的な性質はマイナスに捉えられがちです

偏った価値観に飲まれて、「強くならなければならない」「積極的にならなければならない」と自分に言い聞かせているかもしれません。

さらに自分を追い込む結果にもなっているでしょう。

今の自分を否定する気持ちは捨て、「繊細な自分」を受け入れてあげましょう。HSPはひとつの特性で、決して病気ではありません。

他にはない才能を持っていて、強みとして活かすことで大いに活躍できるのです。

HSPであることを受け入れ、自分を許してあげてください。

リラックスできる環境を作る

HSPは自分を責め、不安を打ち消すために頑張り過ぎる傾向があります。まずは一息つくことを意識しましょう

また、相手の表情や話し方などで感情を敏感にキャッチしてしまうため、人間関係でもかなりのストレスを感じているはずです。

休憩所、屋上、トイレの個室など、一人になれる場所を見つけ、休む時間を作ることをおすすめします。緊張を少しでも和らげる工夫をしていきましょう。

HSPの男性が自分に合う仕事を見つける方法3つ


HSPの男性が少しでも自分に合った仕事を探すときには、次の3点をポイントにしてみましょう。

  • やりたいことを仕事にする
  • 自分の強みが活かせる仕事を探す
  • 労働条件や職場環境を重視する

やりたいことを仕事にする

HSPは自分の内面に敏感なので、好きではない仕事をすることで違和感を感じてしまいます

お金のためと割り切ることができず、続けていくことが苦しくなります。

自分が何が好きなのか、向いている仕事はなにかをよく考えるようにしましょう。

少しでも興味が持てて、やりがいのある仕事を選んでください。

自分の強みが活かせる仕事を探す

自分の強みが活かせる仕事を探しましょう

苦手な作業、得意でない仕事はミスも多くなり、ますます自信がなくなってしまいます

苦手を克服しようとすることがさらに自分にプレッシャーを与え、生きづらくなってしまうでしょう。

HSPには、他の人にはない才能があります。

ネガティブな側面ばかりが目立つHSPですが、もともと持っている才能を「強み」にすることで、大きなパワーを発揮することができます

自分の強みを活かせる仕事なら、努力がストレートに自信に結びつき、高い成果を上げることができるでしょう。

労働条件や職場環境を重視する

HSPは環境に敏感なので、ストレスを感じない労働条件や職場環境であることが大切です

規則正しい就業体制で残業が少ない」「通勤時間も短い」など、ストレスになる要因をなるべく排除しましょう。

人間関係は働いてみないとわからないものですが、いつも求人を募集しているなど出入りが激しい職場は、なにか問題があるのかもしれません。

職場見学や面接を通して、一緒に働く人や上司について相性を見極めるのがいいでしょう。

HSPの男性が働きがいのある仕事

HSPの男性の強みを活かすには、職種を選ぶ必要があります。ストレスが少なく、働きがいがあると感じられる仕事を紹介しましょう。

塾講師・インストラクター

共感力が高く、人が求めるものを敏感に察することができるHSPは、指導する仕事に向いています。

ただし、大勢を相手にする教師よりも、指導する人数が限られている塾講師、インストラクターが良いでしょう。じっくり向き合い、丁寧に教えることができます。

特にスポーツジムなど、一人もしくは少人数を相手にするインストラクターなら、人と向き合う刺激が少ないので働きやすいでしょう。

塾講師は比較的大勢を相手にしますが、実際に授業をする時間よりも準備や事務的な仕事の割合が多く、ストレスは少なめです。

塾講師もインストラクターも、生徒が進歩していく過程を見ることでやりがいを感じられるはずです

エンジニア

システムエンジニアやプログラマーなどの仕事もおすすめです

ほとんどパソコンに向かう作業で人と接する機会がないので、ストレスが少なくて済みます。仕事内容も、情報処理能力が高いHSPには向いているでしょう

経験やスキルがあれば、職場から離れたときでも在宅で仕事することができます。

これからプログラミングを習いたいという人には、オンラインで学べるサービスもあります

CodeCamp(コードキャンプ)はオンライン完結型の学習サービス。今の仕事を続けながらプログラミングの技術を習得することができます。

コードキャンプの無料体験はこちら

事務員

環境の変化に弱いHSPは、なるべく変化が少ない規則正しい仕事が向いています。

データ入力など、毎日やることが決まっている事務の仕事がおすすめです

