ぼっちアピールをする心理について

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

クリスマスのように、友達・恋人・家族と一緒に過ごすのが一般的な時期に、あえて自分は誰とも過ごさず一人でクリスマスを過ごすという内容の言動をすることをぼっちアピールと呼びます。

もちろん、ぼっちアピールはクリスマスに限らず普段から日常的に行えるアピールです。しかし、傍目にはあえてぼっち(孤独)であると自虐を交えてアピールしていると映るために、あまりよい印象を持たれない行動でもあります。

また、普段から友達が多くいるのにもかかわらず、その状況に反するような内容とも取れるぼっちアピールの場合は、なんとなく嫌味ったらしい人、かまってちゃん…などの、悪印象を招きやすい。そして、本当に普段からぼっちな生活を送ることを余儀なくされている人に強い嫌悪感を抱かせることもあります。

今回は、そんな煙たがられがちなぼっちアピールをする人の心理について、お話しいたします。

スポンサーリンク

ぼっちアピールに隠された心理・意図

周囲からの同情や慰めの言葉を求めている

自虐の意味として「ぼっち」が使われていることを考慮すれば、ぼっちアピールには周囲からの同情を誘おうとする意図や、慰めの言葉を求めているのだと解釈することもできます。

ただし、素直に「同情されたい」「優しい言葉をかけてほしい」と主張するのでは、あまりにも率直且つ露骨すぎて自分のプライドが許さなかったり、同情欲しさのために必死すぎる様子を相手に晒して恥をかくのを恐れている。

また、率直に「同情してください」と言われると、よけいに「同情なんてするもんか」と反発してしまう心理(=心理的リアクタンス)が働いてしまう可能性もあるだけに、素直に同情を求めるのは、方法としては賢明とは言えません。

そんなときに役に立つのがぼっちアピールです。これにより相手に対して暗に同情や慰めの言葉を言うように仕向ける、空気を読んで行動するように働きかけられます。

表面的には「自分はぼっちである」とアピールしているだけに見え、その実態は同情を誘うためにアピールしているという、あまり他人に悟られたくない心理を隠せます。

(ただし、やってることが遠まわしすぎるのと同時に、他人から同情を誘う割には自分から相手を褒めたり、認めたりせず、承認されっぱなしになりがちなのでウザがられるケースも多いですが‥)

本当はぼっちから脱出したい気持ちの裏返し

「本当はぼっちな状態なんて嫌だけど、そのぼっちから脱出する方法がわからない」という気持ちに陥った時に、あえてぼっちアピールをして注目を浴びることで、ぼっちから脱出を図ろうとしているのです。

なお、このことは「ぼっちを楽しんでますよ」というような、(開き直りとも取れる)ぼっちアピールをしている人でも同様です。

正直に「ぼっちは嫌だ」と白状するのは、恥ずかしさを感じていたり、ぼっちに対して

  • 仲間はずれにあっている。
  • 協調性が無いことの証である。
  • 人間として何か大事なもの欠落しているからぼっちになっている。

…など、強い悪印象を抱いている人が、進学や就職などで環境が変わった結果としてぼっち状態に陥ってしまい、葛藤を覚えた場面にて、あえて「ぼっちを楽しんでますよ」と真逆の言動をすることがあります。

こうした自分の感情とは真逆の行動を取ることは、防衛機制の反動形成の一種と考えられます。(反動形成とは、自分の抱いている葛藤した感情を抑圧し、それとは真逆の感情を強調した言動を取ること。例えば、好意を持っている人に対して、あえて嫌がらせをしてしまうことがこれに当たる)

「本当はぼっちなんて嫌だ」という気持ちを抑圧して「ぼっちは楽しいですよ」と、抑圧した感情とは真逆の言動をとることで、精神的な苦痛から逃れようとしているのです。

「ぼっちキャラ」というキャラの獲得を試みている

ぼっちとは単なる孤独な状態を指すものではなく、一つの個性として捉えている…つまり「キャラ」の一種としてみなしている人も、ぼっちアピールを多用することがあります。

いじられキャラや天然キャラのように、ぼっちもキャラの一種と見なせば、孤独という耐え難い状況に対して必要以上に落ち込まなくて済ませられます。(かっこよく「一匹狼」とか「ソロ充」と言い換えるのこともできますし…)

