自己愛が強い人の恋愛の特徴について

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

自己愛性パーソナリティ障害を始めとして、自己愛の強い人は表面的には自分をよく見せることが上手であるため、その魅力に惹かれた人と恋に落ちることがあります。

自己愛が強さゆえに、やたら社交的でガツガツとした肉食系の性格をしているため、男女関係なく一定の人に支持されるだけの魅力を持っている人でもあります。

しかし、自己愛の強さが災いし、恋愛関係においては恋人をぞんざいに扱うような態度を取ってしまったり、まるで恋人を自分の子分のように扱ってしまい、DVやモラハラに発展しかねない危うい性格の持ち主でもあります。

綺麗な花にはトゲがあるように、表面的な魅力ばかりを見てお近づきになってしまうと、自分が痛い目を見る可能性があるため、用心するに越したことはない相手といえます。

今回は、そんな自己愛の強い人の恋愛の特徴についてお話致します。

スポンサーリンク

自己愛が強い人の恋愛の特徴

自分がマウントを取られない相手を恋人にしたがる

自己愛の強い人は、あらゆる人間関係を対等なものではなく上下関係で見る傾向があります。

  • 「自分と関わる人は自分よりも格上なのか?格下なのか?」
  • 「マウントを取れる相手か?それとも取られる相手か?」

と、自分と他者との立場関係に敏感であると同時に、自分の方が格下の存在になることを極度に嫌がる人でもあります。

こうした考えは恋人に対しても同じであり、自分の恋人があらゆる場面で自分より格下である、あるいは上回る心配がないような人を恋人にしたがる。つまり、マウントを取られる危険性がなく、自分の意のままにコントロールしやすい相手を恋人に選ぶ。「自分は恋人よりも優れている」という関係を築くことで、自己愛を満たそうとするのです。

なお、「自分を見下してなんて失礼人なんだ」と反発する勢いがある人は、自己愛の強い人のターゲットになっても逃れることが比較的容易です。

しかし、自己肯定感が低くて自分をぞんざいに扱う人の方が安心感を覚えてしまう人や、自己愛の強い人が持つカリスマ性に半ば心酔している人は、自己愛の強い人のターゲットになっても、なかなか逃れれらないままの状態になりがちです。

恋人を自分の引き立て役として利用する

マウント云々に通ずるものでもありますが、自己愛の強い人は恋人を自分よく見せるための引き立て役として利用することが目立ちます。

例えば、恋人の方が学力やコミュ力などの本人の能力と呼べるものが低ければ、その分能力の高い自分の有能さが際立たせて周囲からの注目を集めることが可能になる。

また、能力が低い恋人に対して優しく接すれば「能力が低くて見下されがちな人に対して優しく寄り添える」自分を演出することでも、自分をよく見せられます。

いずれの場合も、恋人を一人の人として尊重せず、あくまでも自分をよく見せる引き立て役として利用しているため、傍から見ていると仲が良さそうに見えるも、どこか後味の悪さ残ってしまう関係に見えることがあります。

恋人に対して自分の要求や願望を一方的に押し付けようとする

自己愛の強い人は「自分は特別な存在である。だから、周囲の人は自分の要求や願望を自然と受け入れてくれるに違いない」という、独特の思考の癖をもっていることが目立ちます。

  • 恋人だからこそ、自分の身の回りの世話をしてくれるに違いない。
  • 恋人だからこそ、いつでもおごってくれたり、プレゼントをもらえるに違いない。
  • 恋人だからこそ、自分の無理なお願いを聞いてくれるに違いない。

など、自分の願望を一方的に押し付けてしまい、恋人の精神や財布に負担をかける関係になる。言い方を悪くすれば、恋人から愛情、金銭、時間、労力を搾取するような関係に陥ってしまう危うさがあります。

ただし、自分から恋人に対してプレゼントをすること等は少ない、あるいはプレゼントをしても簡素なモノや上辺だけの感謝の言葉にとどまり、自己愛の強い人の方があらゆるものを多く受け取っている関係になります。

