ひねくれた性格の人との上手な付き合い方について

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

素直じゃない、考えすぎる、ネガティブ思考が強い…など、いわゆる「ひねくれている」と表現される性格の人と付き合うのは、心身共に疲労することが多いものです。

しかし、かと言って「ひねくれているから、あなたとは関わりません」と言えるほど、人間関係をブロックすることは現実的に考えれば難しいものです。

例えば、ひねくれている人が自分の上司・同僚・部下・クライアントなど仕事の都合上切るに切れない間柄の人や、自分の友人、好きな人、パートナー(及びその親族・親戚)、子供などとなれば「あなたはひねくれているからブロックします」と言おうものなら、自分の人間性が疑われてしまうのは想像に難くないものです。

それゆえに、ひねくれている人との上手な付き合い方は、身につけておいて損はありません

スポンサーリンク

ひねくれた性格の人との付き合い方で気をつけるべきこと

ひねくれたものの見方を真っ向から否定しない

ひねくれている人に対して

  • 「ひねくれた考え方は直すべきだ」
  • 「後ろ向きな考え方よりも、前向きで建設的な考え方をすべきだ」
  • 「ひねくれた考え方なんかつまらないから、今すぐやめるべきだ」

など、相手の考えを真正面に否定する発言を避けるのが大前提です。

もちろん、ひねくれた考え方のせいで日頃からストレスを抱えている人からすれば、鬱憤を晴らす意味合いを兼ねてストレートに言ったほうが気分が楽になるかもしれませんが、その場合自分だけが満足すると同時に、強く否定された相手は深く傷ついてしまいます。

下手をすれば、強く否定されたことで余計にひねくれ度合いを強めてしまい、逆効果になることも起こりえます。

どうしてひねくれてしまっているのか、ひねくれた言動の裏にはどういった心理や思惑が隠されているのか…という、相手の視点に寄り添うことを放棄した関わり方は、自分の傲慢さをより強めてしまい、ひねくれている人との衝突を招く原因になります。

「ひねくれている人を正す」という正義感に溺れず、しっかり自分が向き合う相手の考えに寄り添って、理解や興味を示すことが大事です。

「世間一般的に見て~」「常識的に考えて~」という言葉で説得するのを控える

ひねくれている人は、ひねくれているがゆえに世間一般や常識的なものの見方とは食い違うことが多いものです。

一般的な常識とは食い違うことが多いために、正しい常識とは一体何なのかを説明するように「世間一般的(常識的)には~」という言葉を用いて接してしまうのも、無理はないものです。

しかし、ひねくれている人はただ自分の意思で常識に反発しているのではなく、自身が持っている強い思い込みや不安、恐れなどが引き金となった結果としてひねくれているために、世間や常識などを振りかざしても響きにくいのです。

ですので、相手と関わる場合は「私はあなたに○○して欲しい」と私(自分)を主語にして、話かけることを意識するのが大事です。

「ひねくれている性格は世間一般から見て変えて欲しいのではなく、私が変えてほしいと感じている」と、自分を主語にして変わってもらいたい気持ちを伝えること。そして、変わってくれたら「私はあなたの事を認めますよ」と受け入れる態度を持つことが大事です。

ひねくれている人を見下しの目で接しないように心がける

ひねくれている人と関わる場面にて、その人の事を「ひねくれている=自分の考え方を改善する気がない怠け者である」と結論づけて、見下しや軽蔑の目で見ない事が肝心です。

どうしても、ひねくれている人は

  • 子供のように拗ねていて情けない人
  • ひねくれた考え方のせいで人に迷惑をかけている自覚ができない残念な人
  • 素直じゃないせいで、いつも誰かをイラッとさせる迷惑な人
  • かわいそうな考え方に縛られていて見ているだけでも哀れに思えてくる人

と、非常に否定的な印象で語られることが多く、つい無意識のうちに見下しの目で見てしまうことが多いものです。

しかし、かと言って見下しの目をしたまま相手と関わるとなれば、相手を一人の対等な人間として扱おうとしない行動を肯定してしまう。つまり、見下した相手には容赦しない、自分の横暴で傲慢な態度そのものを肯定してしまう原因にもなります。

