謝り癖がある人の心理と対処法について

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

ネット上では謝りたくても謝れない…いわゆる「謝ったら死ぬ病」と呼ばれる架空の病で苦しんでいる人がいる一方で、逆に謝り癖がついてしまいふとしたことで「すみません」「ごめんなさい」とすぐに謝ってしまうことで苦しんでいる人も時折見かけます。

例えば、レストランにて店員さんが注文ミスをしてしまった時にお客さんに対して「すみませんでした」「申し訳ありませんでした」とすぐに謝罪するができるのは大事なことですが、しかし中には何度も謝罪してお客さんを困らせてしまう人もいます。

何度も謝罪をしてこられると、こちらとしても「そんなに謝らなくても…」とか「そこまで謝る事ではないと思うけど…」と困り果ててしまい、なんて声を掛けるべきなのか迷ってしまうものです。

また、何度も謝る姿を見続けるのは、なんだか自分が店員さんの意思を無視して謝らせているクレーマーのように思われている気がするのであまり気持ちのいいものではありません

今回は、そんな誤り癖のある人の心理と対処法、治し方などにお話させて頂きます。

関連記事

すぐに謝る人、なんでも謝る人の心理について
謝るべき場面ではないのに、すぐに謝ってしまう。 やたらと「ごめんなさい」「すみません」「申し訳ありません」、と社交辞令でもないのに謝罪
謝りすぎる人に「うざい」と感じる心理について
すぐに「ごめんなさい」「すみません」と謝る必要がいないのにすぐに謝ってしまう人といると、なんだか鬱陶しい、しつこい、うざいと感じてしまうこと

スポンサーリンク

謝り癖があるの人の心理・特徴

自己評価が低い

自己評価が低く自分で自分のことを過小評価していると、些細なことでも自分は他人に迷惑をかけているのだと感じて、いたたまれなくなり謝ってしまいます。

自己評価が低いと、自己肯定感や自己否定感につながり、褒められるようなことを言われても「自分はそんなに立派じゃありません」と否定したり、「自分は出来が悪いので…」と自分の努力すら正しく評価できなくなってしまいます。

日本ではコミュニケーションのひとつとして「謙遜」することが良いとされているいますが、この謙遜を極端に捉えて、なんでもかんでも自分を下げて相手を持ち上げてしまった結果自己評価が低くなってしまい、何度も謝ってしまうという行動に出てしまう人もいます。

謙遜をすることは目上の人と付き合う上では必要なスキルですが、かと言ってなんでもかんでも謙遜してしまい、自分が誇るべきところまで否定して謙遜してしまうのは考えものです。

真面目すぎる

なんでも謝ってしまう人は、それだけ真面目で誠実な人とも言えます。

真面目な人は、幼い頃から悪いことをしたらちゃんと謝るという、社会生活を営むために必要なルールをしっかりと守ることが教わり、そのことをしっかり守っているために、何かあっても「自分は悪くない」と開き直らずに謝ることができる人です。

しかし真面目な性格は時に自分に責任がないことまで背負い込んだり、「なんでも自分のせいだ」と考えてしまい、自分が謝らなくてもいいことで謝ってしまう原因になります。

真面目な人にとっては「謝らない=真面目な自分を否定する」ことだと感じるので、真面目な正確にアイデンティティを持っているほど、「謝らない」という行動が取れなくなります。

もちろん悪いことをしたら謝るというのは、実に誠実な行動ですが、かと言って謝るべき場面ではないのに真面目に謝ってしまうのは、自分で自分を精神的に追い込んでしまいます。

真面目な人は、謝らなくてもいい場面で謝ってしまい続けていくうちに自信をなくしてしまうことも少なくありません。

しかし、かと言って謝らないままでいるのは自分のアイデンティティである「真面目さ」を否定しているように感じるので、本人にとっても精神的んい辛い状態が続いてしまいます。

