HSPの結婚の難しさ、困り事について

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

「非常に繊細であらゆる刺激に敏感な気質のHSPの人は結婚できない」と主張するわけではありませんが、HSPについて調べていくうちに感じたのは、(主に)結婚後の生活に関する難易度の高さ、繊細さから来る悩みや困り事の多さです。

  • 愛している人とはいえ、自分以外の他人と共同生活を行う事への精神的な負担
  • 社会的な責任を背負うことへの負担・不安。(扶養、扶助、子供ができたなら親権とかも…)
  • 義・実父母、親戚との付き合い方
  • 子育てに関する諸々
  • 共依存、DV、モラハラへの懸念

など、少々考えすぎな所があるかもしれませんが、独り身のときとは違う新たな刺激ゆえに、結婚生活後に精神的な負荷が重すぎるあまりに、キャパオーバーする危険性がHSPにはあると感じます。

HSPの結婚の難しさ

自分以外の人と一緒に生活を行うことのハードルの高さ

HSPの人の繊細さは、人間関係における場の雰囲気、空気感、話し声、物音、仕草…など、人間が発するあらゆる言動に対しても強く反応してしまい、その度に人にはなかなか理解されない苦悩や辛さを抱えることがあります。

そのため、あまり人が多いところには集まろうとしなかったり、普段から一人で静かな環境で暮らすことを望む。いわゆる内向的で人とあまり関わらなくても住む生活の方が安心感を得られとされてます。

そんなHSPの人にとって、たとえ自分の好きな人であっても、その人と結婚して一緒の家に長年生活をともにするうちに、パートナーの嫌なところ見えてきたり、自分にとって不快な点が出て来たとき(例:家事、家系に対するだらしがなさが出てきた…など)に、持ち前の繊細さを発動してストレスを抱えてしまう可能性があります。

とくに同棲無しで結婚するとなった場合、良くも悪くも結婚後のパートナーの暮らしぶりが分かってしまい、そのことで「こんなはずではなかった…」と気づいてしまう。

しかし、結婚している以上後には引けず、モヤモヤとした気持ちを抱えたまま、持ち前の繊細さに苦しむ結婚生活を送る羽目になるイメージは持っておいて損はないと思います。

責任の増加、環境の変化の多さでキャパオーバーの可能性が上がる

結婚すれば、社会的な責任を負い精神的な負担が増えます。

冒頭でも触れたように、同姓、同居、扶助・扶養義務、不貞行為の禁止など法律(民法)面での責任を負ったり、子供ができれば保護者として子供育てることなど、独り身の時のような気楽さは失います。

まさに、

健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?

と、牧師さんが結婚式で言う誓いの言葉にあるように、結婚するパートナーに対して義務と責任を負うことを覚悟しておかなければいけません。

また、結婚したからといって順風満帆なことばかりではありません。

出産、育児など新たな命を育てる時にかかる負担。失職、大病により今までのような生活が送れなくなったときの不安。

そして、老いてきた親の介護をしたり、逆に自分が介護される側になったとき…など、将来起こりうる負担に対して繊細さを発動してキャパオーバーしないように、あらかじめ準備をしたり、交友関係を広げてセーフティネットを張っておくなど、繊細な自分が潰れないための策を練ることが欠かせないと感じます。

スポンサーリンク

義父母・実父母や親戚との付き合い方

結婚するとなれば、パートナーの両親(義父母)と自分の両親(実父母)との付き合い方もHSPの人を苦しめる要因になります。

例えばパートナーはHSPな自分に好意的であっても、パートナーの両親が否定的であったり、HSPの人とは相性が良くない性格や言動の持ち主である場合は、今後付き合う上で疲れる場面が多くなるであろうことが想像できます。

また、(義・実)父母と一緒に住むとなれば、ただでさえ集団生活が苦手とするHSPの人にとっては、普段から負担が多い生活を強いられ疲労を抱えることも考えられます。

そのほかにも、

  • 親戚づきあいが盛んである
  • 頻繁に連絡や贈り物のやり取りをする
  • 自分たち夫婦の生活面での口出しが多いる(例:「孫はまだか?」)

