「 行動に関する心理 」一覧

人は群れると馬鹿になる「集団心理(群集心理)」で起きる行動の特徴について

人は群れると馬鹿になる「集団心理(群集心理)」で起きる行動の特徴について

集団になると調子に乗ってしまったり、常に誰かと群れていないと不安を感じることは、集団心理(群集心理)が影響しています。集団心理はとても恐ろしく、いじめやデモの暴徒化を招く原因とも考えられてます。どんな人でも集団心理に飲み込まれて、普段ならしないようなバカみたいな行動をしてしまうのが集団心理の問題点とも言えます。

「傍観者効果」集団になると見て見ぬ振りをしてしまう心理について

「傍観者効果」集団になると見て見ぬ振りをしてしまう心理について

傍観者効果とは、援助がが必要とされる場面において、自分以外の他人が複数人存在すると、援助行動が抑制される現象を表した心理学用語。いじめの助長や人間関係からの孤立を招くと考えられています。傍観者が多いことで、責任の分散、多元的無知、評価懸念が影響して、見て見ぬふりをする人が出てしまうのです。

「親和欲求」誰かと一緒がいい、一人は嫌という心理について

「親和欲求」誰かと一緒がいい、一人は嫌という心理について

心理学では誰かと一緒にいたいと感じたり、一人ぼっちになるのが嫌だと感じる心理を親和欲求といいます。親和欲求は人間が孤独か感じる不安を避けるために備わっている、ごく自然な心の動きです。親和欲求が強すぎると、常に誰かと一緒でないと不安を感じたり、人を振り回すことにつながってしまうことがあります。

他人に厳しく自分に甘い人の心理「行為者・観察者バイアス」について

他人に厳しく自分に甘い人の心理「行為者・観察者バイアス」について

他人に厳しいけど自分は甘やかして棚に上げる。この心理は「行為者・観察者バイアス」と呼ばれてます。ある結果に対して他人の場合にはその原因を他人の性格や能力にあると考える、自分の場合には状況や運などの自分以外のものに原因があると考えることで、自分のメンタルを守ろうとするのです