職場の人間関係の距離感の取り方について

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

会社や職場の人との人間関係の距離感の取り方は、ネット機器やSNSなどの発達によってたいへん距離感を取るのが難しいものになっていると感じます。

もちろん、ここでいう距離感の問題は、近づきすぎてプライベートとの境目がなくなる場合もあれば、遠ざかり過ぎて仕事における連携が取れなくなる場合の両方を含みます。

今回は、そんな職場の距離感の取り方に関してお話しいたします。

関連記事

精神的な距離感の近すぎる職場の人間関係の特徴・例
仕事そのもの好きでも、仕事の人間関係が自分に合っていないと感じてストレスを感じたり、仕事を辞めたくなる気持ちに駆られる人がいます。 特

スポンサーリンク

職場の人間関係の距離感を近づけるメリット・デメリット

職場の人間関係の距離感を近づけるメリットは、チームワークを高めてより質の高い仕事がチームとして行えるようになること。職場の雰囲気を良くして、働いている人に居心地の良さを感じてもらう…という側面があります。

仕事の内容の厳しさゆえに離職率の高さやに悩んでいる職場において、やたら懇親会やBBQなどの親睦を深めるためのイベントが催されるのも、(厳しいなりにも)仕事に対して居心地の良さを覚えてもらい、より高い質の仕事をこなせるための対策と言えます。(ただし、アットホームな職場もといブラックな職場だと匂わせる判断材料として見られていることも、ネット上ではよくある…)

なお、デメリットの部分は距離感が近づき過ぎることで、公私混同してしまって居心地の悪さを感じてしまうことです。

一般的に、距離感は近づけば近づくほど良いものと考えている人が多いせいか、近づきすぎるあまりに、人間関係に束縛されてしまう苦しさまで考えが及ばびにくいものです。

また、近づきすぎた距離感を保つことを優先するあまりに、

  • せっかく近づいた距離感が揺らぎそうな不都合な事実を隠蔽してしまう。
  • 距離感の近さを合わせられない人を敵視して排除してしまう。
  • 正当性のないえこ贔屓を起こす。

などの問題を起こす可能性があります。

加えて、仕事の場合は立場の都合上、距離感を近づけるために行っていることについて、立場が弱い人だと言及しにくいという構造があります。(場合によればパワハラやセクハラの温床にもなりかねない。)

そのため、距離感を近づけるとなった場合、程よい距離感を通り越してしんどくなるまで近づいてしまいやすいのが、職場の人間関係の特徴と言えます。

職場の人間関係の距離感を遠くするメリット・デメリット

「人間関係か近い=良いこと」という考えを持つ人からは想像しにくいかもしれませんが、人間関係を遠くすることもまた、仕事の効率を上げる点においてはメリットになることがあります。

まず、煩雑であまり仕事の効率に関与しない人付き合い(飲み会など、勤務時間外の場合も含む)をカットするため、仕事を効率よくこなすことが可能になる。

また、適度に人間関係が薄い分、人間関係を円滑にするためだけのやり取りや気配りが減るため、ストレスを抱えづらい。つまり、能率アップや職場に対して居心地の良さを持つことにつながるのです。

なお、キツイ仕事を効率よくこなすという観点においては、ビジネスライクに接して淡々と指示を出していくことも、フレンドリーな雰囲気を作ってチーム全体でも仕事を進めていくことも、どちらも効果的な方法なのです。

ただし、距離感を遠くすることが功を奏す場合は、あくまでも距離感が近づきすぎてしんどい状態から、適度な距離感に戻ってお互い心地よい状態に戻っていることだという点は覚えておく必要があります。

冒頭でも述べているように、距離感が遠すぎると…

  • チームの連携が取れなくなり、ケアレスミスの増加・仕事の効率ダウン。
  • チーム内において他人に期待することが減るために、成長や勉強をしなくなる人が増える。(=期待をかけた人が成長する「ピグマリオン効果」が発生しづらい。)
  • 組織内で孤立してしまう。孤立すると、困ったことがあった場面で相談できる人が身近にいないので、ミスの早期発見と対処が遅れたり、居心地の悪さから離職を招く。