など、お互いの生活や親族・親戚内の取り決めごとなどに押しつぶされて、精神的に摩耗するであろうことが、HSPの人の結婚生活後に待ち受けていると言えます。

なお、HSPの歴史は浅く知名度も低いので、年が離れている(実・義)父母が知識として知っている可能性は低くなります。

HSPであることを公言しても理解してもらっても、そもそもHSPが何の事から分からずに理解されないままで終わったり、障害や疾患を持っているなどあらぬ誤解をさせてしまう可能性もあるので、「正直に打ち明ければOK」とは一概に言えないと感じます。

子育てに振り回されて疲弊するリスク

もしも子供が欲しいとなった場合、HSPの人は

  • 子供のあらゆる声や仕草に過剰に反応する。
  • 子育ての手間、やるべき事の多さ、煩雑さに圧倒される。
  • 子供を中心とした生活に自分を合わせる事に人一倍苦労する。(手のかかる時期の子供ならなおさら…)
  • 子供を通じた人間関係(ママ友、保育園・学校の先生、PTAなど)にめんどくささを覚えるも子供のことを考えればおろそかにはできないので、人間関係に義務感を覚える。

など、いわゆる子育てに関わる事柄に振り回され、精神的に疲れてしまいやすいことが課題として挙げられます。

また、HSPは罪悪感を抱きやすい傾向があるために、場合によっては子育てだけでなく、子供のことが嫌いなると同時に「子供が嫌いな自分が嫌い」という自己嫌悪の念に苛まれるケースが起きかねないとも言えません。

なお、ある程度大きくなって手がかからなくなった時期になれば、今度は中学・高校受験、反抗期など、精神的にも経済的にもまた別の乗り越えるべき課題が出てきます。(…子育てに関して暗い話ばかりになるのはなんだか心苦しいですが)

関連記事

HSPが罪悪感を感じやすい理由・背景
HSPの人が罪悪感を感じやすい理由や背景について、具体例やその時の心理・感情をもとに解説してまとめています。また、HSPの人が罪悪感から開放されるためのコツや考え方についても触れています。

共依存、モラハラ、DVの被害者になる懸念

HSPの人は、他人の内面や心の深い部分に対しても繊細であり、悩みに強い共感を示したり、まるで自分のことのように寄り添える優しさを持っている気質でもあります。

しかし、これはいいことばかりでなく、場合によってパートナーに深く寄り添い過ぎて「自分にはこの人しかいない」パートナーに精神的に依存してしまう。

ただ依存するだけにとどまらず、モラハラやDVの被害者となってまでもパートナーに依存してしまう。そして、パートナーも自分に依存する…という共依存関係になりやすさがある点は、知っておくべきと言えます。

関連記事

HSPの人がモラハラのターゲットにピッタリな理由
繊細で人間関係の機微に敏感なHSPの人の特徴を調べるうちに、ふと感じたことが、HSPの人はモラハラの加害者から見て非常に好都合な点が多いとい

スポンサーリンク

結婚はなるべく精神的な負担の少ないものを選ぶ

なんだか暗い話ばかりになってしまいましたが、もちろん「HSPは結婚が絶対できない!」というつもりはありません。

しかし、自身のHSPの気質にあった結婚生活や結婚後の計画を立ておかず、なんとなく世間一般の結婚像に合わせた生活を送ると、生きづらさを感じてしまう可能性があります。

ですので、もしもHSPの人が結婚をする場合は常識、慣習、世間体ばかりを優先するのではなく、自分の精神的な健康や繊細さからくる疲れを癒す時間を優先するなど、自分の気質にあった生活を計画することが大事だと感じます。

関連記事

HSPの恋愛の特徴について
繊細で敏感な気質の人のことをHSPと呼びます。HSPの人の恋愛はすぐに相手のことを好きになってしまったり、相手に共感しすぎるあまりにベタベタとした距離感の近い恋愛になる傾向があります。
HSP同士の恋愛のメリット・デメリット
繊細で何事にも動揺しやすい気質であるHSPの人に取って、恋愛をすることは一言でいえば疲れるものだと言えます。 そもそも人間関係に対して