なお、恋人の方が「せっかく付き合ったのだから別れるわけにはいかない…」と、関係解消に難色を示している場合は、より自己愛の強い人が増長する原因になります。

自分を棚に上げて恋人をしつこく非難する

上でも触れたように、自己愛の強い人は様々なトラブルを起こしますが、それを指摘されることは肥大化した自尊心がひどく傷つくため嫌がります。(何より、指摘をすると「マウントされた」とするので、指摘させないように威圧することもある。)

加えて、散々指摘されてもおかしくないことをやっているのにもかかわらず、自分のいたらなさを棚に上げて、恋人に対してとにかくマウントを取るかごとく、非難や指摘を繰り返す。

そして、恋人の自己肯定感や反骨心を削いでいき、確実に自分が支配出来る相手になるように接していくことがあります。(その様子は、さながらマインドコントロールのようである)

なお、自己愛の強い人から見て、自分のわがままが許される状況は「自分は特別な存在だからこそ、その後始末や尻拭いを恋人にやらせても問題ない。むしろ特別な存在だからこそ、多少のわがままを求めて何が悪い?」と解釈することもあります。その思考の癖は、さながら独裁者のようです。

自己愛が強い人が恋愛で起こすトラブル

いつも自己愛の強い人ばかりが恋人から承認・賞賛・プレゼントなどを搾取するという、不均衡でつらい恋愛関係に陥ることから、後述するようにモラハラ、DV、精神的な依存など、深刻な問題を引き起こすこともあります。

恋人を恐怖でコントロールしようとする(モラハラ、DV)

「自分を棚に上げて恋人をしつこく非難する」のところでも触れましたが、恋人から指摘を受けないように、高圧的な態度を取って恋人に恐怖心を植え付けようとします。

具体的には揚げ足を取って貶すような言葉を口にしつつも「そんな貶されるべき存在であるお前を認めているのは自分だけだ」と寄り添う。

他にも、収入、学歴、社会的地位など、自己愛の強い人の方が優れている点を強調して上下関係をはっきりさせ、自己愛の強い人に精神的に逆らえないような状況を作るなど、言葉・態度・状況により恋人を支配下に置こうとします。

こうしたいびつな関係が進展すると、モラハラやDVに発展してしまう。しかし、被害者となった人は既に恐怖心を植えつけられているため、自己愛の強い人のもとを離れたくても離れられず、なし崩し的に苦しくつらい関係に付き合い続ける羽目になります。

関連記事

自己愛性人格障害の特徴から見るモラハラ加害者
モラルハラスメントの加害者と、自己愛性人格障害(または自己愛性パーソナリティ障害)には、物事の見方、思考の癖、行動原理、対人関係における衝突

内面の不安定さから恋人に精神的に依存する

自己愛の強い人は、傍目には自信満々で不安や悩みなんてあるようには見えないことがありますが、その内面は非常に脆い。まさに「豆腐メンタル」のように、些細な出来事でボロボロと崩れやすい、不安定なメンタルの持ち主でもあります。

上でも触れたように、人間関係は常に「格上か、格下か」と、緊張感に苦しむ物の見方のせいで、普段から精神をすり減らしがち。そして、そんな磨り減った精神を癒してくれる役回り、自分が安心出来る居場所を、恋人に求める傾向があります。

自己愛の強い人から見れば、恋人は自分の自尊心が脅かされることがない(と感じている)唯一の安心出来る存在。しかし、一方で恋人が自分のもとを離れてしまったり、自分の知らない人間関係を持つことになれば、自分の安心できる居場所を失い、辛くて優しくない環境で生きていく恐怖がある。(といっても、それは自己愛が並の人から見た、ごく普通の現実の人間関係だけれども…)

この恐怖をなんとしてでも避けるためにも、自己愛の強い人は恋人を束縛し、独占しようとするのです。

不安定な自尊心を恋人に支えてもらわなければ、自分が不安に押しつぶされてしまう。そうならないためにも、恋人に精神的に依存すると同時に、恋人の自由を奪い自分の支配下に置くのです。