締め切りや繁忙期とは関係なく、作業量はいつも一定である仕事がいいでしょう。残業も少ないのが理想的です。

HSPはコツコツと丁寧に作業をこなす能力があるので、事務作業で活かすことができるはずです

カウンセラー


カウンセラーはHSPの特性をよく活かせる仕事です

HSPは共感性が高く人の痛みがわかるので、クライアントの立場に立って相談に乗ることができます。

聞き上手で深い理解を示してくれるので、とても感謝されるはずです。

直接人の役に立つことが実感できる仕事なので、大きなやりがいや幸福感を得ることができるでしょう。

コールセンター


受信専門のコールセンターもおすすめです。コールセンターは人と会話するとはいえ対面ではないので、接客のようなストレスは感じません。

クレーム処理などは刺激が強くストレスになりますが、通販の受付など受信内容が限られているものなら、負担になりません。

問い合わせなどの対応で感謝されることで、仕事のやりがいも感じられるでしょう

コールセンターは一般的に社員同士の交流が少なめなので、人間関係の煩わしさも避けることができます。

在宅ワーク

どうしても職場の労働環境や人間関係が辛いという人は、在宅ワークという選択もあります。

webサイトを運営して広告収入を得る、クラウドソーシングサービスに登録してライティングやプログラミングなどの仕事を請け負うなど、パソコン1台あればすぐに始めることができます。

クラウドソーシングサービスはいくつかありますが、おすすめは「Bizseek」です。

手数料が業界最安クラスなので、初めての登録で大手のクラウドソーシングサービスは敷居が高いという人にピッタリ

まずは登録して、どのような仕事があるのか探してみましょう。登録は無料です。

\未経験OKの仕事多数!/

Bizseekの無料登録はこちら

HSPの男性に向いていない仕事

HSPの男性には向かない仕事もあります。

HSPの強みを活かせず、大きなストレスを抱える可能性があるでしょう。代表的な仕事を紹介します。

営業の仕事

競争が激しくノルマのある営業は、繊細なHSPに向いていません

HSPは人と競争して勝つことを好まないので、いい成績を上げづらいでしょう。

成績が上がらないことで自分を責めてしまうので、自己肯定感の低下にもつながります

また、人の感情に敏感なことから、飛び込み営業などで邪険な対応をされることには耐えられないはずです。

接客する仕事

特定の人に対応する仕事はHSPの特性を活かせますが、公共機関の窓口など不特定多数の人と接客する仕事は逆に神経をすり減らすことになります

無理な要求に応えようとして疲れたり、横柄な態度・失礼な言葉使いに傷つくことも多いでしょう。

時間が不規則な仕事

環境の変化に敏感なHSPは、時間が不規則な仕事は向いていませんシフト制で時間が不規則、残業が多い、夜勤があるなどの職場は避けましょう。

マルチタスク

単純作業だけ行う事務の仕事は向いていますが、一人でさまざまな作業をこなすマルチタスクはNGです

一つのことを深く考えてしまうHSPは、一度に多くのことをこなすことができません

電話の受付や接客対応、伝票整理などいくつも違う作業を同時にこなすことは刺激が強過ぎて、許容範囲を超えてしまうでしょう。

自分に向いている仕事が見つけられないときの対処法

「転職を繰り返しているがどうしても職場に馴染めない」「いい仕事が見つからない」という人は、転職のプロに相談するか、自己分析ツールで職業適性を診断してみる方法もあります。

転職エージェントに相談してみる

HSPは5人に1人の割合でいるので、転職エージェントでは同じような人の相談も多く扱っているはずです

転職サイトに登録して、担当者にHSPに適した仕事について相談してみるのがおすすめ。いいアドバイスがもらえます。

HSPの人でも働きやすい職場を探し、優先して紹介してくれるでしょう。

転職サイトはたくさんありますが、おすすめは「リクルートエージェント」です。

老舗の転職エージェントで保有する求人数が多く、8割が一般の求人サイトには掲載されていない非公開求人というのが魅力。

実績の豊富な専属のキャリアアドバイザーがHSPであるあなたの希望を聞いて、適格な会社を紹介してくれます

希望に沿った転職先の紹介だけでなく、提出書類の添削や面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など充実したサポートもあります。

