陰キャラ社会人がまともに仕事する上で気を付けるべきこと

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

社交的ではなく、明るく雰囲気で人と交流を持つことが苦手な陰キャラの人であっても、生きていくためには会社や役所などの集団の中で働くことが欠かせません。

もちろん、所属した集団が自分のように大人しくて陰キャラな人ばかりの職場とは限りませんし、営業や顧客対応にて自分とは真逆の明るくて社交的な人…つまり、陽キャラの人と関わらなければいけないことも、ある程度覚悟していくことが大事です。

陰キャラ社会人にとって、慣れない陽キャラの人との付き合いは面倒でしかなく、できれば誰かに任せて逃げ出したいと思うこともあろうかと思います。

しかし、「陽キャラさんとは関わりたくない」と私情を仕事に挟むことは、厄介な面倒事を避けられるリターンの一方で

  • 「この人は苦手なことから逃げて信用を落とす人」
  • 「個人的な理由で仕事を投げ出す責任感のない人」
  • 「苦手な人であっても自分なりに対処法や対策を講じず、学習する姿勢が見られない人」
  • 「合わない人とコミュニケーションを取ろうとせず、成長の機会を自ら捨てている残念な人」

と、見られてしまうリスクがあります。

そのせいで、余計に今の職場に居づらくなる、ひいては働くことそのものが嫌になり、自ら生きづらさを感じる状況を招いているとも言えるでしょう。(自分から楽を求めているのに、結果として窮地に追い込まれている苦しくなる皮肉…)

今回は、そんなことにならないように、陰キャラな社会人が気をつけるべきことについてお話しいたします。

スポンサーリンク

陰キャラ社会人が気を付けるべきこと

挨拶は自分から積極的に、ハキハキと行う

非社交的な行動が目立つ陰キャラの人は、誰かから言われるまでは挨拶をしない。つまり、挨拶にも待ちの姿勢が染み付き、挨拶すべき場面で相手が挨拶をしなければそのままスルーしてしまうことがあります。

挨拶をしないというのは、言い換えれば相手の存在を認めない(=無視)や挨拶するまでの存在だと思っていない(=無関心)でもあり、そのまま放置しておくのは問題です。

そのためにも、挨拶を自分から積極的に行うことが欠かせません。仕事仲間や上司に対して興味を持っていることをアピールしたり、場合によっては「自分は挨拶がしっかりできる常識のある人ですよ」と常識人アピールに繋げられれば、信用を得ることが可能です。

もちろん、コミュ障を発動させて小声や早口になってしまっては挨拶の意味はありません。

焦らずにハキハキとした聞き取りやすい声で挨拶したり、明るい表情や落ち着いた表情を意識して挨拶することを心がけてみましょう。

関連記事

コミュ障すぎてつらい、自己嫌悪しがちな人が自信を持つコツ
コミュ障というのは精神的にも非常に辛いものです。 人と上手く話ができないというだけにとどまらず、 会話ができないことから孤立

陽キャラを相手にするときに過度にビクビクしない

陰キャラの人に多いのが、陽キャラの人を前にすると、つい社交的で明るい雰囲気に圧倒されてしまって挙動不審になってしまったり、過度に緊張してビクビクすることです。

こうした行動は(たとえ相手が陽キャラでなくとも)相手に不信感を抱かせてしまったり「なんだか話しづらくて面倒な人だなぁ…」と違和感を抱かせてしまう原因になります。

また、この違和感が話しづらさを生む原因ともなり、陰キャラの人は実は相手のせいで話しづらいのではなく、自分が作った雰囲気のせいで話しづらさが生まれているのだとも考えられます。

ビクビクした状態ではお互い打ち解けて話をすることはできませんし、印象の悪さからネガティブなイメージがついてしまいます。

これが社外の人間関係であれば、自分が所属している会社のイメージの悪化や顧客に対する不信感を募らせる原因になりかねません。

自分と同じ陰キャラに対して同族嫌悪や対抗意識を燃やさない

陽キャラに対してビクビクするだけでなく、自分と同じ陰キャラと思われる人に対してまで、妙なプライドのせいであえて交流することを避けたり、対抗意識を燃やして相手に不信感を位だかせてしまうことがあるものです。

いわゆる「同族嫌悪」に近いものです。自分の中で抱いている陰キャラが持つ見たくない要素や目を背けたい特徴を、目の前の陰キャラの人に見出してしまっているために、同族嫌悪の念が抑えきれずにいると考えられます。(参考:生理的に無理と感じる心理)