などのデメリットがある。それらを防ぐために、距離感を近づけることを多くの職場は意識するのです。

職場の人間関係の距離感の取り方

人間関係の距離感を取るときに気をつけておきたいのが、今の自分の職場の距離感が

  • 近すぎて悩んでいるのか。
  • 遠すぎて悩んでいるのか。

のどちらで悩んでいるかをしっかり理解しておくべきことです。

距離感は近すぎる状態で悩んでいるのあれば、程よい距離感になるまで遠ざけてみること。具体的には、職場の人と関わる時間を減らしたり、勤務時間外で会う頻度を減らしてみることで、「近すぎて辛い状態」から「適度な距離感」になるまで、距離感を置いてみることが大事です。

加えて、もしも自分が距離感を遠ざけることに過剰な罪悪感や忌避感を抱いているのであれば、その感覚と向き合い「罪の意識を覚えなくてもいいこと」と理解する。そして、別の視野も検討に入れられるだけの、思考の柔軟性を持てるようになることも大事です。

一方で、距離感が遠すぎることで悩んでいる場合は、職場の人と話したり、飲み会などを開催して会う頻度を増やすなどして、「遠すぎて辛い状態」から「適度な距離感」になるまで、距離感を近づけることが大事です。

ただし、話すと言って世間話をして仕事にあまり関係無い話ばかりをするのではなく、できれば仕事に関する質問や報告・連絡・相談など、業務に関わりのある内容を通して、距離感を深めて行くことが望しいと言えます。

仮に、仕事に直接関係無い話をして距離感を近づけようとする場合は、勤務時間外や相手が自分に対して興味を持ってくれている状況に絞ってすること。つまり、TPOをわきまえた上で話すようにしましょう。

その他にも、職場で感じた疎外感や人恋しさを、仕事以外の人間関係を持つことで満たす方法も、今の職場で感じているストレスを上手く処理するためには効果的です。

職場の雰囲気や働き方の形態(在宅での仕事をすることもある等…)、自分の立場によっては、職場の人と距離感を近づけて適度な距離感になることが難しいこともありますので、その場合は別の人間関係を持つことで対処することが賢明です。

程よい距離感を保つためにはルールを決めておくことも視野に

もしも自分がある一定の立場にいて、距離感を近づけたいor遠ざけたいという希望がある場合は、「過度に近づいてしんどくなる」or「過度に遠くなってしんどくなる」の双方の極端な状態ならないように気をつけることが大事です。

立場の都合上、上の立場の人が善意で距離感を調整していることに対して、下の立場の人が意見を言うことは難しい。そのため、距離感の遠近はどちらも極端になるまで進んでしまいがちです。

そうならないため対策としては、距離感を取るときのルールを決めておくことが有効です。

たとえば、飲み会の頻度にしても、今の人間関係においてちょうどいい頻度(一ヶ月あたり何回か…等)はどれだけかを調べておき、近すぎず、遠すぎず、ちょうどいい関係を保てる頻度になるように調整する。

そのほかにも、LINEなどのグループチャットで連絡を取り合うことが多い場合は、業務に関係ないことを投稿しないこと、業務時間外や休日は利用しないことなど、あらかじめ快適に使えるためのルールを決めておき、それを守るように徹底すること。

どれも、シンプルで基本的なことではありますが、ちょうどよい人間関係を保つためには効果的です。

関連記事

仕事におけるパーソナルスペースの適切な距離感と4つの注意点
「職場で円滑な人間関係を築きたい」「取引先の相手に失礼がないように接したい」など、 会社に勤めていると気にしている方は多いでしょう。
他人との距離の詰め方で注意すべきこと
他人と仲良くなったり、打ち解けて楽しく話せるようになるためには、お互いの物理的・精神的な距離を詰めることが大事です。 しかし、距離の詰