\実績豊富なアドバイザーが転職を後押し/

リクルートエージェントの公式サイトはこちら

自己分析ツールを利用してみる

自己分析ツールを利用して、職業の適正を判断してみるのもひとつの方法です。

自分の強みを知ることで、今まで考えたことのなかった職業に適性があることがわかるかもしれません。

診断ツールをいくつか紹介しましょう。

グッドポイント診断

転職サイトの「リクナビNEXT」に登録すると利用できるツールです。登録は無料なので、ぜひ登録して診断してみましょう。

30分程度の診断テストを受けると、18種類の才能(強み)の中から特に自分が強みとする5つの才能が診断されます

自分の強みを知ることで、的を絞った仕事探しができるでしょう。

リクナビNEXTの無料登録はこちら

「ミイダス」の職務適正診断

他の転職サイトとは違った形態の転職サービス「ミイダス」では、無料登録すると自分の市場価値や職業適正を知ることができます

他の転職サイトとは異なり、登録するだけで書類選考通過済み(面接確約)のオファーがもらえるサービスで、オファーのあった会社を選んで面接を受けるという仕組みです。

無料の適性診断で、自分の強みや適した仕事を分析してみましょう

ミイダスの無料登録はこちら

「ストレングスファインダー」で自分の強みを知る

本格的に自分の強みを知りたいという人は、「ストレングスファインダー」という有料の診断ツールがおすすめです。34の資質の中から、上位5つの強みを知ることができます

強みの分析によって人間関係の構築や仕事の充実に活かすことができ、追加料金を払うことで34の資質すべてを知ることができます

下位にある自分の弱みを知ることで、深い自己分析が期待できるでしょう。

ストレングスファインダーの受け方は次の3種類あります。

  • 書籍を購入して付属のアクセスコードを使用する
  • 公式サイトからアクセスコードを購入する
  • アプリをダウンロードする

希望する方法を選んで診断してみましょう。

ストレングスファインダーの受け方はこちら

オンラインカウンセリングを利用する

「仕事を辞めずに今の辛さを解消したい」という人は、カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

オンラインカウンセリングのcotree(コトリー)は、電話、ビデオなど自分に合った方法を選んで、いつでも好きな場所でカウンセリングを受けることができます。

最初に「マッチング診断」を行い、自分に合ったカウンセラーが選ばれます。

担当のカウンセラーが親身にあなたの悩みや不安を聞き、的確なアドバイスをしてくれるでしょう

利用した90%の人が満足しているという統計があるので、どうしても辛い人は一度試してみてください。

cotreeのマッチング診断はこちら

今の仕事をやめたい場合は退職代行の利用も

どうしても今の仕事が合わずにやめたいという場合は、退職代行サービスを利用する方法があります

退職したいけどなかなか言い出せない」「引きとめられて退職できない」といった悩みは、特にHSPの人ではありがちなこと。

「退職代行ニコイチ」は、あなたに代わって退職の手続きの一切を代行してくれます。会社への連絡や退職の手続き、有休消化などすべて丸投げOK。

自分は家にいるだけで、円満退職を代行してくれます。

さらに次の転職先を紹介するなどのサポートもあり。すぐにでもやめたいと悩んでいる人は、一度相談してみてはいかがですか?

\相談料0円!退職成功率100%!/

退職代行ニコイチ相談はこちら

HSPの特性を活かした仕事を見つけよう!