自己愛の強さがトラブルにならない限りは問題ない

最後に補足ですが、自己愛の強い人と恋愛は、お互いのうちどちらかが苦しさや生きづらさを感じていない限りにおいては問題ありません。

現に、自己愛性パーソナリティ障害の特徴を持つ人でも、上手く社会適応できていたり、当の本人や関わる人が苦しさや生きづらさを抱えておらず、問題なく社会生活が送れている例もあります。

あくまでも人間関係においてトラブルを起こしておらず、「ちょっと自己愛が強い人」と一種の個性として済まされている場合においては問題はありません。しかし、どちらか一方がモラハラなどで傷ついていたり、恋人関係でいることに辛さを感じている場合は問題があると捉えるのが賢明です。

関連記事

https://mental-kyoka.com/archives/6866

https://mental-kyoka.com/wp-content/uploads/2019/05/hitonohukou-kyoukan.jpg

【身体がおかしくなる前に】実はストレスの90%は仕事が原因という衝撃の事実

仕事のストレスは非常に厄介で、なかなかすぐに解決できないですよね。

加えて、継続的にストレスがあなたの身体と精神を蝕んでいきます。 いくらスポーツや趣味に没頭しようとも、すぐに仕事を考えてしまう。

経験がある方もいるかもしれませんが、『仕事のストレスは仕事でしか解消できない』ということです。

では世の中のビジネスパーソンはどのようにして仕事のストレスに対応しているのでしょうか?

実は、たったひとつのあることをするだけで仕事のストレスは激減するのです。

仕事へのストレスが激減するたった1つの方法

世の中にはストレスをあまり感じずに仕事をしている人もいます。

ではそのような人たちはどのようにして仕事のストレスを減らしているのか、気になりますよね。

実は、たった1つのことを実践しているだけなのです。

それは、 『働きながらも、常にいくつかの転職先候補を持っていること』です。

いくつかの転職先候補を常に持つことで、今の仕事に不満があった場合にすぐに「転職」という行動を起こすことができます。

「そんなの、人脈がある人だけができることじゃないか」

と思う方もいるかもしれません。

しかし、『転職エージェント』を活用することで確実に10社以上の候補はすぐにでも見つかるのです。

下記をご覧ください。

2019年の転職市場は活性化しており、今までのスキルを活かした他の職種への求人も非常に増えています。

どこの企業も人材が欲しいのです。あなたは今の企業で一生働きますか?