こうした行動は、仕事におけるチームワークを乱すだけでなく、自ら職場内で孤立を招き、そのせいで余計に職場に居づらさを生みます。

また、孤立したせいで仕事を一人で抱え込んでしまったり、頼るべき場面で他人を頼ることができなくなり、自分で自分を働きにくい環境に追いやっているのと同じです。

なお、陰キャラ同士で働く場合は、自分からコミュニケーションを取ろうとする人が出てきにくく、お互いにコミュ障を発動させてしまい非常にもどかしくじれったい空気が広がってしまう事があるものです。

自分と同じような大人しくて、ちょっと暗いところを感じさせる陰キャラ同士の集団だと、仕事が滞ってしまうからこそ、適度に明るてムードメーカーとなる人、リーダーシップをとって集団を率いることが得意な人…つまり、陽キャラの人をチームに組み込むことで、集団の硬直化を防いでいるのだとも考えられます。

関連記事

陰キャラのプライドが高くなってしまう心理について
陰気な人のことを陰キャラ、陽気な人のことを陽キャラと若者言葉では呼んでいます。 この陰キャラの人の行動として見られるのが、やたらとプラ

「なんとなく合わない」と感じる人でも協力することを徹底する

たとえ、自分にとって「なんとなく嫌」と感じる相手であっても、仕事に私情を挟んで自ら孤立を選んでは、誰も得をしない状況になるので意味はありません。

陽キャラのように「なんとなく合わないなぁ…」と感じる相手であっても、自分と相手(そして仕事に関わる人)のためにも、しっかり協力する姿勢を持つことが大事です。

自分が与えられた仕事は、全て自分一人で完結できるようなものばかりではありませんし、ましてや組織で働くとなれば、上司・同僚・部下に連絡や相談をしたり、よりよい成果を出せるように提案や意見を賜る事も欠かせません。

むしろ、陰キャラで周囲に迷惑をかけたり、手を煩わせてしまいそうな将来が容易に想像できる人ほど、積極的に職場内で話しかけられる人を作って、仕事のノウハウを学びやすく且つも仕事でミスをしてもリカバリしやすい環境を構築していくことが大事です。

もしも、「なんとなく合わない」という理由だけで職場内で孤立を選んだ挙句、ミスをしでかしてしまったら、当然ながら今まで孤立していたことを責め立てられ、職場に居づらさを覚えてしまう原因になります。

孤立して人間関係の煩わしさから開放された心地よさを味わうのと引き換えに、孤立していることがミスが起きた時に真っ先に責め立てられる材料となるリスクもあります。

年配の方と話すときに「自分は陰キャラでして」というのは非推奨

そもそも陰キャラという言葉は、主に若者を中心として使われてい言葉、それもyoutubeやSNSなどのネットの世界を中心にして使われている言葉です。(最近はリアルでも見聞きしますが…)

そのため、中高年の社会人やご年配の方に自己紹介するときに「自分は陰キャラでして…」と言っても、相手が言葉の内容を理解できず、あらぬ誤解を招く恐れがあります。

また、「陰キャラ」という言葉をなんとなく理解している相手であっても、若者言葉を仕事の場で臆面もなく言ってしまう無用心さを快く思わない人もいるものです。

おそらく「自分は陰キャラでして…」という人は、年齢が若くて職場において立場が弱い新人なので、迂闊に陰キャラ(そして陽キャラ)という言葉を口にすることは控えて置いた方がいいでしょう。

(そもそも、陰キャラという単語自体、陽気の対義語である陰気が元ネタ。そして「陰」という言葉から、陰険、陰湿、日陰者というネガティブな性格・特徴を連想させるため、自己紹介の際は「大人しい」などの言い換えをすることが望ましいと思います。)

関連記事

陰キャラという言葉に関じる嫌悪感、違和感について
陰気…つまり、暗い性格で爽やかさを感じない容姿であり、あまり社交的でもない。そこから転じて、友達が少ない、恋人がいない、インドア趣味を嗜んで

最後に:陰キャラだの陽キャラだので相手を決めつけ悟った気にならない

陰キャラや陽キャラといったカテゴライズに拘る人の中には、相手を陰か陽かのわかりやすい二択で決め付け、それで相手の事を全て悟った気になってしまうことが目立ちます。単刀直入に言えば、レッテルを貼っているのと同じです。

そして、貼ったレッテルを元にして「この人は陽キャラだからこういうタイプの人」「あの人は陰キャラだからああいうタイプの人」と、ろくに相手のことを調べもせず、自分の中の思い込みだけで相手を解釈しています。