また、他人を見下しそれでうまく人間関係をやってのける自分を周囲にアピールすること自体、たいへんリスクのある行為とも言えます。

「私は見下した相手には容赦しませんよ」と威圧しながら緊張感を与え続ける間関係は、決して上手な人間関係とは言えないことは、この記事を読んでいる方であれば自ずと理解できることだと思います。

短期間でひねくれた性格が急激に変わることを期待しない

ひねくれた人に対して、性格を変えて欲しいと願うこと自体は否定しませんが、その願望が「短期間で急激に変わってほしい」と急な変化を求めてしまうものになると、関わりを持つことそのものに苦しさを覚える原因になります。

ひねくれたものの見方が、その人の生育環境や学生時代の人間関係・環境など、数年~十数年単位で育まれたものであるのに、それを無視して数日か数週間でガラッと変わることを期待しても、それはあまりにも現実離れした自分に都合のいい期待です。

当然、そんな期待では「どうして性格を変えようとしないの?」と、自分の都合のいい期待が裏切られたことで相手を問いただしたくなったり、見放したくなる気持ちが出てきてしまい、関係を続けるのが辛くなるのは無理もありません。

また、ひねくれている人からしても、「勝手に期待をかけられて、それが叶えられなかったら手のひらを返して否定する困った人」と感じて、お互いにその後の関係がギクシャクする原因になりかねません。

こうならないためにも、性格が急変することを望まず、ゆっくりと少しずつ変わっていく姿を穏やかに見守る姿勢を持つことが大事です。

(なお、ひねくれたものの見方が短期間で変わることの難しさが影響して、ひねくれている人と好き好んで付き合う人は出にくい…というのも、残酷なようで妙にしっくりくる事実と感じます。)

「ひねくれた性格が完璧に変わらなくてもいい」という姿勢を持つ

ひねくれた性格を変えて欲しいと願う人に多いのが、ひねくれている部分が全てなくなって、完璧に素直な性格になることを期待している人です。

ひねくれている言動が10種類あったら、その10種類が全て無くななる。ひねくれ要素が全部消え、完全に浄化されてはじめて「ひねくれていない」と認識するような人がこれにあたります。

こうした相手に完璧を求める姿勢は、相手が精神的な負担を感じてしまって関わりづらさを抱く。そして、他人が完璧に変わらないことに対して自分が苛立ちや不満を感じてしまう原因になります。

繰り返しますが、ひねくれている性格を変えて欲しいと願うことは否定しませんが、その願望が「完璧に変わってくれる」というエスカレートしたものにならないように心がけておくことが大事です。

むしろ「完璧に変わらなくてもいい」という姿勢を見せておき、相手に余計な緊張感を抱かせず、相手の考えを尊重する姿勢を持つ方が、上手な関係を続けていくためには大事と言えます。

お互いに適度な距離感を保つようにする

ひねくれている人に対するNGな行動について数多く触れきましたが、かと言ってひねくれている人の言いなりになることを推奨しているわけではありません。

当然ながら自分がされて嫌なことや困ることをされたら、それに対して毅然とした態度で対応し、「ここは譲れませんよ」という姿勢を見せて、距離感を適度に保つことが大事です。

距離感は相手の言い分をなんでも受け入れてしまえば近すぎて苦しくなり、逆になんでも拒絶し続ければ、離れすぎて関係を続けることに意味を見いだせなくなります。

  • 相手の要求をなんでも飲み込まない。逆に、自分のペースに相手を飲み込ませようとしない。
  • 要求を聞く場合も妥協点を探ることを意識する。逆に、自分が要求をする場合も、相手に無理強いをしないようにする。

などを意識して、ひねくれている人と適度な距離感を探るようにしてみましょう。

関連記事

ひねくれた性格の人が嫌われる原因・背景について
ひねくれた性格は、一般的には好ましいものとして見られることがないことは、社会生活を送る中で多くの人が実感しているものだと思います。
ひねくれた性格・考え方で感じるデメリット
ひねくれている性格は人間関係を構築する場面しかり、自分で自分を客観的に見るときしかり、思考の偏りゆえに辛い目にあってしまうことは、ひねくれて
ひねくれた性格・考え方で感じるメリット
この記事は「ひねくれた性格・考え方で感じるデメリット」の続編です。 ひねくれていることがあまりにも悪玉視されているように見られがちな現