HPSの男性が抱える、仕事の悩みについて紹介しました。HSPの人は、繊細で敏感な性質を鬱陶しく思うこともあるでしょう。

しかしHSPは決して病気や弱点ではなく、ひとつの才能です。長所だということに気づき、自信を持ってください。

あとはHSPの強みを活かした仕事をするだけです。辛さを少しでも減らして、前向きに生きていきましょう。

どうしても今の仕事を辞めたいと悩んでいる人は、退職代行に相談してみてください。より自分に合った仕事を探すためにも、早めに行動することが大切です。

\相談料0円!全て丸投げOK!/

退職代行ニコイチに相談する

https://mental-kyoka.com/wp-content/uploads/2019/05/hitonohukou-kyoukan.jpg

おすすめ転職エージェントランキングTOP5

第1位:転職成功実績NO.1【リクルートエージェント】

「リクルートエージェント」が20代におすすめの転職サイト1位である理由は、「業界最大手」の名に恥じない非公開求人の多さにあります。 非公開求人はジャンルや年齢層を問わず20万件以上と国内最多。また、内定の決定数も年間2万3,000人以上、累計で32万人とNO.1です。 スキルを活かし転職をしたいというキャリアアップが目標の方はもちろん、新しい業界への挑戦を考えている、自分を採用してくれる会社があるか不安という方も「リクルートエージェント」に登録しておけば間違いありません。
【リクルートエージェント】のおすすめポイント
  • 年収アップ率62.7%
  • 土日祝日・平日20時以降も対応
  • 給与の交渉代行
  • 独自に分析した業界・企業情報の提供
  • 満足度99%面接力向上セミナー
  • 地方求人も豊富
2011年のデータではありますが、「リクルートエージェント」を利用した転職者の6割以上が年収アップを実現。 担当アドバイザーが1人1人の強みを引き出すとともに、応募先へのアピール方法や口には出しにくい転職理由をうまく伝えるアドバイスなどもしてくれます。 また、20万件以上の非公開求人には地方の求人も多く含まれているため、Uターン転職、Iターン転職、Jターン転職などしたい場合も収入を落とさず好条件で転職が可能です。
  • Uターン転職…地元に戻り転職する
  • Iターン転職…都会で育ち就職した人が地方に移住し転職
  • Jターン転職…地方で育ち、都会で就職、地元とは違う土地へ転職
日本全国の求人を保有していますが、約85%が「リクルートエージェント」のみでしか取り扱いがなく、他の転職サイトでは見ることができません。 あらゆる分野の求人が集まってくるトップサイトですので、リクルートエージェントには必ず登録しておきましょう。

\求人数NO.1!年収アップ率60%以上/

リクルートエージェントの無料登録はこちら

第2位:満足度NO.1!【doda】

第2位は「リクルートエージェント」に次いで求人数が多い「doda(デューダ)」。 非公開求人は10万件以上あり、仕事について迷走しがちな20代向けの独自のサービスが充実しています。 登録すれば定期的に開催される「doda」主催の大規模な転職フェアやセミナーに参加が可能。 企業の担当者と直接話ができるため、あなた自身の人柄を直接アピールでき、運が良ければ書類審査をパスすることができます。 実は、20代の転職活動で書類審査は「沼にハマりやすい」大事な通過点。社会に出て数年では経験も足りず、その他大勢との差を広げにくいためです。 何度も何度も練り直し、書き直し、それでも通過しないことも多い書類審査を、パスできる機会があるのは大きなメリットなのです。
【doda】のおすすめポイント
  • 年収査定、キャリアタイプ診断、合格診断などのツール
  • doda転職フェア・セミナー
  • 応募書類の書き方・面接対策
  • スカウトメール
是非利用してほしいのは「年収査定」や「キャリアタイプ診断」など自分の現在の年収が本当に妥当なのかどんな仕事や働き方が向いているのかなど無料で診断できる独自ツール。 自分の現状を知ることが転職活動の第一歩になります。 また、「doda」は他サイトと比較してもスカウトメールが届く回数が圧倒的に多いのが特徴。 中には「面接確約オファー」や「プレミアムオファー」など書かれたメールが届くこともあります。 「面接確約」や「書類選考免除」などのスカウトなら、最短ルートでの内定がもらえる可能性大! 転職したくても「もし失敗したら?」と不安になってしまう方もいると思いますが、「doda」に登録しておけば転職に関する不安も嘘のようになくなるはずです。

