同調圧力のストレスから自分を守る考えかたについて

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

会社で人間関係を構築していく、学校のクラスに上手く溶け込むためには、自分の意見や要求ばかりを主張するのではなく、場の雰囲気に合わせて行動をコントロールしていく必要があります。いわゆる周囲とある程度同調することが重要なスキルとなってきます。

人間関係でトラブルを起こさないためには、自分の意見が少数派だった場合は多数派の意見に合わす、場の雰囲気に従って行動をする場面も必要になることがあります。

人との関わりの中で生活してく上でいつも自分のわがままが通る事はありえないので、時には自分の意見を抑えて集団に合わせるスキルは、世渡りに欠かせないスキルと言えるでしょう。

ちなみに、日常生活の中で意識的に多数派・少数派という難しい言葉はあまり使われず、どちらかといえば「みんなが」「友達が」「同僚が」というような言葉が、代わりに使われる場面の方が身近ですね。

学校でも、みんなが「みんなが進学しているからあなたも進学すべきだ」とか「みんなが就職しているからあなたも就職すべきだ」というような、「みんな」という言葉のプレッシャーに負けて、自分の行動を変えてしまった経験をした人は少なくありません。

今回はこの「みんながやってるから…」という場面で耳にする事が多い同調圧力(どうちょうあつりょく)について説明していきましょう。

スポンサーリンク

同調圧力とは

同調圧力という言葉を辞書で引いてみると、以下のような意味になります。

地域共同体や職場などある特定のピアグループ(英: Peer group )において意思決定を行う際に、少数意見を有する者に対して暗黙のうちに多数意見に合わせることを強制することを指す。

 出展 同調圧力(Wikipedia)

これだけだとあまりピンとこない方もいますが、分かりやすく言うと自分が所属しているクラスやチーム、会社といったなどの大きな組織の意見と自分の意見が異なっている時に、自分の意見を抑えて集団の意見に合わせる事をいいます。

いわゆる、「わがままを言うのではなく空気を読んで行動しなさい!」「みんな我慢してやっているんだから、抜けがけしないであなたも一緒にやりなさい!」と感じる、無言の圧力のことです。

部活動なら連帯責任でペナルティをくらうのが嫌なのに、「自分一人だけ連帯責任から逃げて楽をさせるのはチーム全体が認めない」と感じて、本当は逃げたいのに連帯責任に巻き込まれるのも責任をとらされるのも、同調圧力の一種といえます。

同調圧力には、実際に声に出して「空気を読みなさい!」と言われてと圧力をかける形もあれば、なんとなく雰囲気で空気を読んで行動するべきだと無言で圧力をかける形もあります。

連帯責任と同じく、周囲の意見や空気によって自分の行動を抑え続けることは精神的な苦痛を生む事が多く、一般的に同調圧力という言葉はネガティブなイメージで使われる事が多い言葉です。

しかし、状況に応じて空気を読んで行動することにより仲間はずれになるのを防ぐ、自分の評価を下げたりやリストラになるのを防ぐという正の側面もあります。

同調圧力のメリット

多数派に所属することの安心感を得られる

同調圧力に従って集団の意見にあわせて行動することで、少数派にいるときよりも安心感を感じることができます。

少数派の時と比べて味方の人数が多いので、「よかった、自分の考え方は間違っていなかったんだ」という安心感や肯定感を得ることができます。

多数派に所属していることから、周囲から攻撃の対象となるのを防ぐ、少数派にいるときに感じる孤独感や寂しさを感じずに済む事もあります。これは、自分のメンタルが傷つくの回避する自己防衛行動の一種ともいえます。

またSNSのフォロワーやLINEグループのように、所属している集団の人数が今何人なのかがはっきりわかるツールの場合、数字が多ければ多いほど安心感も感じやすくなります。

協調性がある、チームワークを大切にできると思われる。

学校や会社の一員として円滑な社会生活していく上では、孤高の一匹狼を気取って周囲と協力しない、というわけにはいきません。

自分の心情やポリシーに反する相手や、「なんとなくあの人嫌だなぁ…苦手なタイプだなぁ…」と感じる人とも、時には協力して一緒に作業をこなしていく事が必要になります。

同調圧力を感じて時に空気を読んで協力して目標を達成していくスキルは、一般的にチームワークがある、社会性がある、コミュニケーション能力があるという言葉で言い表されており、豊かな人生を歩むための生き方の一つです。

同調圧力に屈っせず自分のプライドや信念をガンガン貫く生き方にかっこよさを感じる人もいます。

しかし、同様に周囲の空気や人間関係の機微を察して、一歩引いて裏方に周り集団全体の目標達成へのサポートをする生き方もまた、かっこよさを感じる生き方です。

同調圧力のデメリット

集団の空気を乱すような言動がとれなくなる

集団の空気に合わて行動するので、空気を乱すような発言や行動をすれば批判やいじめの標的になったり、裏切り者のレッテルを貼られて集団から追い出されてしまう事があります。

例えば、クラスのみんながペーパーテストで進学するのに自分だけスポーツで進学しようとしているけど、そのことを言うと友達や先輩、教師や親、から「スポーツ進学はやめておきなさい」と言われるのを恐れて、やっぱり普通に受験するというケースです。

自分としては、スポーツの実力がそこそこあって将来はプロの世界で活躍したいと思っているけど、自分の周囲にスポーツ進学をしている人がいない。

普通に受験している人が多くそれが当たり前と感じている人が多いと、自分の意見が否定されるのではないかと感じて自分の本当の気持ちを言えないまま、内に秘めてしまうことになります。

