HSPの人の在宅での仕事の見つけ方 在宅で仕事を進めるためのテクニックについて

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

HSPの人は繊細であらゆる刺激に敏感に反応してしまうために、普通に会社員として生活を送るのに苦労を感じることがあります。

また、会社で働くだけに限らず通勤ラッシュや飲み会などの業務外でのストレスを感じやすく、社会生活を営むことが難しいと感じて、仕事をやめてしまうことも少なくありません。

そんなHSPの人が少しでもストレスをなくし、且つ日々の収入を得るための働き方が「在宅勤務」

今回はHSPの人の在宅勤務の始め方やコツについてお話いたします。

在宅仕事は商売となるスキルが必要

在宅での仕事はどこかに務めるのと違い、何かしらのスキルが必要不可欠です。

例えば、ブログやホームページの記事作成と言ったライティングで家にいながら仕事をする場合、全く文章を書くスキルがない、今までにブログやホームページを作ったことがない全くの初心者であれば、在宅で仕事を獲得するのは難しいものです。

発注する側も、在宅で相手の素性が分からないことに加えて、なんのスキルのもない初心者に記事作成を依頼するのは、出来上がった記事があまりにも残念であったり、締切に間に合わないなどの損害を出すリスクが高く、依頼しづらいものです。

ですので、仕事が辛いから退職して、在宅仕事で生きていこう、好きなことをして生きていこうと考えるにしても、まずは商売となる何かしらのスキルを身に付けておくことが大事です。

もちろん仕事をやめずにスキルや経験、人脈を会社員時代にある程度作っておき、在宅でも問題なく仕事ができる目処が立ってから仕事を辞めるというように、ある程度計画的に動くことが肝心です。

スポンサーリンク

HSPの人はどんな在宅仕事をするかをまず選ぶ

在宅仕事と一口に言っても、在宅でできる職種は多岐に及びます。

現在では在宅で仕事をする場合、パソコンを使った仕事が主流なので、タイピング、メールのやりとり、ワード、エクセルなどの基本的なパソコンのスキルを身につけた上で、以下で取り上げる仕事に必要な専門のスキルを身に付けるのが無難です。

ライティング・記事作成

ホームページやブログ、ウェブメディアなどの記事を作成する、まとめサイトで情報をまとめる仕事などを指します。

ある程度まとまりの文章を書くことができるだけでなく、依頼者の指示に従って文書を書くスキルであったり、自分が詳しい学問とその知識(例えば心理学など)について書くスキルが求められます。

ウェブサイトの作成・運営・管理

企業のホームページを作ったり、ショッピングサイトの運営・管理などを手がける仕事です。

ウェブサイトを自分で作る技術であったり、長期間に渡って運営した経験が求められます。

ショッピングサイトの場合なら、新しい商品が入荷されたら商品ページを作る、セール商品の値段を変更しほかのサイトに宣伝する、顧客対応をするなどの業務もPCを通して在宅で行うケースがあります。

プログラミング

ウェブアプリやスマホゲームを作る、ウェブサービスに役立つツール作成やシステム開発などを行う仕事です。

クラウドソーシングサイトなどでよく見かける職種ですがニーズも多く単価の高い仕事が目立ちます。しかし、専門技術がライティングやホームページ作成よりも複雑なものが多いという特徴もあります。

翻訳・通訳

英語や外国語を日本語に訳すだけでなく、日本語の文章を英語や外国語に訳す、英語を中国語に訳す…などの複数の外国語を翻訳するという仕事もあります。

ただ文章を翻訳するのではなく、デザインも含めて日本に来る外国人観光客向けのパンフレット作成をしたり、海外の顧客向けの電話でのやり取りなど、語学だけでなくほかのビジネススキルと組み合わせた翻訳の仕事が存在しています。

イラスト・漫画・デザインなど

企業の資料用のイラストや商品説明用の漫画を作成する、パンフレットのデザインなど、絵やデザインに関する仕事です。

在宅でする場合は、ペンタブレットや液晶タブレットなどのパソコンを使って絵を描くスキルと環境が必須です。

また、仕事を依頼されるためには自分の作った作品をサンプルとして用意し、ポートフォリオを作っておくのが基本です。

動画作成

ユーチューバーのアシスタントや、動画を用いた学習用のビデオ作成、広告用の動画作成などです。

動画作成ソフトを使っての編集作業に限らず、効果音、動画、ナレーションなどの動画に必要な素材を集めるスキルもあると便利です。

株・FXなどのデイトレード

株やFX(外国為替証拠金取引)で短期的な取引を行うデイトレードも、在宅で収入を得る仕事のひとつです。

しかし、デイトレードの場合は利益だけでなく損失を出したり、借金を背負うリスクがあるので、コツコツ働くのと比べると非常に不安定な仕事と言えます。

スポンサーリンク

HSPの人の在宅での仕事探し

クラウドソーシングサイト

在宅の仕事を探すにはクラウドソーシングサイトと呼ばれる、在宅での仕事の案件が集まっているサイトを利用するのが主流です。

とくにBizseekなどの大手クラウドソーシングサイトは、集まっている仕事の内容や量も豊富で、自分のスキルや得意なことにあった仕事が見つけやすいという特徴があります。

