自己愛性人格障害から見るメサイアコンプレックスに関する考察

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

困っている人を助けようとするものの、それがどこか偽善者のように見え、ありがた迷惑になってしまうという特徴を持つ「メサイアコンプレックス」と、自己愛(=ナルシシズム、自己陶酔といってもいい)が強くて尊大で傲慢な態度をとる特徴を持つ「自己愛性パーソナリティ障害」には、いくつかの共通点がみられます。

今回は、自己愛性人格障害から見るメサイアコンプレックスについてお話しいたします。

関連記事

メサイアコンプレックス 困っている人を助ける人に抱く違和感について
自分の事を救世主(メシア)だと感じて、人を助けたがったり余計なお世話をしてしまうことをメサイアコンプレックスと呼びます。ボランティアやチャリティなどの良いことをしているはずなのに押し付けがましく、自分の存在価値を示すために困っている人を利用するため、行動に違和感を覚えることが少なくありません。
偽善者がうざいと感じる心理の正体について
自己犠牲の精神で誰かを助けたり、ボランティアその社会的な奉仕活動に勤しんでいるのにもかかわらず、どこか利己的な感情が隠しきれなかったり、自分

スポンサーリンク

他人を助ける行動そのものに特別意識を見いだせる

ボランティアや募金活動など、あらゆる形で他人を助けようとする行為は、ただそれだけで素晴らしいものであり、賞賛に値するものとして浸透しています。

ましてや人助けをする人が、個人的な欲望や打算など、俗世間的な願望で人助けをしている…と、いうひねくれた考え方は持つべきではないですし、もしもそんなひねくれた考え方を持とうものなら他人から批判される危険性があるものです。

従って、他人を助けるという行為に出る人は、ただ「素晴らしい」という高い評価を受けるだけでなく、その人の内面は清らかで、慈愛に満ちていて、多くの人が見習うべき特別な素養を持っている人だ…と無批判に見られやすく、尊敬や賞賛の声が自然と出したくなるほどに特別な人だと見てしまいます。

こうした「特別な人」として見られることは、メサイアコンプレックスおよび自己愛性人格障害の人が強く執着するものでもあります。

メサイア(救世主)という言葉の意味からもわかるように、メサイアコンプレックスは救世主という特別な役割に対して強い執着を持つ。そして、自己愛性人格障害の人は肥大化した自尊心により、自分が特別扱いされることを強く望むので、他人を助ける行為に出て賞賛を浴びることはまさに好都合です。

しかし、どちらも人助けをする際に、自分の個人的な願望を優先するあまり、善意の押し売りのようなありがた迷惑な救済になるので、あまり好ましい救済とは呼べません。

助けたい人が今何を求めているのかを聞こうとせず、ただ自分が特別な人間であるとして注目を浴びたいために、困っている人を不当に利用する点が、彼らが「偽善者」と呼ばれる所以です。

救済する相手に問題があればあるほど「自分は特別」という意識が強められる

救済をする相手は誰でもいいというものではありません。例えば、とくに悩みや困り事がない人を助けても無意味ですし、むしろ困ってない分「結構です」と拒絶されて、不安定な自尊心が傷つけられる恐れがあります。

そのため、(当然といえばそうなのですが)救済する対象となるのは、災害の被災者、貧困に困っている人、障害や疾患を抱えている人、子供、女性、老人…など、社会生活において問題を抱えている人や、いわゆる「弱者」として扱われて保護や配慮が求められる人がメインになります。(なお、野良犬や野良猫など、救済の対象が動物にまで及ぶこともある)

こうした問題を抱える人たちに寄り添う姿勢こそ、多くの人が関わろうとしたがらない人に関わる自分が特別であることを強く実感させてくれるものになるので、自分に対する特別意識が強い自己愛性人格障害の人には好都合です。

「弱者に寄り添う自分の素晴らしさ」を思う存分アピールできる

また、特別意識の他にも自己愛性人格障害の人の言動には「他人を不当に利用する」という特徴があります。

ただし、他人を利用するにしても、その人が自己主張が強くて反発されるおそれがあったり、自分の支配下から逃れるだけの行動力や知識が持っていては、利用できなくなります。

