意識高い系が「痛い」と感じる心理について

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

意識高い系の人の行動は、見ていると恥ずかしさのあまりに目を背けたくなる衝動に駆られるものが目立ちます。

彼らの行動には、いわゆる「痛い」と感じてしまうものが多く、時には失笑を誘い、時には滑稽のあまりに珍しい物を見物するかのような気持ちになってしまう人もきっと多いことでしょう。

覚えたての横文字単語を使って、さもビジネスセンスがあるような話し方をしたがる。自己啓発書に感化されたのか、熱意を込めて覚えたての抽象論や理想論を語りたがる。

しかし、当の本人はというと、周囲と比較して頭が良いとか、何か優れている才能があるというわけではなく、言葉の説得力や重みがまるで感じられない。それどころか話を見聞きしても「彼の話には内容が無いよう」だという虚無感を覚えてしまうものです。

でも、そんなことお構いなしに、自信満々に意識の高い言動を続ける姿勢に、なんだか気恥ずかしい気持ち…つまり「痛い」と感じるのです。

今回は、そんな意識高い系の人を見て感じる「痛い」という心理について、お話しいたします。

関連記事

意識高い系が口だけになる理由について
意識高い系の人は威勢のいいことはしつこく言うものの、実際は口だけばかりでロクな結果や成果を残せていない…という、残念っぷりが目立つものです。

スポンサーリンク

ダニング=クルーガー効果から見る意識高い系

ダニング=クルーガー効果とは、

能力の低い人物が自らの容姿や発言・行動などについて、実際よりも高い評価を行ってしまう優越の錯覚を生み出す認知バイアス。

(wikipedia ダニング=クルーガー効果より)

という、現象をさします。

能力の低さゆえに

1.自身の能力が不足していることを認識できない
2.自身の能力の不十分さの程度を認識できない
3.他者の能力を正確に推定できない
4.ただし、その能力について実際に訓練を積んだ後であれば、自身の能力の欠如を認識できる。

と、自分の能力を客観的に見てどのレベルに属するものなのかが分からないし、能力が低いことを認識できていない。

もちろん、自分だけでなく他人の能力も客観的に見れないために、自分を過剰評価(あるいは他人を過小評価)してしまい、妙な優越感を覚えてしまう現象です。過大評価も過小評価もどちらも、能力を客観的かつ正確に把握しているものではありません。

能力を測るモノサシ(学力なら偏差値、スポーツなら公式記録など)についての知識も不足し仮に、モノサシとなるものを知っていたとしても、その数値が実力以上に優れているものだとバイアスをかけて解釈してしまうために、自分を過大評価することにつながるのです。

意識高い系の痛い言動は、ダニング=クルーガー効果を元に考えると、

  1. 意識を高く見せている能力が、実はそれほど優れているわけではにことを理解していない
  2. 意識を高く見せている能力が、社会や世間から見てどのように評価されているかを客観的に見れていない。
  3. 他人が持っている能力についても客観的に見れておらず、他人を見下し自分の能力を過信するような言動をしてしまう。

という、自分自身を客観的に見る視点(=メタ認知)や、調べるための知識が不足しておりどう考えても未熟さが目立つ…にもかかわらず、自分のことを素晴らしい人間だと思い込んでいるギャップが強いために、滑稽でシュールでどこか恥ずかしさを感じてしまうのです。

意識高い系に感じる「痛さ」と「無知の知」

哲学者ソクラテスの言葉「無知の知」とダニング=クルーガー効果には、深い関連性があります。

「無知の知」といえば、自分自身が無知であるということを知っている事を指す言葉であり、知識の探求においては、まずは自分自身が無知であるという自覚を持つことが重要だという文脈で使われる言葉です。

「『自分自身が無知である』ということを知っている」という構図からも、これは自分自身を客観的な視点から認知すること。つまり、メタ認知を指す言葉でもあります。

学問に限らず、スポーツや仕事で初心者がさもベテランのように知ったかぶりをするのは、まさに無知の知に気づいていないからで、そんな浅はかさを意識高い系の痛い行動から感じます。

意識高い「系」を脱却するチャンスを失ってしまう意識高い系

意識高い系の痛いと感じる行動は、お世辞にも自分のことを客観的に見ているようにも感じらないものです。

そもそも狭くて限られた情報しか頭にないのに、自分と同じような客観的に物事を考得ることができず、自分と似たような価値観や考え方をする偏った意識他界系の人たちで集まる。