https://mental-kyoka.com/wp-content/uploads/2019/05/hitonohukou-kyoukan.jpg

おすすめ転職エージェントランキングTOP5

第1位:転職成功実績NO.1【リクルートエージェント】

「リクルートエージェント」が20代におすすめの転職サイト1位である理由は、「業界最大手」の名に恥じない非公開求人の多さにあります。 非公開求人はジャンルや年齢層を問わず20万件以上と国内最多。また、内定の決定数も年間2万3,000人以上、累計で32万人とNO.1です。 スキルを活かし転職をしたいというキャリアアップが目標の方はもちろん、新しい業界への挑戦を考えている、自分を採用してくれる会社があるか不安という方も「リクルートエージェント」に登録しておけば間違いありません。
【リクルートエージェント】のおすすめポイント
  • 年収アップ率62.7%
  • 土日祝日・平日20時以降も対応
  • 給与の交渉代行
  • 独自に分析した業界・企業情報の提供
  • 満足度99%面接力向上セミナー
  • 地方求人も豊富
2011年のデータではありますが、「リクルートエージェント」を利用した転職者の6割以上が年収アップを実現。 担当アドバイザーが1人1人の強みを引き出すとともに、応募先へのアピール方法や口には出しにくい転職理由をうまく伝えるアドバイスなどもしてくれます。 また、20万件以上の非公開求人には地方の求人も多く含まれているため、Uターン転職、Iターン転職、Jターン転職などしたい場合も収入を落とさず好条件で転職が可能です。
  • Uターン転職…地元に戻り転職する
  • Iターン転職…都会で育ち就職した人が地方に移住し転職
  • Jターン転職…地方で育ち、都会で就職、地元とは違う土地へ転職
日本全国の求人を保有していますが、約85%が「リクルートエージェント」のみでしか取り扱いがなく、他の転職サイトでは見ることができません。 あらゆる分野の求人が集まってくるトップサイトですので、リクルートエージェントには必ず登録しておきましょう。

\求人数NO.1!年収アップ率60%以上/

リクルートエージェントの無料登録はこちら

第2位:満足度NO.1!【doda】

第2位は「リクルートエージェント」に次いで求人数が多い「doda(デューダ)」。 非公開求人は10万件以上あり、仕事について迷走しがちな20代向けの独自のサービスが充実しています。 登録すれば定期的に開催される「doda」主催の大規模な転職フェアやセミナーに参加が可能。 企業の担当者と直接話ができるため、あなた自身の人柄を直接アピールでき、運が良ければ書類審査をパスすることができます。 実は、20代の転職活動で書類審査は「沼にハマりやすい」大事な通過点。社会に出て数年では経験も足りず、その他大勢との差を広げにくいためです。 何度も何度も練り直し、書き直し、それでも通過しないことも多い書類審査を、パスできる機会があるのは大きなメリットなのです。
【doda】のおすすめポイント
  • 年収査定、キャリアタイプ診断、合格診断などのツール
  • doda転職フェア・セミナー
  • 応募書類の書き方・面接対策
  • スカウトメール
是非利用してほしいのは「年収査定」や「キャリアタイプ診断」など自分の現在の年収が本当に妥当なのかどんな仕事や働き方が向いているのかなど無料で診断できる独自ツール。 自分の現状を知ることが転職活動の第一歩になります。 また、「doda」は他サイトと比較してもスカウトメールが届く回数が圧倒的に多いのが特徴。 中には「面接確約オファー」や「プレミアムオファー」など書かれたメールが届くこともあります。 「面接確約」や「書類選考免除」などのスカウトなら、最短ルートでの内定がもらえる可能性大! 転職したくても「もし失敗したら?」と不安になってしまう方もいると思いますが、「doda」に登録しておけば転職に関する不安も嘘のようになくなるはずです。

\「自分の市場価値」を診断できる/

dodaの無料登録はこちら

第3位:独占求人多数!【マイナビエージェント】

20代におすすめの転職サイト第3位の「マイナビエージェント」は20代~30代前半に強い転職サイト。 3位の理由は新しい業界へ挑戦したい方向けの未経験でも応募可能な求人も多いことが1つ。 もう1つは、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業などの求人が豊富で、特定の分野に特化した転職のノウハウを持っていることです。 「マイナビエージェント」のみが保有する「独占求人」も非常に数が多く、保有する案件の約8割が非公開求人。業界に詳しい担当者がプロの目線でアドバイスをしてくれます。
【マイナビエージェント】のおすすめポイント
  • 「転職成功」のノウハウを伝授
  • 面接日、年収、入社日などの条件交渉を代行
  • 推薦状を書いてくれる
  • 求人票だけでは分からない会社の雰囲気や情報を網羅
入社後に後悔しない転職のためにも、企業の社風や雰囲気、平均残業時間、業界の成長性・動向など、有益な情報を共有。 転職後の3年後、5年後を見据え、新たな分野への挑戦にも親身にアドバイスをくれるのが魅力です。 新しい分野に挑戦したい、選択肢を広げたいという方、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業へスキルを活かし転職したい方は「マイナビエージェント」の登録がおすすめです。

