「道化を演じる」おバカキャラでストレスを抱えてしまう人の心理や・特徴・デメリットについて

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

周囲の人と打ち解けるために、あえておバカキャラを演じる人がいます。難しい言葉で言うと「道化を演じる」ともいいますね。

道化という言葉には、「人を笑わせるために面白おかしい行動をする」という意味や「滑稽な芸やショーをする人」「ピエロ、道化師」という意味があります。

道化を演じるという意味は、みんなに笑われるピエロのように、おバカでお調子者なキャラを演じたり、奇抜なこと、変なことをして周囲から笑われるように振舞うという意味になります。

ただ、道化を演じるというのは必ずしもいいことばかりではありません。

道化を演じている本人は、みんなに笑われている自分は盛り上げ役だと感じている一方で、いつも変なことをすることでしか自分の存在をアピールできない自分の性格で苦しんでしまうこともあります。

みんな囲まれ盛り上げ役となるピエロのように、顔は笑っているけれど、心の奥底では虚しさや寂しさを感じて泣いている…という複雑な気持ちを抱え込んでいます。

今回は道化を演じる人の心理や特徴についてお話いたします。

スポンサーリンク

どうしておバカキャラになるのか

おバカキャラを演じる人は、あえて「バカ」という損な役回りを受けることで、集団に溶け込みやすくなったり、誰かに可愛がられ安くなるというメリットがあります。

就職や進学などで人間関係がリセットされやすい時期になると、新しくキャラを作り直した結果おバカキャラを演じてしまうこともあります。

新しい環境ではお互いに緊張しているため会話は弾まず、なんとなく「なにを話したらいいのだろうか」と悩んだ挙句お互いに沈黙が続いてしまう…という状況はよく見かけます。

そんな話しづらい雰囲気を打開する特効薬となるのが、あえて「道化を演じること」です。

道化を演じてお互いに緊張を解きほぐし、コミュニケーションを円滑にするだけでなく、道化を演じた自分は盛り上げ役としての地位を獲得し、人間関係における自分のポジションを獲得することができるのです。

緊張感を解きほぐすことで、うまくいけば単なる道化(ピエロ)に留まらず、ムードメーカーや友達内でのリーダー的存在に上り詰めることも可能になります。

スクールカーストに敏感であったり、なんとかしてある集団の中で自分をアピールしたいという欲求が強い人にとって、おバカキャラを引き受けることのは集団内での存在感を示すための一種の営業活動のようなものなです。

おバカキャラを演じてしまう人の心理・特徴

おバカキャラ盛り上げ役や和ませ役として、その人がいると賑やかになれることで好感を得られるキャラの一種です。

しかし、実際におバカキャラを演じている人が皆幸せであり満足しているというわけではありません。

本当の自分をさらけ出すのを恐れている

おバカキャラを演じる人は、素のままの自分を他人に見せることに抵抗や恐怖などの感情を抱いています。

「本当の私を知ったら相手はがっかりするかもしれない」「素の自分のだと相手に気に入られないかもしれない」という本当の自分に対する嫌な予感や思い込みから、本当の自分を出すのではなく、あえて本当の自分よりもおどけて見せた「おバカキャラ」を演じて、集団に溶け込もうとするのです。

「おバカキャラ」というのは、先輩にあたる人から見れば自分のことを慕ってくれそう、ちょろそう、こいつならいじっても大丈夫そうということで、自分のことを気に入ってくれることもあります。

また、一部には自分よりも賢い人が苦手という性格をしている人もおり、その性格の人にとってはおバカキャラの人は、安心感を得ることができるので気に入いられることもあります。

静まり返った雰囲気や孤独が苦手

おバカキャラの人は賑やかなことが好き、楽しいことが好き、みんなを笑わせるような行動をよく取るのでムードメーカーとして集団内でポジションを獲得します。

しかし、なぜそこまでして賑やかな雰囲気にしたいかと言うと、おバカキャラの、その場にいる人が皆静かになって沈黙している雰囲気が苦手なために、あえておバカな行動をとって沈黙を破ろうとしてしまうのです。

沈黙というのは、しゃべり声が聞こえず静かだと捉える人もいれば、誰も喋ってはいけないという張り詰めた空気が広がり緊張感を感じてしまうという人もいます。

沈黙という状態が持つ緊張感や張り詰めた空気に敏感なひとほど、なんとかして沈黙を破るための行動をするようになります。

深く人と交わろうとするのが苦手

おバカキャラの人は盛り上げ役として雰囲気作りをするのが得意にな一方で、お互いに心を開いて親友になったり恋愛関係に発展することは少ないです。

「本当はおバカじゃないんだけど、仲良くするためにおバカキャラを演じている」と、まるでおバカキャラを演じるのが自分の仕事だと考えているため、仕事の範囲外となる自分について話すこと、自分のことを誰かに知ってもらうことはやる気が出ず行いません。