ストレスを感じている今こそ転職先エージェントへ登録するべき理由

「転職エージェントは転職するときに利用するもの」と思っている方もいますが、それは間違いです。

在職中の今だからこそ、登録するべきです。

在職中に登録をすることで、あなたが仕事をしている間に案件をどんどん紹介してくれます。

つまり、「何もしなくてもあなたは転職先候補を常に紹介される状態」が実現するのです。

「本当に今の仕事を続けていたら心が壊れてしまう」と感じたときに、本当に頼りになるのはあなたの手持ちの転職先候補です。

優良企業があなたを待っている

転職エージェントは「非公開求人」をたくさん持っています。

非公開求人の特徴は、「求人案件の待遇が非常に良い」ことがまず最初に挙げられます。

基本的に資本力もある企業が転職エージェントに依頼をしているため、確実に今のあなたの仕事よりも待遇の良い案件が見つかります。

つまり、登録するだけで待遇の良い優良求人がどんどんあなたのもとに集まってくるのです。

実際に登録し年収150万UP、年間休日127日の会社に転職ができた

私は転職エージェント『リクルートエージェント』で、実際に年収150万円UP、年間休日127日の企業に転職することができました。

結果的に『リクルートエージェント』で転職しましたが、実際は3つほど登録しました。

複数の転職エージェントに登録することで、本当に良い案件と出会える確率が3倍になります。

そして各転職エージェントごとに紹介してくれる案件は違うので、比較するためにも最低3つは登録しておくことをおすすめします。

たった10分程度の登録で、あなたの今後の人生が変わる可能性があるのであれば、登録する価値はあるはずです。

おすすめ転職エージェントランキングTOP5

第1位:転職成功実績NO.1【リクルートエージェント】

第1位は「リクルートエージェント」。 「業界最大手」の名に恥じない非公開求人の多さにあります。 非公開求人はジャンルや年齢層を問わず20万件以上と国内最多。また、内定の決定数も年間2万3,000人以上、累計で32万人とNO.1です。 スキルを活かし転職をしたいというキャリアアップが目標の方はもちろん、新しい業界への挑戦を考えている、自分を採用してくれる会社があるか不安という方も「リクルートエージェント」に登録しておけば間違いありません。
【リクルートエージェント】のおすすめポイント
  • 年収アップ率62.7%
  • 土日祝日・平日20時以降も対応
  • 給与の交渉代行
  • 独自に分析した業界・企業情報の提供
  • 満足度99%面接力向上セミナー
  • 地方求人も豊富
2011年のデータではありますが、「リクルートエージェント」を利用した転職者の6割以上が年収アップを実現。 担当アドバイザーが1人1人の強みを引き出すとともに、応募先へのアピール方法や口には出しにくい転職理由をうまく伝えるアドバイスなどもしてくれます。 また、20万件以上の非公開求人には地方の求人も多く含まれているため、Uターン転職、Iターン転職、Jターン転職などしたい場合も収入を落とさず好条件で転職が可能です。
  • Uターン転職…地元に戻り転職する
  • Iターン転職…都会で育ち就職した人が地方に移住し転職
  • Jターン転職…地方で育ち、都会で就職、地元とは違う土地へ転職
日本全国の求人を保有していますが、約85%が「リクルートエージェント」のみでしか取り扱いがなく、他の転職サイトでは見ることができません。 あらゆる分野の求人が集まってくるトップサイトですので、リクルートエージェントには必ず登録しておきましょう。

\求人数NO.1!年収アップ率60%以上/

リクルートエージェントの無料登録はこちら

第2位:独占求人多数!【マイナビエージェント】

第2位は「マイナビエージェント」。 2位の理由は新しい業界へ挑戦したい方向けの未経験でも応募可能な求人も多いことが1つ。 もう1つは、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業などの求人が豊富で、特定の分野に特化した転職のノウハウを持っていることです。 「マイナビエージェント」のみが保有する「独占求人」も非常に数が多く、保有する案件の約8割が非公開求人。業界に詳しい担当者がプロの目線でアドバイスをしてくれます。
【マイナビエージェント】のおすすめポイント
  • 「転職成功」のノウハウを伝授
  • 面接日、年収、入社日などの条件交渉を代行
  • 推薦状を書いてくれる
  • 求人票だけでは分からない会社の雰囲気や情報を網羅
入社後に後悔しない転職のためにも、企業の社風や雰囲気、平均残業時間、業界の成長性・動向など、有益な情報を共有。 転職後の3年後、5年後を見据え、新たな分野への挑戦にも親身にアドバイスをくれるのが魅力です。 新しい分野に挑戦したい、選択肢を広げたいという方、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業へスキルを活かし転職したい方は「マイナビエージェント」の登録がおすすめです。