\未経験OK!独占求人が豊富!/

マイナビエージェントの無料登録はこちら

第4位:転職者の約71%が年収アップ!【type転職エージェント】

第4位は、20代や30代前半の若年層向けの転職サイト「type転職エージェント」です。 業界に精通したエージェントが転職成功へ向けサポートを行ってくれ、2015年には利用した約71%の人が年収が上がったという実績も残していることがランクインの理由です。 年収アップを念頭におき、転職活動をサポートしてくれるため、確実にキャリアアップしたいという方に特におすすめです。 総合人材サービスの「キャリアデザイナー」が運営していることもあり、大手企業やベンチャー企業などの独自の求人も多く、特にIT系やエンジニアなどの求人が充実しています。
【type転職エージェント】のおすすめポイント
  • 「転職力診断テスト」
  • こだわり検索
  • 転職者の約71%が年収アップ
「type転職エージェント」で特に評価が高いのが「転職力診断テスト」。 約13万人の職種・年齢別経歴などのデータを元に、選択式の簡単な質問に答えていくことで、「強み」や「不足しているスキル」などを細かく分析してくれます。 診断が的確で、自分では気づけないような新しい可能性を発見できることから、転職を意識し始めたばかりの人はもちろん、転職活動がなかなかうまくいっていない人にもぜひ挑戦してみて欲しいサービスです。 また、「type転職エージェント」は求人のこだわり検索項目も非常にユニーク。 「受かりやすい順」「月間の目安残業時間」など、他では見られないが「知りたい条件」で絞り込むことで希望にあった求人を探すことができます。 また、IT・通信系、営業職などに特化しており、独自の求人も豊富です。 ただ、東京や大阪など都市部での転職活動であれば豊富な求人を紹介できますが、地方によってはほんの数件しか取扱がないため注意しましょう。 「リクルートエージェント」や「doda」など総合型の転職サイトにも登録し、あわせて使用するのがおすすめです。

\【東京・大阪】質の高い案件が豊富/

type転職エージェントの無料登録はこちら

第5位:顧客満足度調査NO.1【パソナキャリア】

20代におすすめの転職サイト、第5位は「パソナキャリア」です。 2019年オリコン顧客満足度調査でNO.1を獲得するなど、サポートの手厚さ、丁寧さで特に人気ですが、丁寧な分スピード転職を希望している方には不向きという理由で5位に。 ただ、求人数は3万件と「リクルートエージェント」や「doda」と比較すると量は少ないながらも、人材総合サービスのパソナグループのコネを活かした質の高い求人が多くあります。
【パソナキャリア】のおすすめポイント
  • 業界ごとのチーム体制
  • 面接対策・職務経歴書のサンプルやフォーマット
  • 年収診断
  • 女性の転職にも強い!
「パソナキャリア」では業界ごとに担当者を置いており、専門性の高い業界でも特有の悩みや不安に寄り添い、丁寧なサポートを受けることができます。 また、女性の転職活動支援に特化した専門チームもあり、1人1人に寄り添い丁寧にサポートを行ってくれます。 「パソナキャリア」では、面接や書類の対策など基本的なことにもしっかり対応しつつ、転職者1人1人が抱える背景を考慮した、丁寧なサポートが魅力です。 業界ごとに「専任キャリアアドバイザー」がいることで、深い知識と濃い情報を聞くことができるとともに、理にかなったアドバイスを聞くこともできます。

\満足度No.1!スペシャリストがサポート/

パソナキャリアの無料登録はこちら

この記事が気に入ったらシェア

フォローする