もし仮にぼっちであることが非難やツッコミの対象になっても、それはあくまでも代替可能なキャラであるぼっちが非難の対象になっているだけで、そのキャラを演じている自分は非難の対象外である…と、自分で自分を守ることもできます。

また、キャラとして割り切ることで、本当は孤立して浮いているだけに過ぎなくとも、その状況を直視して悲観視せずに済ませられます。

加えて、なにも個性がなくても印象が薄いキャラと比較すると、ぼっちキャラは一つの個性を獲得したキャラであり、そのことで周囲から顔を覚えてもらえたり、自分に共感を示す人が出てきて孤独を紛らわせられます。

なお、キャラとして演じるぼっちは、その性質ゆえに友人や恋人ができるなど、ぼっちでなくなる状況に直面すると、今まで身につけてきたぼっちというキャラを失うことに葛藤を覚えてしまう難儀なキャラとも言えます。(もちろん、ぼっち脱出のためにキャラを演じているのなら、本望かもしれませんが…)

目立って承認欲求を満たしたい

目立ちたいと思う裏には、孤独であることに強い不安を感じていたり、「交友関係の多い人こそ価値があり、孤独な人間は無価値である」という価値観にとらわれていることがあります。

ぼっちという(自虐)ネタを用いてまで、やたらと周囲にアピールを繰り返す裏には、不安から逃れるために、絶えず周囲の関心や注目を集めることに必死になっていることが考えられます。

…ただし、周囲からすれば、ぼっちアピールをしている人に「貴方はそんな強い不安を感じているでしょ」と、ストレートに言うことは、流石に失礼すぎるからできない。結果として表面的に、それも当たり障りのない言葉で同情や共感を寄せるに留まることが多いものです。

そのため、ぼっちアピールをしている人は、自身の承認欲求が満足に満たせないことでストレスを抱えてしまったり、更なる承認を得ようとしてぼっちアピールをエスカレートさせることで、ウザがられてしまうことが多いのです。

関連記事

承認欲求をこじらせた人がめんどくさい理由
誰かから認められたい、尊敬されたい、褒められたいと言うような要求を承認欲求と呼びます。 承認欲求は人間であれば誰もが持っている欲求です

他人からぼっちだと思われるぐらいなら、自分でぼっちと言い張ることも

周囲から求められてもいないのに、自分から進んでぼっちアピールをする人には、「他人からぼっちと認定されるよりも前に、自分からぼっちを名乗った方が自尊心が傷つかなくても済む」と考えていることがあります。

恋愛にて振られる前に振る人のように、他人からどう思われているのか言われるよりも前に、あえて自分からぼっちであることを切り出しておくことで、相手に発言させる隙を与えずに済むと同時に、自分のプライドを守ることができます。

  • 自分でぼっちであると言う
  • 他人からぼっちだと言われる

の二つでは、後者の方が自尊心が強く傷つきます。

自分で「ぼっち」と自虐するのとは違い、後者は他人という(自分よりはまだ)客観的な評価を下される分、その評価の重みは増します。また、「他人からぼっちだと思われている」事実と向き合わざるを得ない分、感じる苦痛も強くなります。

そうした苦痛を避けるための予防線として、ぼっちアピールが機能しているとも見れますが、予防線を張ることばかりに集中して、相手に対する配慮や気配りが届いていない。

どこか自己中心的で、ぼっちになってしまうのもなんとなく納得できてしまうがゆえに、ぼっちアピールを多用する人は残念な人とみなされ、煙たがられているのではないかと考えられます。

関連記事

どうしてぼっちがつらいと感じるのか
友達がいない一人ぼっちで孤独な人のことをインターネット上では「ぼっち」といます。 「ぼっち」という単語は最近はインターネット上だけでな
「ぼっちはメンタルが強い」説に対する考察
孤独な人の事をネット上では「ぼっち」と呼びますが、その様子は孤独という耐え難い苦痛に耐えうるだけの強靭な精神力を持っている…なんて風に語られ