そして、自己啓発本かセミナーかで仕入れた断片的な知識を無批判に受け入れると同時に、それを復唱するかのように口にする。

その姿は個性的に見えて実は没個性的。そのおかしさを指摘する人の存在がきっかけとなって、自身の無知さや愚かさを自覚する…となればいいのですが、多くは指摘の言葉を

  • 「意識高い系の自分に嫉妬しているだけ」
  • 「アンチができるほど自分は有名になった証拠」

と、主観的かつ自分の評価を上げるための材料として扱ってしまい、自分自身の愚かさを自覚し、意識高い「系」を脱却するチャンスを自ら失ってしまいます。

こうして、意識高い系は自分の実力を客観的に判断することなく、限られた情報や自分にとって都合のいい情報ばかりを入手し、バイアスをかけて自分を過大評価して持ち上げる、他人を過小評価して相対的に自分をよく見せる、痛い行動を連発してしまうのです。

自分の馬鹿さ加減がわからない意識高い系

(話がガラッと変わって申し訳ありませんが)

ゲーム「ペルソナ5」の敵キャラで、某秒速で億稼ぐ情報商材屋をモデルにしていると思われる金城潤矢(シャドウカネシロ)のセリフでこんなものがあります。

『若いってのは罪だよなぁ!世間知らずで無鉄砲。自分の馬鹿さ加減もわからねぇ。』

この言葉は主人公である高校生(プレイヤー)たちに向けられた言葉であると同時に、自分の能力が客観的に見てどの位置に属すのかを客観的に認知できていない意識高い系の人、無知の知を自覚していない人、能力がないのにもかかわらず自分を課題評価している「痛い」人達を、まさに痛烈に皮肉するセリフだと感じます。

馬鹿だから自分の能力を客観的に把握できないし、馬鹿ゆえに自分の馬鹿さ加減が客観的に見てどれぐらいの位置に属するのかも把握できない。

『世間知らずで無鉄砲。自分の馬鹿さ加減もわからねぇ。』という言葉は、まさに「無知の知」を自覚していないことと同じでしょう。

悪い大人に利用されている可能性を自覚できていないことが意識高い系の痛さを増す

なお、ゲームでは上のセリフのあとに

『そんなヤツら、搾取しなきゃ、もったいないだろ?』

と続きます。

金城潤矢は若者を中心に裏稼業の斡旋、及びそれを脅迫材料にして金を巻き上げる極悪人という設定。このセリフは、無知な若者に漬け込む金城の外道っぷりがよく現れているセリフです。

意識高い系が実際に詐欺被害に合っているかとか、犯罪に巻き込まれていると決め付けるつもりはありませんが、客観的に見て本当に血肉となる内容があるのかどうかが疑わしい、自己啓発本やセミナーに多くの時間と金銭をつぎ込む光景が目立ちます。

最近ならSNS上で多くのフォロワーがおり影響力を持つインフルエンサー(インフルエンザではない)のイベント、オンラインサロン、ウェブ配信などあらゆるサービスを、意識高い系と呼ばれる人がありがたがって利用している光景を見聞きします。

ただし、そのサービスはというと、自己啓発本やセミナーを更に薄めたように感じるもので、まさに内容が無いようなものです。ですが、それすらも大変ありがたがって課題評価すると同時に、そんなサービスを利用している自分は素晴らしいのだと自慢気に話す意識高い系の盲目さにはどこか恐ろしさのようなものを感じます。

こうした光景は、意識高い系と呼ばれる人が、胡散臭い商売をする人に取ってのカモとして認知されているように傍目から見えます。

そして、まるでカルト宗教の信者のように購入したサービスを有り難がり盲信すらも見えてしまうその光景は、なんだか悪い大人にたぶらかされている無知な若者を見ているようで、なんともいえない複雑な気持ちになります。

しかし、当の意識高い系の本人が「自分は胡散臭い商売のカモになっている」という客観的な認知すらできないどころか、サービスも自分も素晴らしいと過大評価してしまっている。

胡散臭いサービスを展開する人からすれば、自分が提供しているサービスのクオリティの低さにツッコミが入らないどころか、高評価のレビューまでしてくれるために、意識高い系はとても好都合な顧客なのかもしれません…。

意識が高くなく平凡な人間という事実を受け入れることが、意識高い系の痛さからの脱却となる

意識高い系のように、未熟で無知な自分を自覚せず、一生井の中の蛙として大きな世界を知らずに自分の知っている世界の中でのうのうと生きていければ、それはそれで幸せなのかもしれません。

自分の馬鹿さ加減がわからないから、傍から見れば胡散臭い大人から搾取されていることすら、自分への投資だの勉強だのと言いはれる度胸は、先行きが見えない現代社会では貴重かもしれません。

しかし、自分の無知さに自覚できないままでは、いつま経っても意識高い「系」のままであり、自分が理想とする意識の高い人には近づけません。

自分の未熟さや無知さを自覚し、現実の自分は特別でもなんでもなくごく平凡で普通の人間であるという残酷な事実を受け入れないまま、自分の見たいもの、聞きたいものばかりを追い求めようものなら、それこそ意識高い系が喜ぶようなサービスを展開している胡散臭い人の顧客のままでしょう。

