絵師、絵描きが承認欲求でストレスを抱える理由

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

Twitterやイラスト専用のコミュニケーションサイトpixivなどで自分の描いたイラストを投稿する人のことを、絵師(えし)と呼びます。

絵師といっても、日本画の狩野派のような歴史ある格式張ったものとは異なり、単純に趣味としてイラストや漫画を描いている人、あるいは仕事として描いている人(=イラストレーター、漫画家)だと理解しておけばいいでしょう。

ネット上に自分のイラストアップする目的は仕事のためであったり、同じ趣味を持つ人との交流などありますが、共通しているので「自分の作品を誰かに見てもらいたい」という点。

すなわち、「絵を描くことで自分の承認欲求を満たしたい」と言う目的から、ネット上に笑をアップしているのです。

しかし、絵師の世界は絵師自身による厳しい技術競争があったり、絵師同士の嫉妬や暗黙のルールを守るべき、などの気遣いをしなければいけないことが多く非常に複雑です。

また、自分よりも圧倒的な知名度と技術のある人ばかりに注目が集まってしまい、承認欲求を満たすことができなかったり、露骨な宣伝やアピールが不快だと思われてしまうことがあったりなど、気苦労が耐えません。

今回はそんな絵師の人が抱える承認欲求のストレスについてお話しいたします。

関連記事

絵師・絵描き同士での嫉妬に関する分析
漫画家やイラストレーターなど、仕事として絵を描く人や趣味として絵を描くことを楽しむ人のことをネット上では「絵師」あるいは「絵描き」と呼びます

絵師が承認欲求で感じるストレスの例

宣伝は悪という風潮で「自分の絵を見てもらいたい」と言えない

イラストや漫画を中心として集まるSNSの人間関係の中には

  • 「過剰な宣伝はお目汚しになるのでやるべきではない」
  • 「露骨な宣伝は他のタイムラインを見ている人を疲れさせてしまうので控えるべき」

と言うような「宣伝=悪」という風潮がはびこっていることがあります。

そのため、周囲に迷惑をかけてはいけないと思い込んでしまった絵師が、自分の描いた作品を宣伝することを過剰に恐れてしまったり、嫌がられるのをわかって必死にアピールをしていると思われたくないために、自から宣伝を控えてしまうことがあります。

当然ながら、宣伝を控えればその分自分の作品が見られる機会が失われてしまい「自分の作品を見てもらいたい」と言う気持ちは満たされないままです。

しかし、かといって過剰に宣伝すれば煙たがられる恐れがあり、承認欲求を満たしたくてもみたせないと言うジレンマに苦しむのです。

「いいね」ばかりで「リツイート」で拡散されず閲覧数が増えない

Twitterでの話になりますが、自分が投稿した作品に対して「いいね」ばかりが集まり「リツイート」されず、自分の作品が拡散されないと言うことがあります。

Twitterの仕様では、いいねでも拡散効果は期待できますが、リツイートほどではありません。

絵師にとっては、できるだけ自分の作品が多くの人の目に触れて欲しいと感じているので、いいねばかりが増えていきリツイートが増えない状況に対してもどかしさを感じてしまうのです。

もちろん、投稿されたイラストの趣味・嗜好によっては、「ちょっとリツイートで拡散するのが恥ずかしい…」と言う作品もあり、気軽にリツイートできない理由も考慮しておくのがいいでしょう。

とは言え、何も反応を残さないのでは絵師の人をがっかりさせてしまうので、その場合は代わりね「いいね」をつけることで、絵師の人を応援していると表明することができるのです。

スポンサーリンク

承認欲求が強いことでアンチに粘着され攻撃を受ける

(イラストや漫画に限った話ではありませんが)注目を浴びる作品を作る人は、その分嫉妬や羨望の対象になりやすく、アンチに粘着されるリスクもあります。

アンチは絵のうまさや絵師の人間関係の他にも、絵師自身が持っている承認欲求の強さですらもアンチ活動の燃料にして粘着することがあります。

承認欲求が強い人のことを不快だと感じている人は多く、たとえすばらしい作品であってもその作品を作った人の人間性や性格を攻撃材料とし、アンチは不快感を募らせてしまうのです。

関連記事

承認欲求をこじらせた人がめんどくさい理由
誰かから認められたい、尊敬されたい、褒められたいと言うような要求を承認欲求と呼びます。 承認欲求は人間であれば誰もが持っている欲求です
承認欲求は気持ち悪くてうざい? 「認められたい」という気持ちを不快に感じる理由とは
普段の生活している中で「承認欲求(しょうにんよっきゅう)」という単語を耳にしたことはないでしょうか。 承認欲求は自己顕示欲とい

流行の移り変わりが激しく、承認欲求を安定して満たすことが難しい

アニメや漫画ゲームなどの作品を自分の画風で描いている…すなわち「二次創作活動」で承認欲求を満たそうとする場合、流行の作品についてよく調べたり、作品の世界感やキャラの個性などを知った上で作品を作っていくことが重要です。

多くの人が知っている作品であれば、その分より多くの人に見てもらえる可能性が高くなるので「自分の作品を見てもらいたい」という承認欲求をより効率的に満たせるようになります。

