ひねくれた性格・考え方で感じるデメリット

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

ひねくれている性格は人間関係を構築する場面しかり、自分で自分を客観的に見るときしかり、思考の偏りゆえに辛い目にあってしまうことは、ひねくれて悩んでいる人からすれば、わざわざ言われなくとも、よーくわかっていることだと思います。

今回は、そんなひねくれたことで感じるデメリットについて、筆者自身の経験も踏まえてお話し致します。

関連記事

ひねくれた性格・考え方で感じるメリット
この記事は「ひねくれた性格・考え方で感じるデメリット」の続編です。 ひねくれていることがあまりにも悪玉視されているように見られがちな現

スポンサーリンク

ひねくれた性格・考え方で感じたデメリット

世間の考えに対して自分の考えを合わせることに苦痛を感じる

ひねくれた性格で苦労するのは、世間で今何が流行しているだとか、どういう人物が話題だとか、どんなことに世間が関心を持っているのか…ということに、素直についていくこと苦痛を感じてしまうことです。

例えば、ある人気のお笑い芸人が話題になったときに、そのお笑い芸人を純粋に応援なり好意を示したり、刺が立たないように肯定的な意見を述べて、自分が所属する人間関係にて波風を立てないように振舞うことに、苦痛を感じてしまうのです。

流行について調べたり、興味を持つこと自体はそこまで苦痛ではないものの、流行について思っていることや感じていることを、自分以外の他人や世間のものに寄せていこうとすることに苦痛を感じる。自分のひねくれ具合が災いして、自分に嘘をついているように感じて苦痛を感じる、他人に合わせるために自分の素直な感情を抑圧していることに、辛さを感じてしまうのです。

世間の一般的な意見や考えから取り残される、話が合わなくなる

ひねくれ過ぎると、世間の一般的な意見や考えから取り残されてしまい、次第に話が合う人がいなくなることがデメリットとして挙げられます。

自分に会話の主導権があるのならまだしも、相手が会話の主導権を持っているのに、それに対してひねくれた主張や態度をしようものなら、顰蹙を買って二度と会話に呼ばれなくなるのも無理はありません。

ひねくれているために、自分の意見や主張をどうしても口にしたくなる衝動に駆られるものですが、そのことが相手にとって負担やストレスを与えてしまうのであれば、自分を抑制することもまた、社会と折り合いをつけて生きていくためには欠かせないことだと感じます。

とくに話を合わせる技術は、友達関係や恋愛だけでなく、仕事をする上では欠かせないものです。仕事の人間関係でひねくれた態度を見せることは、自分個人の問題ではなく、そんな態度を許している組織に対する信用を揺るがしかねない側面もありために、尚更ひねくれていることを忌むべきものとして見ているように感じます。

世間からズレていることで不安を感じることが多い

いくらひねくれていることを自覚して抑制していても、根本的に自分が世間から…もっと言えば多数派からズレていることに対して、不安を感じていることも事実です。

ネット上では割と自由に意見を述べられるものの、所詮リアルの世界や世間から見れば自分は少数派であり、どうしても多数派視点に立って見ればズレた思考を持っていることには変わりはない。

そして持っている考えも、ポジティブシンキングだとかキラキラとしてものとは程遠く、否定的というかジメジメとして、ねちっこくて、意地の悪い考え方を持っていることに、負い目というか、申し訳のなさを感じて自分で自分が嫌になることがあります。

しかし、こうした意地の悪い醜い一面を持っていることを、ひねくれている自分らしさとして受けいれているために、醜い自分を否定し拒絶することには辛さを感じる。

もちろん、社会生活を円滑に営むうえでは、醜くひねくれた部分が出ないように抑えるのが大事と重々承知していますが、抑えることそのものも決して楽ではなく、疲れを感じているのも事実です。

ひねくれていることを開き直れず苦しむ

「ひねくれている自分でもいいではないか」という肯定的な気持ちもあれば「多少はひねくれている性格を修正して、世間の考えに合わせるべき」という、ひねくれていることを否定的に見る両方の気持ちを感じています。

迂闊にひねくれていることを自己正当化することは、自分の意見や主張に対して理解や興味を示してもらえなくなるだけでなく、他人から見て「あの人は人間性や人格に著しい難がある人」として見られてしまい、余計に自分を生きづらい環境へと追い込んでしまう怖さがあります