自罰感情が強い

リストカットのように自分で自分を痛めつけようとしたり、自分に対して罰(ペナルティ)を与えようとする感情ことを「自罰感情」といいます。

自罰感情が強い人は、不快感や不安、心理的葛藤、欲求不満、ストレスなどを自分を罰することで解消しようとします。

その解消のための行為として選んだのが「謝罪すること」なのです。

謝罪には、学校のクラスメイトの前で公開で謝罪をする、誰かが見ている状況で土下座をするといった、自分の自尊心を痛めつけたり、立場を落とすといった罰を与える側面もあります。

できれば、自分の自尊心が傷つけられ嫌な思いをする自体は避けたいものですが、自罰感情が強い人は自ら自分で自分を痛めつけるような場面を受け入れてしまい、自分が感じている罪悪感や申し訳なさなどの不快な感情を解消しようとする傾向があります。

謝り癖がついている人はこの自罰感情のせいで、自分に責任がなくても「なんでも自分のせいだ」と自分を追い詰めるような考えする癖が身についているのです。

なお、自罰感情が強い人は謝罪のほかにも、

  • 過度に節約をする。
  • 過度なダイエットで痩せようとする。
  • 自分の行動に制限をつけ自由を減らす
  • 残業や過重労働をしようとする

など、自分で自分を痛めつけたり、行動を縛る行為をとることがあります。

また、自罰は防衛機制のひとつでもあり、不安やストレスに対して自分の心を安定させるために自分を罰する行動をとっていると見ることもできます。

プライドが高すぎる

プライドが高い人は、一見するとプライドを傷つける「謝罪」という行為をするようには見えません。

しかし、プライドが高い人ほど、相手から非難を避けお説教が長引くの回避するためにあえて「すみませんでした」と謝罪を繰り返すことがあります。

しかし、ここで注意しておきたいのが、本当に反省したから謝る、申し訳ないから謝っている…というわけではない点です。

ひとまず表面的に謝罪をしておけば、相手は反省していると思うのでこれ以上お説教をせず「次も同じミスを繰り返さないように」と言って、話を切り上げてくれる…と打算した上で謝罪をしているのです。

すぐに謝るのは「自分は反省していますよ」というポーズを取るためでしかなく、本当に反省するためにしているのではありません。

何度も謝ることのデメリット

ネガティブな気分が抜けなくなる

何度も謝っていると、その度に「自分は他人に迷惑をかけてしまった」「自分は能力の低い人なんだ(だから謝って許しを求めている)」と、自分で自分を否定しネガティブな気分が続いてしまいます。

謝っているうちに自己評価は下がってしまい、更に謝りたくなる、謝らないと申し訳なさを感じてしまい、謝りたいという衝動に駆られという負のスパイラルに陥いることもあります。

また自罰感情のところでも述べましたが、謝罪には自分で自分の自尊心を傷つけるといった側面もあります。

謝罪を繰り返すことで、自分が思っている以上に精神的に傷つけてしまうことだと言うこと覚えておきましょう。

相手を無視した自分勝手な謝罪になってしまう

自分勝手に何度も謝罪をすることは、場合によっては相手の都合を無視した自分勝手な行動だと捉えられてしまうこともあります。

相手の話を聞かずに謝罪を続ける、相手の顔を見ずに謝罪をし続ける、といった謝罪の方法では、相手も「この人はちゃんと自分の非を認めて反省しているんだな」とは思えなくなります。

むしろ「この人は相手の都合も考えず、ただ謝ることで精一杯のように見える」とか「相手に対する謝罪なのに、相手のことはおいてけぼりではないか」と反省の気持ちが伝わらず、逆に反感を持たれてしまうこともあります。

本当は反省していないと思われてしまう

何度も反省を繰り返す人は、それだけ反省するような場面を自ら招いている可能性があります。

仕事でケアレスミスを繰り返しその度に謝るだけで、肝心の再発防止策を考えて実行しているわけではない。

ミスが起きても形ばかりの謝罪をすることでその場をしのいでいるだけではないかと思われることから、たくさん謝罪をしているものの本当は反省していない、反省する素振りだけが上手な人だと思われてしまいます。