\「自分の市場価値」を診断できる/

dodaの無料登録はこちら

第3位:独占求人多数!【マイナビエージェント】

20代におすすめの転職サイト第3位の「マイナビエージェント」は20代~30代前半に強い転職サイト。 3位の理由は新しい業界へ挑戦したい方向けの未経験でも応募可能な求人も多いことが1つ。 もう1つは、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業などの求人が豊富で、特定の分野に特化した転職のノウハウを持っていることです。 「マイナビエージェント」のみが保有する「独占求人」も非常に数が多く、保有する案件の約8割が非公開求人。業界に詳しい担当者がプロの目線でアドバイスをしてくれます。
【マイナビエージェント】のおすすめポイント
  • 「転職成功」のノウハウを伝授
  • 面接日、年収、入社日などの条件交渉を代行
  • 推薦状を書いてくれる
  • 求人票だけでは分からない会社の雰囲気や情報を網羅
入社後に後悔しない転職のためにも、企業の社風や雰囲気、平均残業時間、業界の成長性・動向など、有益な情報を共有。 転職後の3年後、5年後を見据え、新たな分野への挑戦にも親身にアドバイスをくれるのが魅力です。 新しい分野に挑戦したい、選択肢を広げたいという方、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業へスキルを活かし転職したい方は「マイナビエージェント」の登録がおすすめです。

\未経験OK!独占求人が豊富!/

マイナビエージェントの無料登録はこちら

第4位:転職者の約71%が年収アップ!【type転職エージェント】

第4位は、20代や30代前半の若年層向けの転職サイト「type転職エージェント」です。 業界に精通したエージェントが転職成功へ向けサポートを行ってくれ、2015年には利用した約71%の人が年収が上がったという実績も残していることがランクインの理由です。 年収アップを念頭におき、転職活動をサポートしてくれるため、確実にキャリアアップしたいという方に特におすすめです。 総合人材サービスの「キャリアデザイナー」が運営していることもあり、大手企業やベンチャー企業などの独自の求人も多く、特にIT系やエンジニアなどの求人が充実しています。
【type転職エージェント】のおすすめポイント
  • 「転職力診断テスト」
  • こだわり検索
  • 転職者の約71%が年収アップ
「type転職エージェント」で特に評価が高いのが「転職力診断テスト」。 約13万人の職種・年齢別経歴などのデータを元に、選択式の簡単な質問に答えていくことで、「強み」や「不足しているスキル」などを細かく分析してくれます。 診断が的確で、自分では気づけないような新しい可能性を発見できることから、転職を意識し始めたばかりの人はもちろん、転職活動がなかなかうまくいっていない人にもぜひ挑戦してみて欲しいサービスです。 また、「type転職エージェント」は求人のこだわり検索項目も非常にユニーク。 「受かりやすい順」「月間の目安残業時間」など、他では見られないが「知りたい条件」で絞り込むことで希望にあった求人を探すことができます。 また、IT・通信系、営業職などに特化しており、独自の求人も豊富です。 ただ、東京や大阪など都市部での転職活動であれば豊富な求人を紹介できますが、地方によってはほんの数件しか取扱がないため注意しましょう。 「リクルートエージェント」や「doda」など総合型の転職サイトにも登録し、あわせて使用するのがおすすめです。

\【東京・大阪】質の高い案件が豊富/

type転職エージェントの無料登録はこちら

第5位:顧客満足度調査NO.1【パソナキャリア】

20代におすすめの転職サイト、第5位は「パソナキャリア」です。 2019年オリコン顧客満足度調査でNO.1を獲得するなど、サポートの手厚さ、丁寧さで特に人気ですが、丁寧な分スピード転職を希望している方には不向きという理由で5位に。 ただ、求人数は3万件と「リクルートエージェント」や「doda」と比較すると量は少ないながらも、人材総合サービスのパソナグループのコネを活かした質の高い求人が多くあります。
【パソナキャリア】のおすすめポイント
  • 業界ごとのチーム体制
  • 面接対策・職務経歴書のサンプルやフォーマット
  • 年収診断
  • 女性の転職にも強い!
「パソナキャリア」では業界ごとに担当者を置いており、専門性の高い業界でも特有の悩みや不安に寄り添い、丁寧なサポートを受けることができます。 また、女性の転職活動支援に特化した専門チームもあり、1人1人に寄り添い丁寧にサポートを行ってくれます。 「パソナキャリア」では、面接や書類の対策など基本的なことにもしっかり対応しつつ、転職者1人1人が抱える背景を考慮した、丁寧なサポートが魅力です。 業界ごとに「専任キャリアアドバイザー」がいることで、深い知識と濃い情報を聞くことができるとともに、理にかなったアドバイスを聞くこともできます。

\満足度No.1!スペシャリストがサポート/

パソナキャリアの無料登録はこちら

この記事が気に入ったらシェア

フォローする