とくに仕事の人間関係では、自分だけ評価や信用が下がるばかりでなく、自分が所属している組織や同業者への評価・信用を毀損するおそれがあるからこそ、ひねくれていると開き直る姿を見せないことの大切さを感じます。

社会と折り合い、社会の一員として生きて行く上で、余計に自分を生きづらい環境に追い込む…例えば、貧困、孤立、周囲からの無理解、あらぬ誤解を招く、などの事態を招くことはなるべく避けたいものです。

ひねくれている開き直れれば楽になれるだろうと思うことは数多くあれど、実際に開き直って堂々とすることはメリットばかりとは言い難い。そのため、ひねくれた自分を認めつつも、どこか戒めや罰のような複雑な気持ちを抱いています。

生きづらさを感じていることで、自己啓発などの胡散臭い人たちに目をつけられることがある

ひねくれているために、生きづらさを感じることが多々ありますが、それを見抜かれてか自己啓発セミナー屋や情報商材屋や、スピリチュアル系の方々のようないわゆる胡散臭い人達とよくエンカウントすることが、ひねくれていることのデメリットだと感じます。

胡散臭い人達は、まるで『笑ゥせぇるすまん』の喪黒福造のように、心に空いた隙間を埋め手差し上げますよと、優しく好意を見せて近寄ってくるものです。

普段から人と爽やかに交流することにどこか息苦しさを感じている疲れもあってか、油断するとその優しさについ靡いてしまいそうになるのが、ひねくれていることの最大の弱点だと感じます。

当然ながら、こうした人たちの優しさは、他人を生きづらさ開放したいだとか、自由な生活を送らせてハッピーにさせたい、というような善意や救済からくるものではありません。

優しさに絆されそうになったものの、持ち前のひねくれ具合が功を奏して「こんなうまい話を教えてくれるのはなんか不自然」と感じて、自衛できる面もあるため、ひねくれている自分を全否定しなくても良かったと感じてしまう皮肉さもあります。

付き合いづらい人、めんどくさい人とレッテルを貼られ蔑みの対象になりやすい

ひねくれた性格の人が嫌われる原因・背景について
ひねくれた性格は、一般的には好ましいものとして見られることがないことは、社会生活を送る中で多くの人が実感しているものだと思います。

↑の記事でも書いたように、ひねくれている人は、コミュニケーションをとることそのものがが円滑に進みにくい、加えて関係がギクシャクしてしまいやすさがあるため、一般的には「付き合いづらい人」「めんどくさい人」という汚名を授かってしまうことが多いものです。

SNSなどで円滑に、そして効率的で合理的なコミュニケーションが尊ばれる昨今において、会話を途中で遮ったり、話の流れを折るような真似をしでかすひねくれ者が、好意的に見られることはあまりないのも、至極もっともだと感じます。

ただし、ひねくれているせいで会話がしづらいからといって、その人をむやみに見下したり、まるで汚いものみるかの目で見られることそのものは、お世辞にも肯定できるものではありませんし、仮に肯定しよう物なら、それは自分が人間関係の変化や病気などで円滑な会話がしづらい人間になった時に、強い苦悩を覚える原因になると感じます。

自分でも不器用すぎて、もっとマシな生き方ができたではないかと自己嫌悪する

ひねくれている自分を認めているとは言っても、ふとした時に「ひねくれずにもっとマシな生き方を遅れたのではないのか」「ひねくれずにまっとうに生きて、人から見て恥ずかしくない生き方をできたのではないのか」…という、自責の念や自己嫌悪に駆られることが多々あります。

ひねくれていることが散々悪玉視されていること、そして自分でもひねくれていることがどれだけ他人に迷惑をかけたり、他人を不愉快な思いをさせてしまうかを、曲がりなりにも理解しているからこそ、ひねくれた部分を抑圧するようにしている。

自分でひねくれていることを認めつつも、同時にそれを抑圧して生きていく事に苦痛を感じているという、なんともめんどくさく不器用な生き方をしているという実感があるからこそ、「もっとマシな生き方があったのではないか」という、執着心を捨てられないまま、未練がましく生きているように感じます。