そのため、どうしても利用する相手は、上でも触れた人たちのように困っていて精神的に追い込まれている人、力も言葉も弱くて他人に抵抗出来ない人がターゲットになります。

もちろん、「他人を不当に利用するために「弱者」を餌食にします」という邪な願望は口が裂けても言えないものですし、他人にそんな願望を持っていると勘繰られては賞賛が得られなくなるので避けようとします。

このように、自己愛の強い人は

  • 「他人を利用したい」
  • 「でもそのことがバレるのは嫌だ」

という相反する気持ちのぶつかり、つまり葛藤に苦しむ人でもあります。もちろん、葛藤状態が長引けばストレスを抱えて苦しむので、なんとかして葛藤を何らかの形で解消しようとします。その解消方法として有効なのが、ボランティアをはじめとした他人を救済する行為です。

他人を助けるという行為は社会的に認められ賞賛されているので、本心は他人を利用して自分を満たすという邪な目的があったとしても、それを難なく覆い隠すことが可能です。

そして「まさか人助けをする人が悪いわけない」という考えで見る人が多いので、自分に疑いや批判の目が向けられる心配も少ないし、むしろ善意にあふれる人として高評価を得られます。

こうして、表面的には「弱者に寄り添う自分の素晴らしさ」をアピールしつつ、裏では弱っている人を利用して、肥大した自尊心からくる個人的な願望を満たす事をやってのけるのです。

なお、「まさか人助けをする人が悪いわけない」という考えは、心理学で言うところの公正世界仮説(または公正な世界の信念)の一種と言えます。

慈善活動という立派な事をやっている人や組織が、人には言えない後ろめたい事をやっていると考えようものなら「世界は公正である」という仮説や信念が揺らぐ不安があります。

そして、もしも自分が困った時に不当に利用してくる人の存在を怯えて、助けを求められなくなる恐怖があります。

そうしたことに苦しまないためにも「立派なことをする人は内面も立派であるに違いない」という公正さに基づいた認知を持ち、それにこだわることが私たちにあるのです。(ただし、この認知こそが自己愛の強い人が持つ邪悪さを覆い隠す手助けをしているのは、なんとも皮肉です…)

関連記事

公正世界仮説「努力は報われる」「被害者にも原因がある」と考えてしまう心理的な理由
スポーツをしている人の間でよく聞く言葉として「努力は報われる」というものがあります。 女子マラソンの高橋尚子選手の名言としても有名な「

権威や権力にこだわりが強くボランティア活動でそれらを得ようとする

最後に、自己愛性人格障害の人は、権力のある人・組織や権威のあるものに対して強いこだわりを持つ傾向があります。

ボランティア活動の場合は、国や地方自治体などの公的な組織がバックについていることはもちろんのこと、ユニセフなど世界レベルで活躍している組織の権威を借りて活動できます。

自己愛性人格障害の人からすれば、ただ名前も知らない組織の小さなボランティア活動に夢中になるよりも、なるべく多くの人が知っている組織や公的な存在がバックにいる方が「自分は誰もが知っている組織と関係を持っていますよ」と、自慢げに語って注目を集めることができます。

…もちろん、権威ある組織が関わっている以上、厳しいチェックが入ってうかつな行動は簡単に取れなくなるので、そこまで心配する必要性はないとは思います。

しかし、東日本大震災の後にNPO法人の「大雪りばぁねっと」がずさんな運営を行っていたことが明らかになり、代表者が逮捕に至った件を見てもわかるように、油断は出来ないと思います。

人助けをしていて且つ国家のお墨付きがあり、何も疑うような悪材料がないからといって、相手を心酔してはいけない…と、世界は公正ではないという不都合な事実を、自己愛性人格障害およびメサイアコンプレックスについて調べていく中で強く感じた次第です。