意識高い系の人には、ただ自分は素晴しいという過大評価の他にも「自分は他の人間とは違って特別な存在なんだ」という強い思い込みも感じられます。

しかし、それはあくまでも思い込みでしかありませんが、思い込みであるという残酷な事実を受け止めて乗り越えられれば、意識高い「系」の脱却へと繋がると感じます。

…ただし、自分は平凡だと受け入れることは、そう簡単なことではなく辛く、苦しく、身も蓋もない事実の前にプライドを木っ端微塵にされ、打ちのめされそうになることでしょう。

そうした苦悩をなんとなく想像できるからこそ、意識高い「系」を脱却することを先送りにして、現状に甘んじてしまう…これもまた、意識高い系の「痛さ」なのかもしれません。

関連記事

意識高い系に感じる苦手意識の正体
意識高い系の人は、何かと自己アピールをしたり秋に対して格言や有名人の言葉をばらまくものです。 しかし、その行動に対してなんとなく苦手意

https://mental-kyoka.com/wp-content/uploads/2019/05/hitonohukou-kyoukan.jpg

おすすめ転職エージェントランキングTOP5

第1位:転職成功実績NO.1【リクルートエージェント】

「リクルートエージェント」が20代におすすめの転職サイト1位である理由は、「業界最大手」の名に恥じない非公開求人の多さにあります。 非公開求人はジャンルや年齢層を問わず20万件以上と国内最多。また、内定の決定数も年間2万3,000人以上、累計で32万人とNO.1です。 スキルを活かし転職をしたいというキャリアアップが目標の方はもちろん、新しい業界への挑戦を考えている、自分を採用してくれる会社があるか不安という方も「リクルートエージェント」に登録しておけば間違いありません。
【リクルートエージェント】のおすすめポイント
  • 年収アップ率62.7%
  • 土日祝日・平日20時以降も対応
  • 給与の交渉代行
  • 独自に分析した業界・企業情報の提供
  • 満足度99%面接力向上セミナー
  • 地方求人も豊富
2011年のデータではありますが、「リクルートエージェント」を利用した転職者の6割以上が年収アップを実現。 担当アドバイザーが1人1人の強みを引き出すとともに、応募先へのアピール方法や口には出しにくい転職理由をうまく伝えるアドバイスなどもしてくれます。 また、20万件以上の非公開求人には地方の求人も多く含まれているため、Uターン転職、Iターン転職、Jターン転職などしたい場合も収入を落とさず好条件で転職が可能です。
  • Uターン転職…地元に戻り転職する
  • Iターン転職…都会で育ち就職した人が地方に移住し転職
  • Jターン転職…地方で育ち、都会で就職、地元とは違う土地へ転職
日本全国の求人を保有していますが、約85%が「リクルートエージェント」のみでしか取り扱いがなく、他の転職サイトでは見ることができません。 あらゆる分野の求人が集まってくるトップサイトですので、リクルートエージェントには必ず登録しておきましょう。

\求人数NO.1!年収アップ率60%以上/

リクルートエージェントの無料登録はこちら

第2位:満足度NO.1!【doda】

第2位は「リクルートエージェント」に次いで求人数が多い「doda(デューダ)」。 非公開求人は10万件以上あり、仕事について迷走しがちな20代向けの独自のサービスが充実しています。 登録すれば定期的に開催される「doda」主催の大規模な転職フェアやセミナーに参加が可能。 企業の担当者と直接話ができるため、あなた自身の人柄を直接アピールでき、運が良ければ書類審査をパスすることができます。 実は、20代の転職活動で書類審査は「沼にハマりやすい」大事な通過点。社会に出て数年では経験も足りず、その他大勢との差を広げにくいためです。 何度も何度も練り直し、書き直し、それでも通過しないことも多い書類審査を、パスできる機会があるのは大きなメリットなのです。
【doda】のおすすめポイント
  • 年収査定、キャリアタイプ診断、合格診断などのツール
  • doda転職フェア・セミナー
  • 応募書類の書き方・面接対策
  • スカウトメール
是非利用してほしいのは「年収査定」や「キャリアタイプ診断」など自分の現在の年収が本当に妥当なのかどんな仕事や働き方が向いているのかなど無料で診断できる独自ツール。 自分の現状を知ることが転職活動の第一歩になります。 また、「doda」は他サイトと比較してもスカウトメールが届く回数が圧倒的に多いのが特徴。 中には「面接確約オファー」や「プレミアムオファー」など書かれたメールが届くこともあります。 「面接確約」や「書類選考免除」などのスカウトなら、最短ルートでの内定がもらえる可能性大! 転職したくても「もし失敗したら?」と不安になってしまう方もいると思いますが、「doda」に登録しておけば転職に関する不安も嘘のようになくなるはずです。