関連記事

ひねくれた性格がメンタルに与える悪影響
恋愛の場面に限ったことではありませんが、人の好意や感情、目の前で起きている出来事を素直に受け取らず、偏見や色眼鏡でみる人を「ひねくれている」
ひねくれた性格を改善するのに役立つ心理学
心理学用語や知識を用いて、ひねくれた性格を直すのに役立つ情報をまとめています。

https://mental-kyoka.com/wp-content/uploads/2019/05/hitonohukou-kyoukan.jpg

おすすめ転職エージェントランキングTOP5

第1位:転職成功実績NO.1【リクルートエージェント】

「リクルートエージェント」が20代におすすめの転職サイト1位である理由は、「業界最大手」の名に恥じない非公開求人の多さにあります。 非公開求人はジャンルや年齢層を問わず20万件以上と国内最多。また、内定の決定数も年間2万3,000人以上、累計で32万人とNO.1です。 スキルを活かし転職をしたいというキャリアアップが目標の方はもちろん、新しい業界への挑戦を考えている、自分を採用してくれる会社があるか不安という方も「リクルートエージェント」に登録しておけば間違いありません。
【リクルートエージェント】のおすすめポイント
  • 年収アップ率62.7%
  • 土日祝日・平日20時以降も対応
  • 給与の交渉代行
  • 独自に分析した業界・企業情報の提供
  • 満足度99%面接力向上セミナー
  • 地方求人も豊富
2011年のデータではありますが、「リクルートエージェント」を利用した転職者の6割以上が年収アップを実現。 担当アドバイザーが1人1人の強みを引き出すとともに、応募先へのアピール方法や口には出しにくい転職理由をうまく伝えるアドバイスなどもしてくれます。 また、20万件以上の非公開求人には地方の求人も多く含まれているため、Uターン転職、Iターン転職、Jターン転職などしたい場合も収入を落とさず好条件で転職が可能です。
  • Uターン転職…地元に戻り転職する
  • Iターン転職…都会で育ち就職した人が地方に移住し転職
  • Jターン転職…地方で育ち、都会で就職、地元とは違う土地へ転職
日本全国の求人を保有していますが、約85%が「リクルートエージェント」のみでしか取り扱いがなく、他の転職サイトでは見ることができません。 あらゆる分野の求人が集まってくるトップサイトですので、リクルートエージェントには必ず登録しておきましょう。

\求人数NO.1!年収アップ率60%以上/

リクルートエージェントの無料登録はこちら

第2位:満足度NO.1!【doda】

第2位は「リクルートエージェント」に次いで求人数が多い「doda(デューダ)」。 非公開求人は10万件以上あり、仕事について迷走しがちな20代向けの独自のサービスが充実しています。 登録すれば定期的に開催される「doda」主催の大規模な転職フェアやセミナーに参加が可能。 企業の担当者と直接話ができるため、あなた自身の人柄を直接アピールでき、運が良ければ書類審査をパスすることができます。 実は、20代の転職活動で書類審査は「沼にハマりやすい」大事な通過点。社会に出て数年では経験も足りず、その他大勢との差を広げにくいためです。 何度も何度も練り直し、書き直し、それでも通過しないことも多い書類審査を、パスできる機会があるのは大きなメリットなのです。
【doda】のおすすめポイント
  • 年収査定、キャリアタイプ診断、合格診断などのツール
  • doda転職フェア・セミナー
  • 応募書類の書き方・面接対策
  • スカウトメール
是非利用してほしいのは「年収査定」や「キャリアタイプ診断」など自分の現在の年収が本当に妥当なのかどんな仕事や働き方が向いているのかなど無料で診断できる独自ツール。 自分の現状を知ることが転職活動の第一歩になります。 また、「doda」は他サイトと比較してもスカウトメールが届く回数が圧倒的に多いのが特徴。 中には「面接確約オファー」や「プレミアムオファー」など書かれたメールが届くこともあります。 「面接確約」や「書類選考免除」などのスカウトなら、最短ルートでの内定がもらえる可能性大! 転職したくても「もし失敗したら?」と不安になってしまう方もいると思いますが、「doda」に登録しておけば転職に関する不安も嘘のようになくなるはずです。