反省していることを相手に伝えるのは社会生活を円滑に営む上では重要ですが、その後にちゃんと反省したことを活かしてミスを防止していかなければ、自分が今まで行ってきた謝罪の説得力は失せてしまいます。

謝り癖への対処法

自信を付け自己評価を高める

些細なことで謝る人は「自分はそんな立派な人ではない」という謙遜混じりにも見えるの過小評価した自分のイメージに合うように、謝罪を繰り返しています。

些細なことでも謝る癖がある人は不要な謝罪を繰り返さないためにも自己評価を高めていき、まずは自分を過小評価している状況を少しずつ改善していくのが大切です。

自己評価を高める一例としては

「自分はそんな立派ではない」

→「自分はそんな立派ではない…けど、少なくともこれだけは自信を持てるor誇れる」

と、いきなり立派な人間になろうとせずに、まずは勉強、仕事、生活習慣(早起きや挨拶など)、趣味などなんでもいいので、自分に自信が持てることを見つけていくという方法があります。

いきなり完璧な人間になろうとすると完璧主義に陥ってしまいがちですから、まずは身近なことでいいので何か1つだけ自分に自信が持てるようなことを見つけるようにしましょう。

謝罪するような事態が起きないように再発防止策を考える

謝罪はただその行為にそのものに意味があるのではなく、謝罪するような状況が繰り返して起きないために対策を取ることも重要です。

謝罪をすることで相手に誠意を見せる、土下座をさせることで相手に反省の意を示し、謝罪は行為そのものに価値があると思われる一方で、どうしたら謝罪や土下座に至るような場面が防げたかについて話し合い、議論をすることが放ったらかしになっていることがあります。

何度も謝ってしまう人は、謝罪に価値を置きすぎて、謝罪しただけでが「自分はやるべきことをやりきった」と満足した一方で、どうしたら謝罪するような場面を防げるかを軽視している傾向があります。

再発防止策も考えず、ただ充実感を得るための自己満足の謝罪ばかりでは、謝罪を繰り返すような状況を自ら招いているのもうなずけますね。

この場合、大事なのは謝罪の行為そのものよりも、再発防止策について考え実行すること。ちゃんと謝り、ちゃんと再発防止策を取れれば、謝罪の説得力も増し自分の信用につながります。

たくさん謝ることはいい事ばかりではないという事を自覚する

たくさん謝れば謝るほど効果があるというわけではありません。

何度も謝罪をするのは、相手の気持ちを無視した独りよがりな行動になっている、「自分は再発防止策を考えることができない人です」と、暗に周囲にアピールしているとも見ることができます。

衝動的に何度も謝りたいとい気持ちが出てきても、そこで衝動的に動いてしまっては、感情的にキレてわめいている人と大差はありません。

衝動的にたくさん謝るのではなく、一度誤ると決めたら一度で謝り、その後は反省を活かすように自分の気持ちをコントロールするようにしましょう。

こちらもおすすめ
謝りたくないときの謝罪で気を付けておきたいこと
謝りたくないのに嫌々謝罪しているのがなんとなく分かってしまう相手というのは、見ていて非常に腹が立つものだと思います。 表面的には謝罪し