\「自分の市場価値」を診断できる/

dodaの無料登録はこちら

第3位:独占求人多数!【マイナビエージェント】

20代におすすめの転職サイト第3位の「マイナビエージェント」は20代~30代前半に強い転職サイト。 3位の理由は新しい業界へ挑戦したい方向けの未経験でも応募可能な求人も多いことが1つ。 もう1つは、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業などの求人が豊富で、特定の分野に特化した転職のノウハウを持っていることです。 「マイナビエージェント」のみが保有する「独占求人」も非常に数が多く、保有する案件の約8割が非公開求人。業界に詳しい担当者がプロの目線でアドバイスをしてくれます。
【マイナビエージェント】のおすすめポイント
  • 「転職成功」のノウハウを伝授
  • 面接日、年収、入社日などの条件交渉を代行
  • 推薦状を書いてくれる
  • 求人票だけでは分からない会社の雰囲気や情報を網羅
入社後に後悔しない転職のためにも、企業の社風や雰囲気、平均残業時間、業界の成長性・動向など、有益な情報を共有。 転職後の3年後、5年後を見据え、新たな分野への挑戦にも親身にアドバイスをくれるのが魅力です。 新しい分野に挑戦したい、選択肢を広げたいという方、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業へスキルを活かし転職したい方は「マイナビエージェント」の登録がおすすめです。

\未経験OK!独占求人が豊富!/

マイナビエージェントの無料登録はこちら

第4位:転職者の約71%が年収アップ!【type転職エージェント】

第4位は、20代や30代前半の若年層向けの転職サイト「type転職エージェント」です。 業界に精通したエージェントが転職成功へ向けサポートを行ってくれ、2015年には利用した約71%の人が年収が上がったという実績も残していることがランクインの理由です。 年収アップを念頭におき、転職活動をサポートしてくれるため、確実にキャリアアップしたいという方に特におすすめです。 総合人材サービスの「キャリアデザイナー」が運営していることもあり、大手企業やベンチャー企業などの独自の求人も多く、特にIT系やエンジニアなどの求人が充実しています。
【type転職エージェント】のおすすめポイント
  • 「転職力診断テスト」
  • こだわり検索
  • 転職者の約71%が年収アップ
「type転職エージェント」で特に評価が高いのが「転職力診断テスト」。 約13万人の職種・年齢別経歴などのデータを元に、選択式の簡単な質問に答えていくことで、「強み」や「不足しているスキル」などを細かく分析してくれます。 診断が的確で、自分では気づけないような新しい可能性を発見できることから、転職を意識し始めたばかりの人はもちろん、転職活動がなかなかうまくいっていない人にもぜひ挑戦してみて欲しいサービスです。 また、「type転職エージェント」は求人のこだわり検索項目も非常にユニーク。 「受かりやすい順」「月間の目安残業時間」など、他では見られないが「知りたい条件」で絞り込むことで希望にあった求人を探すことができます。 また、IT・通信系、営業職などに特化しており、独自の求人も豊富です。 ただ、東京や大阪など都市部での転職活動であれば豊富な求人を紹介できますが、地方によってはほんの数件しか取扱がないため注意しましょう。 「リクルートエージェント」や「doda」など総合型の転職サイトにも登録し、あわせて使用するのがおすすめです。

\【東京・大阪】質の高い案件が豊富/

type転職エージェントの無料登録はこちら

第5位:顧客満足度調査NO.1【パソナキャリア】

20代におすすめの転職サイト、第5位は「パソナキャリア」です。 2019年オリコン顧客満足度調査でNO.1を獲得するなど、サポートの手厚さ、丁寧さで特に人気ですが、丁寧な分スピード転職を希望している方には不向きという理由で5位に。 ただ、求人数は3万件と「リクルートエージェント」や「doda」と比較すると量は少ないながらも、人材総合サービスのパソナグループのコネを活かした質の高い求人が多くあります。
【パソナキャリア】のおすすめポイント
  • 業界ごとのチーム体制
  • 面接対策・職務経歴書のサンプルやフォーマット
  • 年収診断
  • 女性の転職にも強い!
「パソナキャリア」では業界ごとに担当者を置いており、専門性の高い業界でも特有の悩みや不安に寄り添い、丁寧なサポートを受けることができます。 また、女性の転職活動支援に特化した専門チームもあり、1人1人に寄り添い丁寧にサポートを行ってくれます。 「パソナキャリア」では、面接や書類の対策など基本的なことにもしっかり対応しつつ、転職者1人1人が抱える背景を考慮した、丁寧なサポートが魅力です。 業界ごとに「専任キャリアアドバイザー」がいることで、深い知識と濃い情報を聞くことができるとともに、理にかなったアドバイスを聞くこともできます。

\満足度No.1!スペシャリストがサポート/

パソナキャリアの無料登録はこちら

この記事が気に入ったらシェア

フォローする