https://mental-kyoka.com/wp-content/uploads/2019/05/hitonohukou-kyoukan.jpg

おすすめ転職エージェントランキングTOP5

第1位:転職成功実績NO.1【リクルートエージェント】

「リクルートエージェント」が20代におすすめの転職サイト1位である理由は、「業界最大手」の名に恥じない非公開求人の多さにあります。 非公開求人はジャンルや年齢層を問わず20万件以上と国内最多。また、内定の決定数も年間2万3,000人以上、累計で32万人とNO.1です。 スキルを活かし転職をしたいというキャリアアップが目標の方はもちろん、新しい業界への挑戦を考えている、自分を採用してくれる会社があるか不安という方も「リクルートエージェント」に登録しておけば間違いありません。
【リクルートエージェント】のおすすめポイント
  • 年収アップ率62.7%
  • 土日祝日・平日20時以降も対応
  • 給与の交渉代行
  • 独自に分析した業界・企業情報の提供
  • 満足度99%面接力向上セミナー
  • 地方求人も豊富
2011年のデータではありますが、「リクルートエージェント」を利用した転職者の6割以上が年収アップを実現。 担当アドバイザーが1人1人の強みを引き出すとともに、応募先へのアピール方法や口には出しにくい転職理由をうまく伝えるアドバイスなどもしてくれます。 また、20万件以上の非公開求人には地方の求人も多く含まれているため、Uターン転職、Iターン転職、Jターン転職などしたい場合も収入を落とさず好条件で転職が可能です。
  • Uターン転職…地元に戻り転職する
  • Iターン転職…都会で育ち就職した人が地方に移住し転職
  • Jターン転職…地方で育ち、都会で就職、地元とは違う土地へ転職
日本全国の求人を保有していますが、約85%が「リクルートエージェント」のみでしか取り扱いがなく、他の転職サイトでは見ることができません。 あらゆる分野の求人が集まってくるトップサイトですので、リクルートエージェントには必ず登録しておきましょう。

\求人数NO.1!年収アップ率60%以上/

リクルートエージェントの無料登録はこちら

第2位:満足度NO.1!【doda】

第2位は「リクルートエージェント」に次いで求人数が多い「doda(デューダ)」。 非公開求人は10万件以上あり、仕事について迷走しがちな20代向けの独自のサービスが充実しています。 登録すれば定期的に開催される「doda」主催の大規模な転職フェアやセミナーに参加が可能。 企業の担当者と直接話ができるため、あなた自身の人柄を直接アピールでき、運が良ければ書類審査をパスすることができます。 実は、20代の転職活動で書類審査は「沼にハマりやすい」大事な通過点。社会に出て数年では経験も足りず、その他大勢との差を広げにくいためです。 何度も何度も練り直し、書き直し、それでも通過しないことも多い書類審査を、パスできる機会があるのは大きなメリットなのです。
【doda】のおすすめポイント
  • 年収査定、キャリアタイプ診断、合格診断などのツール
  • doda転職フェア・セミナー
  • 応募書類の書き方・面接対策
  • スカウトメール
是非利用してほしいのは「年収査定」や「キャリアタイプ診断」など自分の現在の年収が本当に妥当なのかどんな仕事や働き方が向いているのかなど無料で診断できる独自ツール。 自分の現状を知ることが転職活動の第一歩になります。 また、「doda」は他サイトと比較してもスカウトメールが届く回数が圧倒的に多いのが特徴。 中には「面接確約オファー」や「プレミアムオファー」など書かれたメールが届くこともあります。 「面接確約」や「書類選考免除」などのスカウトなら、最短ルートでの内定がもらえる可能性大! 転職したくても「もし失敗したら?」と不安になってしまう方もいると思いますが、「doda」に登録しておけば転職に関する不安も嘘のようになくなるはずです。