\未経験OK!独占求人が豊富!/

マイナビエージェントの無料登録はこちら

第3位:転職者の約71%が年収アップ!【type転職エージェント】

第3位は「type転職エージェント」です。 業界に精通したエージェントが転職成功へ向けサポートを行ってくれ、2015年には利用した約71%の人が年収が上がったという実績も残していることがランクインの理由です。 年収アップを念頭におき、転職活動をサポートしてくれるため、確実にキャリアアップしたいという方に特におすすめです。 総合人材サービスの「キャリアデザイナー」が運営していることもあり、大手企業やベンチャー企業などの独自の求人も多く、特にIT系やエンジニアなどの求人が充実しています。
【type転職エージェント】のおすすめポイント
  • 「転職力診断テスト」
  • こだわり検索
  • 転職者の約71%が年収アップ
「type転職エージェント」で特に評価が高いのが「転職力診断テスト」。 約13万人の職種・年齢別経歴などのデータを元に、選択式の簡単な質問に答えていくことで、「強み」や「不足しているスキル」などを細かく分析してくれます。 診断が的確で、自分では気づけないような新しい可能性を発見できることから、転職を意識し始めたばかりの人はもちろん、転職活動がなかなかうまくいっていない人にもぜひ挑戦してみて欲しいサービスです。 また、「type転職エージェント」は求人のこだわり検索項目も非常にユニーク。 「受かりやすい順」「月間の目安残業時間」など、他では見られないが「知りたい条件」で絞り込むことで希望にあった求人を探すことができます。 また、IT・通信系、営業職などに特化しており、独自の求人も豊富です。 「リクルートエージェント」や「doda」など総合型の転職サイトにも登録し、あわせて使用するのがおすすめです。

\【東京・大阪】質の高い案件が豊富/

type転職エージェントの無料登録はこちら

第4位:満足度NO.1!【doda】

第4位は「doda(デューダ)」。 非公開求人は10万件以上あり、独自のサービスが充実しています。 登録すれば定期的に開催される「doda」主催の大規模な転職フェアやセミナーに参加が可能。 企業の担当者と直接話ができるため、あなた自身の人柄を直接アピールでき、運が良ければ書類審査をパスすることができます。 何度も何度も練り直し、書き直し、それでも通過しないことも多い書類審査を、パスできる機会があるのは大きなメリットなのです。
【doda】のおすすめポイント
  • 年収査定、キャリアタイプ診断、合格診断などのツール
  • doda転職フェア・セミナー
  • 応募書類の書き方・面接対策
  • スカウトメール
是非利用してほしいのは「年収査定」や「キャリアタイプ診断」など自分の現在の年収が本当に妥当なのかどんな仕事や働き方が向いているのかなど無料で診断できる独自ツール。 自分の現状を知ることが転職活動の第一歩になります。 また、「doda」は他サイトと比較してもスカウトメールが届く回数が圧倒的に多いのが特徴。 中には「面接確約オファー」や「プレミアムオファー」など書かれたメールが届くこともあります。 「面接確約」や「書類選考免除」などのスカウトなら、最短ルートでの内定がもらえる可能性大! 転職したくても「もし失敗したら?」と不安になってしまう方もいると思いますが、「doda」に登録しておけば転職に関する不安も嘘のようになくなるはずです。

\「自分の市場価値」を診断できる/

dodaの無料登録はこちら

第5位:顧客満足度調査NO.1【パソナキャリア】

第5位は「パソナキャリア」です。 2019年オリコン顧客満足度調査でNO.1を獲得するなど、サポートの手厚さ、丁寧さで特に人気ですが、丁寧な分スピード転職を希望している方には不向きという理由で5位に。 ただ、求人数は3万件と「リクルートエージェント」や「doda」と比較すると量は少ないながらも、人材総合サービスのパソナグループのコネを活かした質の高い求人が多くあります。
【パソナキャリア】のおすすめポイント
  • 業界ごとのチーム体制
  • 面接対策・職務経歴書のサンプルやフォーマット
  • 年収診断
  • 女性の転職にも強い!
「パソナキャリア」では業界ごとに担当者を置いており、専門性の高い業界でも特有の悩みや不安に寄り添い、丁寧なサポートを受けることができます。 また、女性の転職活動支援に特化した専門チームもあり、1人1人に寄り添い丁寧にサポートを行ってくれます。 「パソナキャリア」では、面接や書類の対策など基本的なことにもしっかり対応しつつ、転職者1人1人が抱える背景を考慮した、丁寧なサポートが魅力です。 業界ごとに「専任キャリアアドバイザー」がいることで、深い知識と濃い情報を聞くことができるとともに、理にかなったアドバイスを聞くこともできます。

\満足度No.1!スペシャリストがサポート/

パソナキャリアの無料登録はこちら

この記事が気に入ったらシェア

フォローする