参考書籍

https://mental-kyoka.com/wp-content/uploads/2019/05/hitonohukou-kyoukan.jpg

おすすめ転職エージェントランキングTOP5

第1位:転職成功実績NO.1【リクルートエージェント】

「リクルートエージェント」が20代におすすめの転職サイト1位である理由は、「業界最大手」の名に恥じない非公開求人の多さにあります。 非公開求人はジャンルや年齢層を問わず20万件以上と国内最多。また、内定の決定数も年間2万3,000人以上、累計で32万人とNO.1です。 スキルを活かし転職をしたいというキャリアアップが目標の方はもちろん、新しい業界への挑戦を考えている、自分を採用してくれる会社があるか不安という方も「リクルートエージェント」に登録しておけば間違いありません。
【リクルートエージェント】のおすすめポイント
  • 年収アップ率62.7%
  • 土日祝日・平日20時以降も対応
  • 給与の交渉代行
  • 独自に分析した業界・企業情報の提供
  • 満足度99%面接力向上セミナー
  • 地方求人も豊富
2011年のデータではありますが、「リクルートエージェント」を利用した転職者の6割以上が年収アップを実現。 担当アドバイザーが1人1人の強みを引き出すとともに、応募先へのアピール方法や口には出しにくい転職理由をうまく伝えるアドバイスなどもしてくれます。 また、20万件以上の非公開求人には地方の求人も多く含まれているため、Uターン転職、Iターン転職、Jターン転職などしたい場合も収入を落とさず好条件で転職が可能です。
  • Uターン転職…地元に戻り転職する
  • Iターン転職…都会で育ち就職した人が地方に移住し転職
  • Jターン転職…地方で育ち、都会で就職、地元とは違う土地へ転職
日本全国の求人を保有していますが、約85%が「リクルートエージェント」のみでしか取り扱いがなく、他の転職サイトでは見ることができません。 あらゆる分野の求人が集まってくるトップサイトですので、リクルートエージェントには必ず登録しておきましょう。

\求人数NO.1!年収アップ率60%以上/

リクルートエージェントの無料登録はこちら

第2位:満足度NO.1!【doda】

第2位は「リクルートエージェント」に次いで求人数が多い「doda(デューダ)」。 非公開求人は10万件以上あり、仕事について迷走しがちな20代向けの独自のサービスが充実しています。 登録すれば定期的に開催される「doda」主催の大規模な転職フェアやセミナーに参加が可能。 企業の担当者と直接話ができるため、あなた自身の人柄を直接アピールでき、運が良ければ書類審査をパスすることができます。 実は、20代の転職活動で書類審査は「沼にハマりやすい」大事な通過点。社会に出て数年では経験も足りず、その他大勢との差を広げにくいためです。 何度も何度も練り直し、書き直し、それでも通過しないことも多い書類審査を、パスできる機会があるのは大きなメリットなのです。
【doda】のおすすめポイント
  • 年収査定、キャリアタイプ診断、合格診断などのツール
  • doda転職フェア・セミナー
  • 応募書類の書き方・面接対策
  • スカウトメール
是非利用してほしいのは「年収査定」や「キャリアタイプ診断」など自分の現在の年収が本当に妥当なのかどんな仕事や働き方が向いているのかなど無料で診断できる独自ツール。 自分の現状を知ることが転職活動の第一歩になります。 また、「doda」は他サイトと比較してもスカウトメールが届く回数が圧倒的に多いのが特徴。 中には「面接確約オファー」や「プレミアムオファー」など書かれたメールが届くこともあります。 「面接確約」や「書類選考免除」などのスカウトなら、最短ルートでの内定がもらえる可能性大! 転職したくても「もし失敗したら?」と不安になってしまう方もいると思いますが、「doda」に登録しておけば転職に関する不安も嘘のようになくなるはずです。