関連記事

メサイアコンプレックスの人に巻き込まれた時の対処法
やたら人を助けようとしたり、余計なお世話で助けている人を困らせてしまい、メサイアコンプレックスの人にに巻き込まれた時の対処法についてまとめています。メサイアコンプレックスは「優しい支配」であると心得ておくべきです。
募金詐欺に騙されないための心構えと対策
駅や商店街などで募金を集めるふりをして、実は個人的な目的で募金活動をしている募金詐欺の被害が後を絶えません。なんか怪しい、直感で信用できないと感じる個人や団体への募金は、恵まれない国の子供にお金が届かないばかりでなく、反社会的な人のもとに渡るリスクがあります。この記事では募金詐欺に対策などについてまとめています。

https://mental-kyoka.com/wp-content/uploads/2019/05/hitonohukou-kyoukan.jpg

【たった1回で一発解決】30分後にはあなたの悩みが解決する方法とは

周りの人に相談できない。解決したいのに自分1人じゃどうにもできない。

誰しもがなかなか人には言えない悩みはあります。

1人で考えることはとても大事ですが、悩みを解決するにはやはり誰かに相談することが1番の解決方法です。

「でも周りの人に言うのが怖い」

わかります。相談することはとても勇気がいることですよね。

すぐに悩みを聞いて助けてくれる人がいれば、どんなに心強いことかと感じたことはありませんか?

私はあります。困難な悩みにぶつかるたびに心が締め付けられてしまい、どうしていいかわからなくなってしまいます。

あなただけではなく、実は他の人も同じように悩むのです。

『知り合いに頼らずに』悩みを解決することができる

結論から言うと、「同じ気持ちを理解し、かつ正しい解決方法がわかる人に相談すること」がもっとも早く悩みを解決できます。

「その相談できる人がいないんだよ」と言う人も大丈夫。私がそうでしたから。

解決できた最大の理由は『ココナラの電話占いでお悩み相談』を利用したからです。

実際に悩み相談に非常に多くの人が利用している『ココナラ電話占いでお悩み相談』。

悩みに対し、あなたに対し最大限のアドバイスをすることが目的なので、いきなり悩みをぶつけることができます。

『ココナラ電話占いでお悩み相談』がおすすめな理由

最大の理由はお悩み相談に精通しているプロがいるから。 占いと聞くと、適当なことを言うのではないかと思う人もいるかもしれません。

しかし実際は、毎日毎日、様々なお悩み相談を聞いているわけです。

これほど悩みを聞く立場の人はいないのではないでしょうか。

実際にコメントの数も半端な数ではないです。多い人だと3400件もの口コミが。

本当にリアルな口コミが書かれており、私が試してみたのも口コミを見たからです。

友人でもなく、悩みに精通している、まさに相談する相手としてベストなのです。

ココナラ電話占いお悩み相談の無料登録はこちら

実際に話すことで心が軽くなる

結論からお伝えすると、私はがっつり話して悩みを解決しました。

私の悩みは「人間関係がうまくいかなく、視線を感じるだけで嫌われている気がする」でした。

非常に親身になって聞いてくれて、「他にも〇〇なこともあるんじゃない?」と似たような状況が確かにあったことを引き出してくれました。

その全てに当てはまる、自分の奥にある根本的な原因をしっかりと優しく教えてくれて、実際に取るべき対策と解決方法も知ることができました。

私は相談した後はすっきりとした気持ちになり、自分でもわかるレベルで心のモヤモヤが晴れました。

もし話すことが怖いなと思っていても大丈夫。占いの先生は話すことが苦手な人といつもお話しているのです。

ココナラ電話占いお悩み相談の無料登録はこちら

今なら通話料無料・最大30分無料で相談できる

『ココナラ電話占いでお悩み相談』は期間限定で3000円分の無料クーポンがあります。

各占いの先生には『1分あたり○円』と金額が設定されており、1分100円の先生に相談すると、30分無料で相談ができます(私が利用したのは100円の先生です)。

今は期間限定でやっている3000円分無料クーポンですが、いつキャンペーンが終了するのか、正直わかりません。

今もしあなたが悩んでいるなら、ぜひこの機会に無料登録し、今あなたに中にある悩みを相談してみてください。

ココナラ電話占いお悩み相談の無料登録はこちら

この記事が気に入ったらシェア

フォローする