職場におけるモラルハラスメント 無視と放置

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

言葉や態度による嫌がらせ(ハラスメント)のことをモラルハラスメント(モラハラ)と言います。そのモラハラの中でも厄介なのが「無視」や「放置」によるものです。

言葉の暴力やあえてキツい態度で接するというように、何らかの目に見えやすい行動であれば「相手からモラハラを受けている」と自覚しやすいものです。

しかし、無視や放置のようにあえて何もしない行為による嫌がらせは、実際に受けても自覚しにくく、また表面的には何もしていないために周囲の人からも気づかれにくいという特徴があります。

また、仕事においてはパワハラやセクハラの概念が浸透している一方で、モラハラの概念はまだまだ浸透しておらず、そして被害者や外部から確認しずらい無視や放置によるモラハラは陰湿極まりないものと言えましょう。

また、場合によっては無視や放置が仕事に必要な指導の一貫として扱われることもあり、「自分はモラハラではなく至極最もな指導を受けているだけだ」と感じて、同じ指導法を繰り返してしまうことになんら違和感を覚えない状況になることもあります。

今回は、職場のにおける無視・放置によるモラハラについてお話しいたします。

こちらもおすすめ
パワハラとモラハラの違い、共通点について
職務上の立場さを利用するパワーハラスメント(パワハラ)。言葉た態度による嫌がらせであるモラルハラスメント(モラハラ)。その両者の違い、及び共通点をまとめています。

無視と放置による職場のモラハラの例

まずはじめに、職場におけるモラハラは

  • 上司から部下に向けられるもの
  • 部下から上司に向けられるもの
  • 上司間・部下間で行われるもの

と、立場の差は関係ありません。立場差のある関係でも同僚同士でも起きるものとして理解した上で、以下の例を読んでください。

意図的に無視して罪悪感を抱かせる

学校におけるいじめ同様に、

  • 仲間はずれにする
  • 事務的な会話だけに留める
  • 仕事のSNSグループから締め出す

など、相手に対する無関心な態度をとり、職場内で孤立させるような嫌がらせのことです。

もちろん、完全に無視して職場にいない人扱いすると業務に支障が出るので、「事務的な会話だけに留める」のように業務に必要事項のみ伝えつつ、休憩時間の会話や飲み会に参加させないという具合で無視を決め込むようになります。

また、何の前触れもなく無視をされたことから「ひょっとして自分は相手の気に障るようなことをしたのでは?」と、相手がモラハラという陰湿な手段を使っていることを疑うのではなく、自分に相手を不機嫌にさせた原因があるのだと罪悪感を覚えしまうこともあります。

その罪悪感をモラハラの加害者は手玉にとり、自分が無視という陰湿な行為をしているあ¥後ろめたさを隠しつつ、被害者のみに落ち度があるように思い込ませて被害者をコントロールしていくのです。

無視する人としない人を明確に分けてえこ贔屓を見せつける

普段から他人に冷たく無視するのが当たり前な人のもとでは、無視をしてもモラハラ被害者に対する効果は薄くなります。

無視の効果を強めるためには「無視をする人」と「可愛がる人」を決めておき、見せつけるように行うことが肝心です。言うなれば、露骨なえこ贔屓と同じです。

えこ贔屓自体は職場に限らず家庭や学校などでもありふれた光景であるため、仮にえこ贔屓のせいで無視されたとしても「そういう人もいるよね」と問題視せず適当に受け流してしまう人もいるものです。