しかし、その一方で流行の作品の場合は流行廃りが激しく、同じ作品で継続的に且つ安定して承認欲求を満たすのは難しいと言う弱点もあります。

流行が過ぎた作品の場合、絵をアップしてもと閲覧数も稼ぎにくく、思うようにファンが定着しないことでストレスを抱えてしまうだけでなく、上がらない閲覧数に打ちのめされて絵を描くことそのものが苦痛に感じてしまうのです。

更に、自分の承認欲求を満たすためも、随時作品のトレンドを追い続けなければいけないと言う義務感からくる苦悩もあります。

また、仮に承認欲求を満たすことができても、ただ流行にうまく乗れたという事もあり「今は上手く行ってるけど、そのうち流行が終わって自分の承認欲求が満たされなくなるかもしれない」と言う不安に苦しめられるのです。

スポンサーリンク

同じ絵師同士での競争に巻き込まれる

自分の作品を見て欲しいと思っているのは、当然ながら自分以外の創作活動してる人でも同じです。

特に、イラストや漫画ともなれば、技術の差は作品を見れば一目瞭然ですし、同じように絵を描いている人はごまんといるのでファン獲得、そして自分の承認欲求を満たすための競争は激しくなる傾向があります。

また、デジタル機器の発達により今や液晶タブレットで、デジタルできれいなイラストを簡単に描くことができる状況にもなっています。

このことは言い換えれば、自分よりもずっと若くて体力のある新人が簡単に出てくるが出てきて、自分のファンをいつ奪ってもおかしくない状況とも言えます。

もちろん、一口にファンといっても、特定の絵師にばかり夢中になっている人もいれば、多くの絵師のファンになり幅広く作品を楽しんでる人もいます。

しかし一人当たりにかける時間には限度があり、競合が増えればその分「自分の作品に注目してくれる時間が減少=自分の承認欲求が満たさなくなる」と言う漠然とした不安を孕んでいます。(もちろん、絵師のファンだった人が他の分野のファン[youtuber,芸能人など]に移る事もあります。)

今までコメントを残してくれた人が残してくれなかった。DMで意見をくれた人が意見を返さなくなった、などのファンの行動の変化で一喜一憂してしまうのか、絵師が抱く悩みの1つでもあるのです。

初心者だと見向きもされず注目すらされず辛くなる

自分の描いた作品を見てもらいたいと思っていても、初心者の場合だと既に注目を浴びている家の前でははが立たず、見向きもすらされないことで挫折してしまうことがあります。

よっぽどの技術や魅力、話題性がある作品でなければ、すでに知名度を獲得している医師に注目は奪われてしまい、初心者はいつまでたっても自分の絵の閲覧数が増えず、満たされない思いで苦しむことになるのです。

自分よりも絵の技術が上の人が山ほどいる状況では、承認される人とそうでない人との格差は大きく、その現実を受け入れて努力してもなお中々閲覧数が増えず承認欲求が満たせない期間を乗り切らなければいけないという苦悩があるのです。

スポンサーリンク

自分の絵ではなく自分自身を受け入れて欲しいと感じる絵師

二次創作で承認欲求を満たしている人にあるのが、自分の影ではなく自分自身を受け入れて欲しいと言う欲求でストレスを抱えてしまうということです。

既にアニメや漫画などである程度知名度がある作品の場合、確かにその作品の二次創作を書けば閲覧数や「いいね」の数を比較的楽に稼ぐことができます。

しかし、その数字はあくまでもトレンドに乗って運良く稼げた数字や、たまたま局所的にヒットしたキャラのおかげで運良く稼げたたなぼた要素が強いという側面も否定できません。

そのため、閲覧数こそ増えている状況であっても

  • 自分の作品が本当にちゃんと見られているのか。
  • 作品を通して自分自身の技術や努力も認められているのか。

と言う疑念を抱いてしまうのです。

絵師と言っても、ただ絵さえ受け入れてもらえればいいと割り切ることは難しいことだと思います。

絵だけでなく、絵を通して自分という人間を受け入れて欲しい、自分のことを認めて欲しいと感じてはいるものの、そのことを作品を見ている相手が意識しているとは限りません。

ましてや「作品ではなく自分を受け入れてくれ」と言ってしまえば「じゃあ絵以外でも認めてくれさえすればいいのか?」「だったら何のために絵を描いているのか」という批判の声も出てくるのも無理はないことでしょう。

絵を描くことで承認欲求を満たすというのは、外から見れば華々しくまさに理想的な満たし方と言えるでしょう。

しかし、その裏では口にしにくい悩みや葛藤、ジレンマなどが数多く存在しており、華々しさとは程遠いドロドロとした人間の思惑が広がっているのだと見ることができます。

関連記事

創作・同人活動・趣味でジャンル移動をする時に発生するストレス、疲れ、悩みへの対処法
普段は体育会系やスポーツに関する話題をメインに扱っている当サイトですが、以外に思われるかもしれませんが筆者の趣味はスポーツだけでなく漫画・ア
二次創作活動での承認欲求に関する考察
公式が発表している作品をもとネタにした創作活動…つまり、二次創作活動をしている絵師(漫画、イラストを書く人のこと)、物書き(小説を書く人のこ

国立大教育学部卒、専攻は心理学。発達心理学、教育心理学、スポーツ心理学、社会心理学を中心に心理学に関する記事を執筆中。そのほかにも、人間関係やコミュニケーション、性格、スマホ、SNS、ゲームなどのあらゆるテーマを心理学の知識を用いて詳しく、面白い記事を書くことを心がけております。

広告掲載、記事執筆のご依頼などはこちらから。