仕事におけるパーソナルスペースについて

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

人間には他人が近づくと不快感を覚える距離があり、そのことをパーソナルスペースと呼びます。

パーソナルスペースは仕事の人間関係でも当てはまります。また、パーソナルスペースは、自分と相手との関係性によっても、その距離感が異なってています

職場仲間の距離感で社外の人や取引先の人に近づいてしまうと、お互い気まずくなってしまうように、時・場所・状況に応じた適度な距離感を持てるようになることが欠かせません。

もしも、TPOにふさわしくない距離の近づけ方をしてしまえば、そのことが原因で相手から不信感を抱かれるだけでなく、自分が所属している会社のイメージダウンに繋がることもあります。

今回は、そんな仕事におけるパーソナルスペースについてお話しいたします。

関連記事

精神的な距離感の近すぎる職場の人間関係の特徴・例
仕事そのもの好きでも、仕事の人間関係が自分に合っていないと感じてストレスを感じたり、仕事を辞めたくなる気持ちに駆られる人がいます。 特

仕事におけるパーソナルスペース

パーソナルスペースを提唱した文化人類学者のエドワード・ホールは、

  1. 密接距離(~45cm) : 恋人・家族関係での距離間
  2. 個体距離(45cm~120cm) : 友達・職場仲間での距離間
  3. 社会距離(120cm~360cm) : 仕事・職場での距離間
  4. 公衆距離(360cm~) : 演説・講演会など公の場での距離間

の4種類にパーソナルスペースを分類しています。

なお、格距離は「近接相」「遠方相」の2つに分けて、より細かく分類されることもあります。

このうち、仕事の場面で用いるパーソナルスペースは個体距離、社会距離、公共距離、の3つです。

個体距離:同じ職場仲間同士の距離間

  • 近接相(45cm~75cm)
  • 遠方相(75cm~120cm)

個体距離は、主に友達関係でお互い居心地がよい距離ですが、お互い打ち解けあった仕事仲間の関係でも、ちょうどいい距離とされています。

近接相は、手を伸ばせばお互いに触れることができる距離で、仕事仲間でも特に親しい相手や、友達としても付き合える間柄の距離です。ただし、異性がこの距離感まで近づくと、周囲が違和感や不信感を抱く原因になります。

遠方相は、お互いの表情がよく見える距離です。仕事仲間同士で打ち解けた会話をするときは、これぐらいの距離感を意識するのが良いでしょう。

社会距離:会議・話し合いの距離間

  • 近接相(1.2m~2m)
  • 遠方相(2m~3.5m)

社会距離は、社内外の人間関係や、初対面で話す人間関係でよく使われる距離です。

近接相は、知らない人同士が初めて会って会話をしたり、打ち合わせや会議など僕する場合に用いられる距離間です。ある程度距離が離れているため、相手の表情(顔)がはっきりと見えにくく、プライベートな話がしにくい…つまり、ビジネスの会話をしやすい距離感とも言えます。

遠方相は、会社の看板を背負った公式な商談や打ち合わせの時に用いられる距離間です。近接相よりも離れているので相手の顔は見えにくい。年齢が離れている人との話し合いや、形式ばった雰囲気において好ましい距離といえます。

公衆距離:社員研修・公演・演説での距離間

  • 近接相(3.5m~7m)
  • 遠方相(7m~)

公衆距離は、プレゼンテーションのように多くの人の前で話す場面でよく使われる距離です。

近接相は、学校の授業での先生と生徒の距離感と同じであり、社員教育や研修を行う場合に適した距離感といえます。相手の表情や様子が伺えないほどの距離感であるため、個人的なやりとりは成立しません。

遠方相は、講演会やセミナーでの演説など、によく用いられる距離感です。就職説明会や株主総会など、社外から多くの人を招いてプレゼンテーションを行うときは、この距離を意識してみるのが良いとされています。

スポンサーリンク

仕事におけるパーソナルスペースの注意点

急に距離を近づけると相手に不信感を与えてしまう

初対面の人と打ち解けたからといって、一気に物理的な距離を縮めれば、相手に対して不信感を与える原因になるので控えるのが賢明です。

例えば、営業で急に距離を縮めてくる人に対しては、「顧客を無視し、がっつきすぎる本性が出てきたように感じて信用できない」「契約を強引に迫られているように思えて怖い」などの不信感を抱いてしまうものです。プライベートならともかく、仕事の場面でこうした不信感や疑いの目をもたれることは、好ましくないのは言うまでもありません。

相手から信用を失えば、自分の評判を落とすだけでなく、自分が所属している会社の評判も落としてしまうリスクがあります。

目の前の利益やノルマに追われて、とにかく距離を近づけて契約数を取ろうと言う姿勢を持っているとしても、相手の顔色を無視した距離の近づけ方は、結果として自分の信用を失墜させ、仕事の成果に結びつかなくなる可能性があることを覚えておきましょう。

男女関係の場合はパワハラ・セクハラになるリスクがある

答え距離のところ個体距離でも触れましたが、仲の良い職場仲間同士の距離感でも、それが男女間の関係となってくると、距離の近さゆえに周囲から誤解を受けたり、セクハラやパワハラにつながる恐れがあります。

実際に男女としての仲が良いからといっても、仕事においてはやたらと距離感を縮めようとせしないこと。TPOをわきまえたり、社会距離(120cm~360cm)を意識して、その場に応じた適切な距離の取り方を心がけるようにしましょう。

相手の気持ちを無視した距離間の取り方はNG

パーソナルスペースは、性別や性格によっても若干異なっており、誰もが数字通りの距離に当てはまるわけではありません。

数字に囚われて相手の気持ちや性格を無視し、一方的に近づいたり遠ざかったりする距離の取り方は、相手に不要なストレスを与えてしまいます。

あくまでもパーソナルスペースは相手とちょうどいい距離を探るための知識の1つです。大切なのは数字にこだわることではなく、相手の言葉や表情をよく見て、それに応じてこちらも言葉や表情を返し、双方向のコミニケーションを行うことです。

関連記事

パーソナルスペースとは?人に不快感を与えないための距離感の取り方について
人との距離感の取り方で苦労したり、「この人ちょっと近づきすぎて強引な人だなぁ…」「そんなに距離感を取らなくてもいいのに…」と感じたことはない
友達関係におけるパーソナルスペース
友達関係というものは、知人よりは親しい間柄で、且つ恋人未満の間柄であり、案外距離間が取りづらい関係ともいえます。 恋人同士なら、お互い

国立大教育学部卒、専攻は心理学。発達心理学、教育心理学、スポーツ心理学、社会心理学を中心に心理学に関する記事を執筆中。そのほかにも、人間関係やコミュニケーション、性格、スマホ、SNS、ゲームなどのあらゆるテーマを心理学の知識を用いて詳しく、面白い記事を書くことを心がけております。

広告掲載、記事執筆のご依頼などはこちらから。