ココナラ

クラウドソーシングサイトの他にも、お小遣いやフリーマーケット感覚で絵やスキルを売ったりするココナラも在宅で仕事を稼ぐ人の間でよく使われています。

ココナラの場合、アカウントを登録後い自分のスキルやできることを宣伝することが必要があり、仕事を探すのではなく自分で仕事を集めるのが基本です。

大手のクラウドソーシングサイトと比較すると、稼げる金額は低くなる傾向がありますが、仕事の内容によってはクラウドソーシングサイトと同等になることもあります。

求人情報誌

在宅の仕事はネット上だけでなく、コンビニやスーパーマーケットに置いてある無料の求人情報誌にも掲載されていることがあります。

求人情報誌だと、大半は在宅ではなくどこかに務める仕事が載っていますが、よく調べると地元の企業による在宅の求人が出ていることがあります。

在宅の場合でも、最初は面接を受けたり、仕事のレクチャーを受ける為に仕事場に足を運ばなければいけないこともありますが、クラウドソーシングサイトやココナラとは違い、どんな人から在宅の仕事を請けるのかが分かり、信頼感や安心感を得やすいという特徴があります

企業の公式ホームページ、SNS

企業の公式ホームページやブログ、Facebbok、twitterなどの公式のSNSアカウントでも、在宅で仕事を募集していることがあります。

自分のスキルを活かせる職種の企業の公式情報を適宜チェックしておくことで、在宅の求人が出たときに素早く仕事を見つけることができるかもしれません。

スポンサーリンク

在宅仕事をやる上での注意点

締切は守るのが基本

在宅の仕事は信用が第一です。そして、在宅仕事で一番信用を落とす行為は「締切に間に合わない」というよくありがちなミスです。

在宅の仕事は本当にスキルのある人が真面目にやっているばかりではなく、家にいながら楽にお金を稼ぎたいという甘い意識や、お小遣い稼ぎでゆるく稼ぎたいというプロ意識に欠けた人も多く、その人たちが締切を守らないというミスを繰り返しているせいで、発注者は疑心暗鬼になってしまいます。

締切を守るというのは、会社員に限らず学生でも守るべきルールであり、社会生活を円滑に営むためには欠かせないスキルと言っても過言ではありません。

ちゃんと締切が守れるだけでも発注者から重宝されるケースもあるので、締切を厳守するように無理のない仕事の計画を立てるようにしましょう。

適宜連絡を取り合うようにする

在宅の業務は職場に勤めるのと違って、仕事仲間同士のコミュニケーションが取りにくくレスポンスが遅れがちというデメリットがあります。

人と話すことに過度な緊張を感じやすいHSPの人にとっては在宅業務は誰とも離さず黙々と仕事ができる快適な環境です。

しかし作業内容にミスがあった場合、職場でなら一言言えばすぐに修正できますが、在宅だとメールや電話などで連絡しなければいけない。またメールや電話で連絡が取れなければ、ミスがいつまで経っても修正されず時間のロスになってしまうことがあります。

また、締切が過ぎたあとに逃げるように音信不通になるケースも発注者を悩ませる問題のひとつです。

在宅ワークでは締切に間に合わなくなると音信不通になる人が多く、発注者の業務の妨げとなるだけでなく、自分の信用を失う原因となります。

もしも締切に間に合わない場合は、謝罪の連絡を入れて発注者と相談するようにしましょう。

生活リズムが崩れないようにする

在宅勤務は毎日決まった起きて会社に行って…というルーティンをしなくてもいいために、つい夜更かしをしてしまい生活リズムを崩してしまうことがよくあります。

生活リズムが崩れてしまうと、いくら在宅でも仕事のやる気が出なくなったり、疲れから作業効率が落ちミスを誘発させてしまう原因になります。

在宅で人の目を気にしない生活であっても、自制心を持ち生活リズムを整えておくようにしましょう。

スポンサーリンク

雇われずにフリーランス・個人事業主として働く方法も

在宅の仕事はどこかに企業や個人などの誰かに雇われるという働き方だけでなく、独立してフリーランスや個人事業主として働くこともできます。

しかし、フリーランスで働く場合も上に書いたとおりに商売となるスキルは必要であり、また雇われと違い収入が不安定で開業当初は赤字続きでプレッシャーになりやすいというデメリットもあります。

もちろん、フリーとして仕事を受けつつ雇われとしての仕事も受けつつと、リスクを分散して常に一定収入がある状態で働くというのも在宅勤務のコツです

また、このブログのように自分でブログ記事を書いて広告収入を得るという方法もあります。

ブログからの広告収入をメインにするのではなく、ブログを経由して自分の売りとなるスキルや活動履歴を載せて、閲覧してきた人からの仕事を獲得を狙うという使い方でもOKです。

誰かからの仕事を依頼されるのとは違い、フリーランスの場合は自分で営業や宣伝をする必要があります。

営業をするのはブログの他にも、SNSやLINEなどでもOKですが、しっかり連絡が取れる事、活動履歴やポートフォリオをわかりやすく見せるためにも、自分のブログを持っておくと、お客さんとなる人にとっては非常に便利です。

HSPのことがわかるおすすめの本

国立大教育学部卒、専攻は心理学。発達心理学、教育心理学、スポーツ心理学、社会心理学を中心に心理学に関する記事を執筆中。そのほかにも、人間関係やコミュニケーション、性格、スマホ、SNS、ゲームなどのあらゆるテーマを心理学の知識を用いて詳しく、面白い記事を書くことを心がけております。

広告掲載、記事執筆のご依頼などはこちらから。