https://mental-kyoka.com/wp-content/uploads/2019/05/hitonohukou-kyoukan.jpg

おすすめ転職エージェントランキングTOP5

第1位:転職成功実績NO.1【リクルートエージェント】

「リクルートエージェント」が20代におすすめの転職サイト1位である理由は、「業界最大手」の名に恥じない非公開求人の多さにあります。 非公開求人はジャンルや年齢層を問わず20万件以上と国内最多。また、内定の決定数も年間2万3,000人以上、累計で32万人とNO.1です。 スキルを活かし転職をしたいというキャリアアップが目標の方はもちろん、新しい業界への挑戦を考えている、自分を採用してくれる会社があるか不安という方も「リクルートエージェント」に登録しておけば間違いありません。
【リクルートエージェント】のおすすめポイント
  • 年収アップ率62.7%
  • 土日祝日・平日20時以降も対応
  • 給与の交渉代行
  • 独自に分析した業界・企業情報の提供
  • 満足度99%面接力向上セミナー
  • 地方求人も豊富
2011年のデータではありますが、「リクルートエージェント」を利用した転職者の6割以上が年収アップを実現。 担当アドバイザーが1人1人の強みを引き出すとともに、応募先へのアピール方法や口には出しにくい転職理由をうまく伝えるアドバイスなどもしてくれます。 また、20万件以上の非公開求人には地方の求人も多く含まれているため、Uターン転職、Iターン転職、Jターン転職などしたい場合も収入を落とさず好条件で転職が可能です。
  • Uターン転職…地元に戻り転職する
  • Iターン転職…都会で育ち就職した人が地方に移住し転職
  • Jターン転職…地方で育ち、都会で就職、地元とは違う土地へ転職
日本全国の求人を保有していますが、約85%が「リクルートエージェント」のみでしか取り扱いがなく、他の転職サイトでは見ることができません。 あらゆる分野の求人が集まってくるトップサイトですので、リクルートエージェントには必ず登録しておきましょう。

\求人数NO.1!年収アップ率60%以上/

リクルートエージェントの無料登録はこちら

第2位:満足度NO.1!【doda】

第2位は「リクルートエージェント」に次いで求人数が多い「doda(デューダ)」。 非公開求人は10万件以上あり、仕事について迷走しがちな20代向けの独自のサービスが充実しています。 登録すれば定期的に開催される「doda」主催の大規模な転職フェアやセミナーに参加が可能。 企業の担当者と直接話ができるため、あなた自身の人柄を直接アピールでき、運が良ければ書類審査をパスすることができます。 実は、20代の転職活動で書類審査は「沼にハマりやすい」大事な通過点。社会に出て数年では経験も足りず、その他大勢との差を広げにくいためです。 何度も何度も練り直し、書き直し、それでも通過しないことも多い書類審査を、パスできる機会があるのは大きなメリットなのです。
【doda】のおすすめポイント
  • 年収査定、キャリアタイプ診断、合格診断などのツール
  • doda転職フェア・セミナー
  • 応募書類の書き方・面接対策
  • スカウトメール
是非利用してほしいのは「年収査定」や「キャリアタイプ診断」など自分の現在の年収が本当に妥当なのかどんな仕事や働き方が向いているのかなど無料で診断できる独自ツール。 自分の現状を知ることが転職活動の第一歩になります。 また、「doda」は他サイトと比較してもスカウトメールが届く回数が圧倒的に多いのが特徴。 中には「面接確約オファー」や「プレミアムオファー」など書かれたメールが届くこともあります。 「面接確約」や「書類選考免除」などのスカウトなら、最短ルートでの内定がもらえる可能性大! 転職したくても「もし失敗したら?」と不安になってしまう方もいると思いますが、「doda」に登録しておけば転職に関する不安も嘘のようになくなるはずです。

\「自分の市場価値」を診断できる/

dodaの無料登録はこちら

第3位:独占求人多数!【マイナビエージェント】

20代におすすめの転職サイト第3位の「マイナビエージェント」は20代~30代前半に強い転職サイト。 3位の理由は新しい業界へ挑戦したい方向けの未経験でも応募可能な求人も多いことが1つ。 もう1つは、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業などの求人が豊富で、特定の分野に特化した転職のノウハウを持っていることです。 「マイナビエージェント」のみが保有する「独占求人」も非常に数が多く、保有する案件の約8割が非公開求人。業界に詳しい担当者がプロの目線でアドバイスをしてくれます。
【マイナビエージェント】のおすすめポイント
  • 「転職成功」のノウハウを伝授
  • 面接日、年収、入社日などの条件交渉を代行
  • 推薦状を書いてくれる
  • 求人票だけでは分からない会社の雰囲気や情報を網羅
入社後に後悔しない転職のためにも、企業の社風や雰囲気、平均残業時間、業界の成長性・動向など、有益な情報を共有。 転職後の3年後、5年後を見据え、新たな分野への挑戦にも親身にアドバイスをくれるのが魅力です。 新しい分野に挑戦したい、選択肢を広げたいという方、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業へスキルを活かし転職したい方は「マイナビエージェント」の登録がおすすめです。