そのため、「盛り上げ役としては頼もしいんだけど、ちょっとよくわからない人」「本当におバカっぽく見えて、ちょっと仲良くなりづらい人だなぁ…」と思われてしまう、相手から遠ざけられてしまうこともあります。

また、深く人と交われないことから、「本当はおばかキャラは自分には向いていない」「できればおどけずに素の自分でいられる人間関係がいい」と思っていても本音を言える友達や相談相手もおらず、一人で悩みを抱え込んだり、ネットで匿名で呟いてしまうこともあります。

自虐ネタが多く、自分で自分を苦しめている

おバカキャラの人がよく使うネタのひとつに自虐ネタがあります。

「勉強ができなくて…」「頭悪くて…」「記憶力が悪くて…」とどれもおバカキャラのイメージにピッタリな自虐ネタで、このネタで誰かが笑ってくれたりきっかけとなればおバカキャラ的には成功と言えます。

しかし、自虐ネタをまさに「分をげる」ネタであり続ければ続けるうちに自分は本当に勉強ができなくて辛い、頭が悪くて嫌になる、記憶力がなくても情けなくなる…と自分で自分を苦しめる原因になります。

自虐ネタそのものは、誰かのコンプレックスにツッコミを入れてしまい逆ギレされる心配はなく。あくまでも自分のコンプレックスをネタにして笑いを提供するネタのために、人を笑いものにせず、自分が笑いものになることで周囲を賑やかにできるというメリットがあります。

しかし、自分のコンプレックスを笑いのネタにするのは、周囲が喜んでくれているのが分かっていても内心は、「できれば自分のコンプレックスなんかで笑いを取らず、私も相手も楽しめるようなことで笑いがとれたらいいのに…」と感じて辛いものです。

おバカキャラのデメリット

空気の読めない人だと思われてしまう

おバカキャラの人は静まり返った状況の中で奇声を上げたり、とんちんかんな行動をして周囲を和まそうとします。

しかし、そんな行動をとっても期待通りに周囲の人がポジティブな反応をしてくれるとは限りません。

コケにコケまくって観客もどう反応すればいいのか迷うほどスベってしまうという大惨事になり、赤っ恥を書いてしまうこともあります。

当然そんな激寒大コケな言動を繰り返していれば、周囲を和ますどころか「あの人は空気を読むのが下手」「TPOをわきまえていない人」だと思われてしまい、人間関係から孤立してしまうこともあります。

道化が道化として引き立つのは、ただ道化のスキルが高いだけでなく、その道化に対してちゃんと盛り上がるような反応を返してくれるノリのよいファンの方がいるからこそであり、ノリのよい人が周囲にいない時に道化を演じても、それはただの一人芝居になってしまうのは無理もありません。

いつもふざけているように見られ信用されなくなる

おバカキャラは可愛がられるからいいのでは?と思う人がいる一方で、おバカな言動を繰り返していることから、いつもふざけておりなんだか信用できない人だなぁ…と思われることもあります。

とくに仕事のように、信用できる人間かどうかが見られる場面では、何かあってもおどけて見せたり、周囲を和ますためにあえて変な行動に走る人は、雰囲気をよくするどころか他の仕事をしている人の邪魔になってしまいます。

また、普段の行いから上司や同僚、部下からの信用は得られにくく、新しい仕事や他社と一緒にやる一大プロジェクトなどにも呼ばれなくなっても無理はありません。

社外の人と関わる場面でTPOを読まずに突飛な行動を取って会社のイメージを落としてしまっては大損害ですからね。

対等な人間関係を築けなくなる

おバカキャラを演じることは、意識的に自分からへりくだることと似ています。

そのため、おバカキャラとしてある集団で打ち解けるようになっても、いつまでたっても立場が上の人のパシリや小間使いのような扱いを受けたり、おバカキャラを途中でやめると「なんでおバカキャラをやめたの?あれ結構楽しかったのになぁ…」と道化を演じていない自分のことを認めてくれないという自体に発展することもあります。

おバカキャラ自体は、言い方は悪いですが、人によっては「自分よりもバカな人がいて安心できる」という、格下の人間がいることによる優越感を感じる人がいます。

その人に取って目の前のおバカキャラが途中でキャラを変えることは、安心できる状況がなくなるのと同じで、当然反発したりおバカキャラでいることを求めるように接してきます。