\「自分の市場価値」を診断できる/

dodaの無料登録はこちら

第3位:独占求人多数!【マイナビエージェント】

20代におすすめの転職サイト第3位の「マイナビエージェント」は20代~30代前半に強い転職サイト。 3位の理由は新しい業界へ挑戦したい方向けの未経験でも応募可能な求人も多いことが1つ。 もう1つは、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業などの求人が豊富で、特定の分野に特化した転職のノウハウを持っていることです。 「マイナビエージェント」のみが保有する「独占求人」も非常に数が多く、保有する案件の約8割が非公開求人。業界に詳しい担当者がプロの目線でアドバイスをしてくれます。
【マイナビエージェント】のおすすめポイント
  • 「転職成功」のノウハウを伝授
  • 面接日、年収、入社日などの条件交渉を代行
  • 推薦状を書いてくれる
  • 求人票だけでは分からない会社の雰囲気や情報を網羅
入社後に後悔しない転職のためにも、企業の社風や雰囲気、平均残業時間、業界の成長性・動向など、有益な情報を共有。 転職後の3年後、5年後を見据え、新たな分野への挑戦にも親身にアドバイスをくれるのが魅力です。 新しい分野に挑戦したい、選択肢を広げたいという方、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業へスキルを活かし転職したい方は「マイナビエージェント」の登録がおすすめです。

\未経験OK!独占求人が豊富!/

マイナビエージェントの無料登録はこちら

第4位:転職者の約71%が年収アップ!【type転職エージェント】

第4位は、20代や30代前半の若年層向けの転職サイト「type転職エージェント」です。 業界に精通したエージェントが転職成功へ向けサポートを行ってくれ、2015年には利用した約71%の人が年収が上がったという実績も残していることがランクインの理由です。 年収アップを念頭におき、転職活動をサポートしてくれるため、確実にキャリアアップしたいという方に特におすすめです。 総合人材サービスの「キャリアデザイナー」が運営していることもあり、大手企業やベンチャー企業などの独自の求人も多く、特にIT系やエンジニアなどの求人が充実しています。
【type転職エージェント】のおすすめポイント
  • 「転職力診断テスト」
  • こだわり検索
  • 転職者の約71%が年収アップ
「type転職エージェント」で特に評価が高いのが「転職力診断テスト」。 約13万人の職種・年齢別経歴などのデータを元に、選択式の簡単な質問に答えていくことで、「強み」や「不足しているスキル」などを細かく分析してくれます。 診断が的確で、自分では気づけないような新しい可能性を発見できることから、転職を意識し始めたばかりの人はもちろん、転職活動がなかなかうまくいっていない人にもぜひ挑戦してみて欲しいサービスです。 また、「type転職エージェント」は求人のこだわり検索項目も非常にユニーク。 「受かりやすい順」「月間の目安残業時間」など、他では見られないが「知りたい条件」で絞り込むことで希望にあった求人を探すことができます。 また、IT・通信系、営業職などに特化しており、独自の求人も豊富です。 ただ、東京や大阪など都市部での転職活動であれば豊富な求人を紹介できますが、地方によってはほんの数件しか取扱がないため注意しましょう。 「リクルートエージェント」や「doda」など総合型の転職サイトにも登録し、あわせて使用するのがおすすめです。

\【東京・大阪】質の高い案件が豊富/

type転職エージェントの無料登録はこちら

第5位:顧客満足度調査NO.1【パソナキャリア】

20代におすすめの転職サイト、第5位は「パソナキャリア」です。 2019年オリコン顧客満足度調査でNO.1を獲得するなど、サポートの手厚さ、丁寧さで特に人気ですが、丁寧な分スピード転職を希望している方には不向きという理由で5位に。 ただ、求人数は3万件と「リクルートエージェント」や「doda」と比較すると量は少ないながらも、人材総合サービスのパソナグループのコネを活かした質の高い求人が多くあります。
【パソナキャリア】のおすすめポイント
  • 業界ごとのチーム体制
  • 面接対策・職務経歴書のサンプルやフォーマット
  • 年収診断
  • 女性の転職にも強い!
「パソナキャリア」では業界ごとに担当者を置いており、専門性の高い業界でも特有の悩みや不安に寄り添い、丁寧なサポートを受けることができます。 また、女性の転職活動支援に特化した専門チームもあり、1人1人に寄り添い丁寧にサポートを行ってくれます。 「パソナキャリア」では、面接や書類の対策など基本的なことにもしっかり対応しつつ、転職者1人1人が抱える背景を考慮した、丁寧なサポートが魅力です。 業界ごとに「専任キャリアアドバイザー」がいることで、深い知識と濃い情報を聞くことができるとともに、理にかなったアドバイスを聞くこともできます。

\満足度No.1!スペシャリストがサポート/

パソナキャリアの無料登録はこちら

この記事が気に入ったらシェア

フォローする