\「自分の市場価値」を診断できる/

dodaの無料登録はこちら

第3位:独占求人多数!【マイナビエージェント】

20代におすすめの転職サイト第3位の「マイナビエージェント」は20代~30代前半に強い転職サイト。 3位の理由は新しい業界へ挑戦したい方向けの未経験でも応募可能な求人も多いことが1つ。 もう1つは、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業などの求人が豊富で、特定の分野に特化した転職のノウハウを持っていることです。 「マイナビエージェント」のみが保有する「独占求人」も非常に数が多く、保有する案件の約8割が非公開求人。業界に詳しい担当者がプロの目線でアドバイスをしてくれます。
【マイナビエージェント】のおすすめポイント
  • 「転職成功」のノウハウを伝授
  • 面接日、年収、入社日などの条件交渉を代行
  • 推薦状を書いてくれる
  • 求人票だけでは分からない会社の雰囲気や情報を網羅
入社後に後悔しない転職のためにも、企業の社風や雰囲気、平均残業時間、業界の成長性・動向など、有益な情報を共有。 転職後の3年後、5年後を見据え、新たな分野への挑戦にも親身にアドバイスをくれるのが魅力です。 新しい分野に挑戦したい、選択肢を広げたいという方、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業へスキルを活かし転職したい方は「マイナビエージェント」の登録がおすすめです。

\未経験OK!独占求人が豊富!/

マイナビエージェントの無料登録はこちら

第4位:転職者の約71%が年収アップ!【type転職エージェント】

第4位は、20代や30代前半の若年層向けの転職サイト「type転職エージェント」です。 業界に精通したエージェントが転職成功へ向けサポートを行ってくれ、2015年には利用した約71%の人が年収が上がったという実績も残していることがランクインの理由です。 年収アップを念頭におき、転職活動をサポートしてくれるため、確実にキャリアアップしたいという方に特におすすめです。 総合人材サービスの「キャリアデザイナー」が運営していることもあり、大手企業やベンチャー企業などの独自の求人も多く、特にIT系やエンジニアなどの求人が充実しています。
【type転職エージェント】のおすすめポイント
  • 「転職力診断テスト」
  • こだわり検索
  • 転職者の約71%が年収アップ
「type転職エージェント」で特に評価が高いのが「転職力診断テスト」。 約13万人の職種・年齢別経歴などのデータを元に、選択式の簡単な質問に答えていくことで、「強み」や「不足しているスキル」などを細かく分析してくれます。 診断が的確で、自分では気づけないような新しい可能性を発見できることから、転職を意識し始めたばかりの人はもちろん、転職活動がなかなかうまくいっていない人にもぜひ挑戦してみて欲しいサービスです。 また、「type転職エージェント」は求人のこだわり検索項目も非常にユニーク。 「受かりやすい順」「月間の目安残業時間」など、他では見られないが「知りたい条件」で絞り込むことで希望にあった求人を探すことができます。 また、IT・通信系、営業職などに特化しており、独自の求人も豊富です。 ただ、東京や大阪など都市部での転職活動であれば豊富な求人を紹介できますが、地方によってはほんの数件しか取扱がないため注意しましょう。 「リクルートエージェント」や「doda」など総合型の転職サイトにも登録し、あわせて使用するのがおすすめです。

\【東京・大阪】質の高い案件が豊富/

type転職エージェントの無料登録はこちら

第5位:顧客満足度調査NO.1【パソナキャリア】

20代におすすめの転職サイト、第5位は「パソナキャリア」です。 2019年オリコン顧客満足度調査でNO.1を獲得するなど、サポートの手厚さ、丁寧さで特に人気ですが、丁寧な分スピード転職を希望している方には不向きという理由で5位に。 ただ、求人数は3万件と「リクルートエージェント」や「doda」と比較すると量は少ないながらも、人材総合サービスのパソナグループのコネを活かした質の高い求人が多くあります。
【パソナキャリア】のおすすめポイント
  • 業界ごとのチーム体制
  • 面接対策・職務経歴書のサンプルやフォーマット
  • 年収診断
  • 女性の転職にも強い!
「パソナキャリア」では業界ごとに担当者を置いており、専門性の高い業界でも特有の悩みや不安に寄り添い、丁寧なサポートを受けることができます。 また、女性の転職活動支援に特化した専門チームもあり、1人1人に寄り添い丁寧にサポートを行ってくれます。 「パソナキャリア」では、面接や書類の対策など基本的なことにもしっかり対応しつつ、転職者1人1人が抱える背景を考慮した、丁寧なサポートが魅力です。 業界ごとに「専任キャリアアドバイザー」がいることで、深い知識と濃い情報を聞くことができるとともに、理にかなったアドバイスを聞くこともできます。

\満足度No.1!スペシャリストがサポート/

パソナキャリアの無料登録はこちら

この記事が気に入ったらシェア

フォローする