受け流してしまうと、自分はモラハラの被害者であると自覚できなくなり、モラハラ加害者に言いくるめられたりいつまでも不利益を被り続けることになります。

もちろん、人間相手に対等且つ均等に接することは職場でも学校でも難しく、好みや相性によって人との付き合い方を変えること自体はいたって自然な光景です。

しかし、その自然さゆえにえこ贔屓による無視は、モラハラ加害者の攻撃性や支配欲が隠れやすく陰湿極まりないものといえます。

スポンサーリンク

部下・同僚の教育の放棄

(これは主に上司や先輩のケースですが)新人教育などで必要な指示やマニュアルを渡さず、教育を放置するという例です。

最初から教育する気力がない、自分で教えるよりも勝手に学習する方がいいと考えている、仕事以外にやりたいことがある、などの何らかの理由で教育せずに放置する。

また

  • 「頭で習うよりも実務を通して体で覚えろ」
  • 「仕事は目で見て盗目」
  • 「これはOJT(on the job training)だから」

と、言い訳をつけて放置することを正当化することもあります。

また、当然ながら必要な指導もなく仕事をするわけなので失敗を誘発してしまい、新人の自尊心が下がる機会が増えます。

自尊心が下がればモラハラ加害者にとっては「勝手に罪悪感を抱いてミスは全部自分のせいと考えるようになる」人と認知し、モラハラを行いやすくなります。

仕事に手をつけずに遅らせる

放置する対象は人間だけでなく仕事に及ぶこともあります。

やる気のない人があえて期限ぎりぎりまで仕事に手をつけず仕事を放置する。そして放置した仕事を自分の後輩や部下に押し付けて尻拭いをさせるというケースです。

とくに自己愛やプライドが強く、「自分はもっと質の高い仕事をするべきであり雑務は自分の仕事ではない」と感じている人が、「自分は能力がある人間だから真面目に働くのはバカバカしい」と考えている人が、やる気の出ずに放置していた仕事を部下や同僚に押し付けたがります。

押し付ける同僚や部下の事情を無視した一方的な押し付けで困惑させたり、仕事を拒もうものなら権力をちらつかせて無理にでも従わせようとすることがあります。

なお、立場の差や権力をちらつかせている場合は、モラハラであると同時にパワハラの要素を満たした嫌がらせとして解釈することも可能です。

スポンサーリンク

無視・放置によるモラハラの問題点

尻拭いを受け入れる人のせいでモラハラの存在が隠されてしまう

社会人として仕事をしていく以上は、上司や同僚の理不尽はあって当然であり、それに耐えることもまた仕事のうちだと考えていると、自分がモラハラの被害者になっているという自覚がないまモラハラの存在を許容してしまうことになります。

また理不尽を受け入れなければ、自分の立場や収入が危ぶまれるであろうことを想像してしまい、渋々理不尽を受け入れてモラハラ加害者のいいなりになることで、モラハラを存在を許すことに不本意ながら貢献してしまうこともあります。

実際に無視や放置という形でモラハラが行われているのにもかかわらず、被害者である自分がモラハラの存在を認知できなければ、モラハラに対処することはできません。

暴言や横柄な態度と比較して気づきにくい

暴言や横柄な態度(見下す、馬鹿にする、笑いものにするなど)によるモラハラとは違って、無視や放置は何もしないという特徴があり、被害者も周囲の人もなかなか気づきにくいという特徴があります。

「今から無視します」と言って無視が始まる…ということはあまり考えにくいことですし、放置にしても、なんらかの言い訳や理由をつけるために、ごく日常のありふれた光景に過ぎないと受け取りやすいものです。

指摘されても「いいがかりだ」と被害者ぶれる

無視や放置のモラハラの存在を自覚できたとしても、そのことを指摘しよう物なら「言いがかりでは?」「あなたの思いすごしではないの?」「神経質過ぎないか?」と被害者ぶって反論がしやすい特徴があります。

暴言や横柄な態度なら私的によりモラハラの加害者を追及しやすい特徴があります。一方で無視や放置は「何もしない」という性質のために、指摘をしてもそれが個人的な思い込みとして片付けられやすく、モラハラ加害者にとっては被害者を攻撃しやすいと同時に被害者からの反撃を防ぎやすい陰湿な嫌がらせといえます。

スポンサーリンク

「自分に甘く他人に厳しい」ので無視・放置のモラハラを起こす

もちろん、モラハラの存在を認知できないのは被害者は周囲にいる人ばかりではありません。

無視や放置によるモラハラを行う加害者自身も、自分がモラハラを行っている、あるいは無視や放置により相手を傷つけたり職場の人間関係に悪影響を与えていることもあります。

また、本人が悪意や迷惑をかけている事実を認知していないために、指摘に対して否定的な態度をごく自然に取りやすく、改善や反省が見られないという厄介さが際立ちます。

このような加害者には「自分に甘く他人に厳しい」という心理的な特徴が見られます。この心理は行為者・観察者バイアスと呼ばれています。

関連記事

他人に厳しく自分に甘い人の心理「行為者・観察者バイアス」について
他人に厳しいけど自分は甘やかして棚に上げる。この心理は「行為者・観察者バイアス」と呼ばれてます。ある結果に対して他人の場合にはその原因を他人の性格や能力にあると考える、自分の場合には状況や運などの自分以外のものに原因があると考えることで、自分のメンタルを守ろうとするのです

国立大教育学部卒、専攻は心理学。発達心理学、教育心理学、スポーツ心理学、社会心理学を中心に心理学に関する記事を執筆中。そのほかにも、人間関係やコミュニケーション、性格、スマホ、SNS、ゲームなどのあらゆるテーマを心理学の知識を用いて詳しく、面白い記事を書くことを心がけております。

広告掲載、記事執筆のご依頼などはこちらから。