\未経験OK!独占求人が豊富!/

マイナビエージェントの無料登録はこちら

第4位:転職者の約71%が年収アップ!【type転職エージェント】

第4位は、20代や30代前半の若年層向けの転職サイト「type転職エージェント」です。 業界に精通したエージェントが転職成功へ向けサポートを行ってくれ、2015年には利用した約71%の人が年収が上がったという実績も残していることがランクインの理由です。 年収アップを念頭におき、転職活動をサポートしてくれるため、確実にキャリアアップしたいという方に特におすすめです。 総合人材サービスの「キャリアデザイナー」が運営していることもあり、大手企業やベンチャー企業などの独自の求人も多く、特にIT系やエンジニアなどの求人が充実しています。
【type転職エージェント】のおすすめポイント
  • 「転職力診断テスト」
  • こだわり検索
  • 転職者の約71%が年収アップ
「type転職エージェント」で特に評価が高いのが「転職力診断テスト」。 約13万人の職種・年齢別経歴などのデータを元に、選択式の簡単な質問に答えていくことで、「強み」や「不足しているスキル」などを細かく分析してくれます。 診断が的確で、自分では気づけないような新しい可能性を発見できることから、転職を意識し始めたばかりの人はもちろん、転職活動がなかなかうまくいっていない人にもぜひ挑戦してみて欲しいサービスです。 また、「type転職エージェント」は求人のこだわり検索項目も非常にユニーク。 「受かりやすい順」「月間の目安残業時間」など、他では見られないが「知りたい条件」で絞り込むことで希望にあった求人を探すことができます。 また、IT・通信系、営業職などに特化しており、独自の求人も豊富です。 ただ、東京や大阪など都市部での転職活動であれば豊富な求人を紹介できますが、地方によってはほんの数件しか取扱がないため注意しましょう。 「リクルートエージェント」や「doda」など総合型の転職サイトにも登録し、あわせて使用するのがおすすめです。

\【東京・大阪】質の高い案件が豊富/

type転職エージェントの無料登録はこちら

第5位:顧客満足度調査NO.1【パソナキャリア】

20代におすすめの転職サイト、第5位は「パソナキャリア」です。 2019年オリコン顧客満足度調査でNO.1を獲得するなど、サポートの手厚さ、丁寧さで特に人気ですが、丁寧な分スピード転職を希望している方には不向きという理由で5位に。 ただ、求人数は3万件と「リクルートエージェント」や「doda」と比較すると量は少ないながらも、人材総合サービスのパソナグループのコネを活かした質の高い求人が多くあります。
【パソナキャリア】のおすすめポイント
  • 業界ごとのチーム体制
  • 面接対策・職務経歴書のサンプルやフォーマット
  • 年収診断
  • 女性の転職にも強い!
「パソナキャリア」では業界ごとに担当者を置いており、専門性の高い業界でも特有の悩みや不安に寄り添い、丁寧なサポートを受けることができます。 また、女性の転職活動支援に特化した専門チームもあり、1人1人に寄り添い丁寧にサポートを行ってくれます。 「パソナキャリア」では、面接や書類の対策など基本的なことにもしっかり対応しつつ、転職者1人1人が抱える背景を考慮した、丁寧なサポートが魅力です。 業界ごとに「専任キャリアアドバイザー」がいることで、深い知識と濃い情報を聞くことができるとともに、理にかなったアドバイスを聞くこともできます。

\満足度No.1!スペシャリストがサポート/

パソナキャリアの無料登録はこちら

この記事が気に入ったらシェア

フォローする