\「自分の市場価値」を診断できる/

dodaの無料登録はこちら

第3位:独占求人多数!【マイナビエージェント】

20代におすすめの転職サイト第3位の「マイナビエージェント」は20代~30代前半に強い転職サイト。 3位の理由は新しい業界へ挑戦したい方向けの未経験でも応募可能な求人も多いことが1つ。 もう1つは、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業などの求人が豊富で、特定の分野に特化した転職のノウハウを持っていることです。 「マイナビエージェント」のみが保有する「独占求人」も非常に数が多く、保有する案件の約8割が非公開求人。業界に詳しい担当者がプロの目線でアドバイスをしてくれます。
【マイナビエージェント】のおすすめポイント
  • 「転職成功」のノウハウを伝授
  • 面接日、年収、入社日などの条件交渉を代行
  • 推薦状を書いてくれる
  • 求人票だけでは分からない会社の雰囲気や情報を網羅
入社後に後悔しない転職のためにも、企業の社風や雰囲気、平均残業時間、業界の成長性・動向など、有益な情報を共有。 転職後の3年後、5年後を見据え、新たな分野への挑戦にも親身にアドバイスをくれるのが魅力です。 新しい分野に挑戦したい、選択肢を広げたいという方、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業へスキルを活かし転職したい方は「マイナビエージェント」の登録がおすすめです。

\未経験OK!独占求人が豊富!/

マイナビエージェントの無料登録はこちら

第4位:転職者の約71%が年収アップ!【type転職エージェント】

第4位は、20代や30代前半の若年層向けの転職サイト「type転職エージェント」です。 業界に精通したエージェントが転職成功へ向けサポートを行ってくれ、2015年には利用した約71%の人が年収が上がったという実績も残していることがランクインの理由です。 年収アップを念頭におき、転職活動をサポートしてくれるため、確実にキャリアアップしたいという方に特におすすめです。 総合人材サービスの「キャリアデザイナー」が運営していることもあり、大手企業やベンチャー企業などの独自の求人も多く、特にIT系やエンジニアなどの求人が充実しています。
【type転職エージェント】のおすすめポイント
  • 「転職力診断テスト」
  • こだわり検索
  • 転職者の約71%が年収アップ
「type転職エージェント」で特に評価が高いのが「転職力診断テスト」。 約13万人の職種・年齢別経歴などのデータを元に、選択式の簡単な質問に答えていくことで、「強み」や「不足しているスキル」などを細かく分析してくれます。 診断が的確で、自分では気づけないような新しい可能性を発見できることから、転職を意識し始めたばかりの人はもちろん、転職活動がなかなかうまくいっていない人にもぜひ挑戦してみて欲しいサービスです。 また、「type転職エージェント」は求人のこだわり検索項目も非常にユニーク。 「受かりやすい順」「月間の目安残業時間」など、他では見られないが「知りたい条件」で絞り込むことで希望にあった求人を探すことができます。 また、IT・通信系、営業職などに特化しており、独自の求人も豊富です。 ただ、東京や大阪など都市部での転職活動であれば豊富な求人を紹介できますが、地方によってはほんの数件しか取扱がないため注意しましょう。 「リクルートエージェント」や「doda」など総合型の転職サイトにも登録し、あわせて使用するのがおすすめです。

\【東京・大阪】質の高い案件が豊富/

type転職エージェントの無料登録はこちら

第5位:顧客満足度調査NO.1【パソナキャリア】

20代におすすめの転職サイト、第5位は「パソナキャリア」です。 2019年オリコン顧客満足度調査でNO.1を獲得するなど、サポートの手厚さ、丁寧さで特に人気ですが、丁寧な分スピード転職を希望している方には不向きという理由で5位に。 ただ、求人数は3万件と「リクルートエージェント」や「doda」と比較すると量は少ないながらも、人材総合サービスのパソナグループのコネを活かした質の高い求人が多くあります。
【パソナキャリア】のおすすめポイント
  • 業界ごとのチーム体制
  • 面接対策・職務経歴書のサンプルやフォーマット
  • 年収診断
  • 女性の転職にも強い!
「パソナキャリア」では業界ごとに担当者を置いており、専門性の高い業界でも特有の悩みや不安に寄り添い、丁寧なサポートを受けることができます。 また、女性の転職活動支援に特化した専門チームもあり、1人1人に寄り添い丁寧にサポートを行ってくれます。 「パソナキャリア」では、面接や書類の対策など基本的なことにもしっかり対応しつつ、転職者1人1人が抱える背景を考慮した、丁寧なサポートが魅力です。 業界ごとに「専任キャリアアドバイザー」がいることで、深い知識と濃い情報を聞くことができるとともに、理にかなったアドバイスを聞くこともできます。

\満足度No.1!スペシャリストがサポート/

パソナキャリアの無料登録はこちら

この記事が気に入ったらシェア

フォローする