こうした一連の行動は、相手のことを深く知るための対話を放棄するだけでなく、憶測や思い込みだけで相手を断定したことにより、あらぬ誤解や考えの行き違いを招く恐れがあります。

仮に初対面の人に対して「この人は陽キャラだからこういう人なんだ」という態度を示されたら、相手からすれば「自分のことをよく知りもせずに第一印象だけでわかった気になる、失礼で勘違いが激しい人」と思われても無理はありません。

学生時代は同級生や先輩・後輩が、陰キャラだとか陽キャラだとかという話題で盛り上がれたかもしれませんし、そこまで気に留める人もいなかったとは思いますが、そうしたコミュニケーションが社会人でも通用するわけではないと自覚しておくことが重要です。

関連記事

陰キャラという言葉に関じる嫌悪感、違和感について
陰気…つまり、暗い性格で爽やかさを感じない容姿であり、あまり社交的でもない。そこから転じて、友達が少ない、恋人がいない、インドア趣味を嗜んで

https://mental-kyoka.com/wp-content/uploads/2019/05/hitonohukou-kyoukan.jpg

【たった1回で一発解決】30分後にはあなたの悩みが解決する方法とは

周りの人に相談できない。解決したいのに自分1人じゃどうにもできない。

誰しもがなかなか人には言えない悩みはあります。

1人で考えることはとても大事ですが、悩みを解決するにはやはり誰かに相談することが1番の解決方法です。

「でも周りの人に言うのが怖い」

わかります。相談することはとても勇気がいることですよね。

すぐに悩みを聞いて助けてくれる人がいれば、どんなに心強いことかと感じたことはありませんか?

私はあります。困難な悩みにぶつかるたびに心が締め付けられてしまい、どうしていいかわからなくなってしまいます。

あなただけではなく、実は他の人も同じように悩むのです。

『知り合いに頼らずに』悩みを解決することができる

結論から言うと、「同じ気持ちを理解し、かつ正しい解決方法がわかる人に相談すること」がもっとも早く悩みを解決できます。

「その相談できる人がいないんだよ」と言う人も大丈夫。私がそうでしたから。

解決できた最大の理由は『ココナラの電話占いでお悩み相談』を利用したからです。

実際に悩み相談に非常に多くの人が利用している『ココナラ電話占いでお悩み相談』。

悩みに対し、あなたに対し最大限のアドバイスをすることが目的なので、いきなり悩みをぶつけることができます。

『ココナラ電話占いでお悩み相談』がおすすめな理由

最大の理由はお悩み相談に精通しているプロがいるから。 占いと聞くと、適当なことを言うのではないかと思う人もいるかもしれません。

しかし実際は、毎日毎日、様々なお悩み相談を聞いているわけです。

これほど悩みを聞く立場の人はいないのではないでしょうか。

実際にコメントの数も半端な数ではないです。多い人だと3400件もの口コミが。

本当にリアルな口コミが書かれており、私が試してみたのも口コミを見たからです。

友人でもなく、悩みに精通している、まさに相談する相手としてベストなのです。

ココナラ電話占いお悩み相談の無料登録はこちら

実際に話すことで心が軽くなる

結論からお伝えすると、私はがっつり話して悩みを解決しました。

私の悩みは「人間関係がうまくいかなく、視線を感じるだけで嫌われている気がする」でした。

非常に親身になって聞いてくれて、「他にも〇〇なこともあるんじゃない?」と似たような状況が確かにあったことを引き出してくれました。

その全てに当てはまる、自分の奥にある根本的な原因をしっかりと優しく教えてくれて、実際に取るべき対策と解決方法も知ることができました。

私は相談した後はすっきりとした気持ちになり、自分でもわかるレベルで心のモヤモヤが晴れました。

もし話すことが怖いなと思っていても大丈夫。占いの先生は話すことが苦手な人といつもお話しているのです。

ココナラ電話占いお悩み相談の無料登録はこちら

今なら通話料無料・最大30分無料で相談できる

『ココナラ電話占いでお悩み相談』は期間限定で3000円分の無料クーポンがあります。

各占いの先生には『1分あたり○円』と金額が設定されており、1分100円の先生に相談すると、30分無料で相談ができます(私が利用したのは100円の先生です)。

今は期間限定でやっている3000円分無料クーポンですが、いつキャンペーンが終了するのか、正直わかりません。

今もしあなたが悩んでいるなら、ぜひこの機会に無料登録し、今あなたに中にある悩みを相談してみてください。

ココナラ電話占いお悩み相談の無料登録はこちら

この記事が気に入ったらシェア

フォローする