おバカキャラとして生きることは、いつの間にか自分のことを見下し安心感を得ようとする人の道具やおもちゃとして生きる恐れがあります。

ただ、本当におバカであるために、自分が見下されていることに気がついていないという人も多く、おバカキャラになりきってしまうことが、ある種の幸せのようにすら見えてくることも希にあります。

それはさておき、自分はバカではないのにおバカキャラを演じている人は、キャラを演じるのに我慢や苦痛を感じたら、一度キャラや人間関係を見直して見るようにして、自分を大切できるキャラや友達と付き合うようにしていくのが効果的です。

https://mental-kyoka.com/wp-content/uploads/2019/05/hitonohukou-kyoukan.jpg

おすすめ転職エージェントランキングTOP5

第1位:転職成功実績NO.1【リクルートエージェント】

「リクルートエージェント」が20代におすすめの転職サイト1位である理由は、「業界最大手」の名に恥じない非公開求人の多さにあります。 非公開求人はジャンルや年齢層を問わず20万件以上と国内最多。また、内定の決定数も年間2万3,000人以上、累計で32万人とNO.1です。 スキルを活かし転職をしたいというキャリアアップが目標の方はもちろん、新しい業界への挑戦を考えている、自分を採用してくれる会社があるか不安という方も「リクルートエージェント」に登録しておけば間違いありません。
【リクルートエージェント】のおすすめポイント
  • 年収アップ率62.7%
  • 土日祝日・平日20時以降も対応
  • 給与の交渉代行
  • 独自に分析した業界・企業情報の提供
  • 満足度99%面接力向上セミナー
  • 地方求人も豊富
2011年のデータではありますが、「リクルートエージェント」を利用した転職者の6割以上が年収アップを実現。 担当アドバイザーが1人1人の強みを引き出すとともに、応募先へのアピール方法や口には出しにくい転職理由をうまく伝えるアドバイスなどもしてくれます。 また、20万件以上の非公開求人には地方の求人も多く含まれているため、Uターン転職、Iターン転職、Jターン転職などしたい場合も収入を落とさず好条件で転職が可能です。
  • Uターン転職…地元に戻り転職する
  • Iターン転職…都会で育ち就職した人が地方に移住し転職
  • Jターン転職…地方で育ち、都会で就職、地元とは違う土地へ転職
日本全国の求人を保有していますが、約85%が「リクルートエージェント」のみでしか取り扱いがなく、他の転職サイトでは見ることができません。 あらゆる分野の求人が集まってくるトップサイトですので、リクルートエージェントには必ず登録しておきましょう。

\求人数NO.1!年収アップ率60%以上/

リクルートエージェントの無料登録はこちら

第2位:満足度NO.1!【doda】

第2位は「リクルートエージェント」に次いで求人数が多い「doda(デューダ)」。 非公開求人は10万件以上あり、仕事について迷走しがちな20代向けの独自のサービスが充実しています。 登録すれば定期的に開催される「doda」主催の大規模な転職フェアやセミナーに参加が可能。 企業の担当者と直接話ができるため、あなた自身の人柄を直接アピールでき、運が良ければ書類審査をパスすることができます。 実は、20代の転職活動で書類審査は「沼にハマりやすい」大事な通過点。社会に出て数年では経験も足りず、その他大勢との差を広げにくいためです。 何度も何度も練り直し、書き直し、それでも通過しないことも多い書類審査を、パスできる機会があるのは大きなメリットなのです。
【doda】のおすすめポイント
  • 年収査定、キャリアタイプ診断、合格診断などのツール
  • doda転職フェア・セミナー
  • 応募書類の書き方・面接対策
  • スカウトメール
是非利用してほしいのは「年収査定」や「キャリアタイプ診断」など自分の現在の年収が本当に妥当なのかどんな仕事や働き方が向いているのかなど無料で診断できる独自ツール。 自分の現状を知ることが転職活動の第一歩になります。 また、「doda」は他サイトと比較してもスカウトメールが届く回数が圧倒的に多いのが特徴。 中には「面接確約オファー」や「プレミアムオファー」など書かれたメールが届くこともあります。 「面接確約」や「書類選考免除」などのスカウトなら、最短ルートでの内定がもらえる可能性大! 転職したくても「もし失敗したら?」と不安になってしまう方もいると思いますが、「doda」に登録しておけば転職に関する不安も嘘のようになくなるはずです。

\「自分の市場価値」を診断できる/

dodaの無料登録はこちら

第3位:独占求人多数!【マイナビエージェント】

20代におすすめの転職サイト第3位の「マイナビエージェント」は20代~30代前半に強い転職サイト。 3位の理由は新しい業界へ挑戦したい方向けの未経験でも応募可能な求人も多いことが1つ。 もう1つは、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業などの求人が豊富で、特定の分野に特化した転職のノウハウを持っていることです。 「マイナビエージェント」のみが保有する「独占求人」も非常に数が多く、保有する案件の約8割が非公開求人。業界に詳しい担当者がプロの目線でアドバイスをしてくれます。
【マイナビエージェント】のおすすめポイント
  • 「転職成功」のノウハウを伝授
  • 面接日、年収、入社日などの条件交渉を代行
  • 推薦状を書いてくれる
  • 求人票だけでは分からない会社の雰囲気や情報を網羅
入社後に後悔しない転職のためにも、企業の社風や雰囲気、平均残業時間、業界の成長性・動向など、有益な情報を共有。 転職後の3年後、5年後を見据え、新たな分野への挑戦にも親身にアドバイスをくれるのが魅力です。 新しい分野に挑戦したい、選択肢を広げたいという方、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業へスキルを活かし転職したい方は「マイナビエージェント」の登録がおすすめです。

\未経験OK!独占求人が豊富!/

マイナビエージェントの無料登録はこちら

第4位:転職者の約71%が年収アップ!【type転職エージェント】

第4位は、20代や30代前半の若年層向けの転職サイト「type転職エージェント」です。 業界に精通したエージェントが転職成功へ向けサポートを行ってくれ、2015年には利用した約71%の人が年収が上がったという実績も残していることがランクインの理由です。 年収アップを念頭におき、転職活動をサポートしてくれるため、確実にキャリアアップしたいという方に特におすすめです。 総合人材サービスの「キャリアデザイナー」が運営していることもあり、大手企業やベンチャー企業などの独自の求人も多く、特にIT系やエンジニアなどの求人が充実しています。
【type転職エージェント】のおすすめポイント
  • 「転職力診断テスト」
  • こだわり検索
  • 転職者の約71%が年収アップ
「type転職エージェント」で特に評価が高いのが「転職力診断テスト」。 約13万人の職種・年齢別経歴などのデータを元に、選択式の簡単な質問に答えていくことで、「強み」や「不足しているスキル」などを細かく分析してくれます。 診断が的確で、自分では気づけないような新しい可能性を発見できることから、転職を意識し始めたばかりの人はもちろん、転職活動がなかなかうまくいっていない人にもぜひ挑戦してみて欲しいサービスです。 また、「type転職エージェント」は求人のこだわり検索項目も非常にユニーク。 「受かりやすい順」「月間の目安残業時間」など、他では見られないが「知りたい条件」で絞り込むことで希望にあった求人を探すことができます。 また、IT・通信系、営業職などに特化しており、独自の求人も豊富です。 ただ、東京や大阪など都市部での転職活動であれば豊富な求人を紹介できますが、地方によってはほんの数件しか取扱がないため注意しましょう。 「リクルートエージェント」や「doda」など総合型の転職サイトにも登録し、あわせて使用するのがおすすめです。

\【東京・大阪】質の高い案件が豊富/

type転職エージェントの無料登録はこちら

第5位:顧客満足度調査NO.1【パソナキャリア】

20代におすすめの転職サイト、第5位は「パソナキャリア」です。 2019年オリコン顧客満足度調査でNO.1を獲得するなど、サポートの手厚さ、丁寧さで特に人気ですが、丁寧な分スピード転職を希望している方には不向きという理由で5位に。 ただ、求人数は3万件と「リクルートエージェント」や「doda」と比較すると量は少ないながらも、人材総合サービスのパソナグループのコネを活かした質の高い求人が多くあります。
【パソナキャリア】のおすすめポイント
  • 業界ごとのチーム体制
  • 面接対策・職務経歴書のサンプルやフォーマット
  • 年収診断
  • 女性の転職にも強い!
「パソナキャリア」では業界ごとに担当者を置いており、専門性の高い業界でも特有の悩みや不安に寄り添い、丁寧なサポートを受けることができます。 また、女性の転職活動支援に特化した専門チームもあり、1人1人に寄り添い丁寧にサポートを行ってくれます。 「パソナキャリア」では、面接や書類の対策など基本的なことにもしっかり対応しつつ、転職者1人1人が抱える背景を考慮した、丁寧なサポートが魅力です。 業界ごとに「専任キャリアアドバイザー」がいることで、深い知識と濃い情報を聞くことができるとともに、理にかなったアドバイスを聞くこともできます。

\満足度No.1!スペシャリストがサポート/

パソナキャリアの無料登録はこちら

この記事が気に入ったらシェア

フォローする