少数派の意見を押さえ込んでしまう

同調圧力には、多数派が少数派の声を尊重せず押さえ込んでしまう場面も多くあります。

少数派にも少数派なりの考えや理屈があるのですが、それを少数派だからといって切り捨ててしまっては、前向きな議論やイノベーションはうまれません。

多数派は数が多いということを武器に、少数派を追い込んで断れない状況を生むことも簡単に作れてしまいます。いわゆる「数の暴力」のことですね。

いじめの場合もいじめる側が多数派、いじめられる側が少数派になることが大半で、これにより数の暴力で多数派は少数派をいじめに逆らえない状況に追い込んでいじめているという見方ができます。

実際に「1対10」の勝負よりも「1対100」の勝負の方が、少数派の勝率は下がってしまいます。

数で相手を圧倒するというのは交渉や取引でもよく使われる手法であり、多数派の意見というのは少数派の意見を圧倒しやすいと言えるのです。

同調圧力のストレスから自分を守る考え方

多数派の意見がいつも正しいとは限らない

「やっぱり低学歴よりも高学歴の方が安心できる」「中小企業よりも大企業の方が安心できる」というような日本人の多くが持っている考え方や意見は、常に正しいとは限りません。

学歴が低くてもスポーツや芸能の分野で社会に貢献している人もいれば、中小企業であってもある分野で世界のトップシェアを占めている、福利厚生がしっかりしていて時代に合わせた柔軟な経営をしている中小企業もあります。

また、同じような考え方を持った人同士が集まることで、一時的に興奮状態になったり、感情的・衝動的な行動を取ってしまう事があります。

これは群集心理と呼ばれる状態で判断力が低下しているのでパニック状態になったり、間違った行動をとって他人を傷つけてしまう事にもつながります。

意見は時間により変化する

自分が所属している集団の意見が、このさきずっと同じまま続いていくというのは現実的に見て考えられにくい状態です。

集団のメンバーの構成員に変化がなくとも、メンバーの中でさらに派閥ができて力関係に変化が出たり、リーダー的存在が新しい価値観を身に付ける事で、今までの空気がガラッと変わってしまう事があります。

とくに安定や安心感を求める人にとっては、「できればいまの雰囲気ずっとが崩れないままであってほしい」と強く願うものですが、雰囲気を作っているのが生身の人間である以上、ずっと固定されてほしいという願いは叶いません。

例えば、地元愛が強い人なら「地元がずっとのこのままの雰囲気であってほしい」と感じるのはごく自然な感情ですが、その願いだけでは時代や人の流れについていけず過疎化で雰囲気が変わってしまうを防ぐ事はできません。

人間が生物として生きている以上、考え方はずっと固定されるものではなく、年齢を重ねたりや環境の変化によって変わっていくものであるということを覚えておく。

そして、もしも変わってしまった時は今度は自分から雰囲気をよくするために何か出来ることはないか、工夫できることはないかについて調べてみるのもストレスを抱え込まずにすむ考え方の一つです。

同調圧力の感じ方には個人差があること知る

例えばお酒の席。本当は飲みたくないのに、みんなが飲め飲め!と迫ってくるのに強いストレスを感じる人もいれば、そこまでストレスを感じない人もいます。どちらも同じ状況なのに、同調圧力の感じ方は人によって異なるのが自然です。

このように同調圧力の感じ方には個人差があり、同調圧力に敏感な人は何かとストレスをためて精神的に疲れてしまう事が多くあります。

自分が同調圧力に対して敏感なのに、無理に我慢して体調を崩してしまっては元も子もありません。

同調圧力を感じやすい人は、疲れすぎないように同調圧力を感じる場面を避けるようにしたり、何事も我慢しようとして潰れないように自分の体調を気遣うようにしていくのが効果的です。

もちろん、強いストレスを感じるから自分はダメなんだと落ち込む必要はありませんし、ストレスを感じやすいのがダメと断定するわけではありません。

一般的にストレス耐性がある方が勉強や仕事で高評価を得やすい現代では、同調圧力を感じにくい人に憧れを抱いたり、そういう人になりたいと切望する人も少なくありません。

しかし、自分が繊細なのに無理に同調圧力を感じる場面に足を運んでいる、SNSに入り浸っている場合は、疲れないためにも適宜休憩をとったり、時間を制限するようにして、自分のキャパシティを超えないように調整していくようにするのが好ましいといえます。

同調圧力を感じやすいということを頑なに認めないままでは辛くなる一方なので、「やっぱり自分は繊細なんだ」と受け入れ肯定した上で、「だったらどうすれば、少しでも楽に生きていけるか」に目線を変えて行くようにしましょう。

https://mental-kyoka.com/wp-content/uploads/2019/05/hitonohukou-kyoukan.jpg

おすすめ転職エージェントランキングTOP5

第1位:転職成功実績NO.1【リクルートエージェント】

「リクルートエージェント」が20代におすすめの転職サイト1位である理由は、「業界最大手」の名に恥じない非公開求人の多さにあります。 非公開求人はジャンルや年齢層を問わず20万件以上と国内最多。また、内定の決定数も年間2万3,000人以上、累計で32万人とNO.1です。 スキルを活かし転職をしたいというキャリアアップが目標の方はもちろん、新しい業界への挑戦を考えている、自分を採用してくれる会社があるか不安という方も「リクルートエージェント」に登録しておけば間違いありません。
【リクルートエージェント】のおすすめポイント
  • 年収アップ率62.7%
  • 土日祝日・平日20時以降も対応
  • 給与の交渉代行
  • 独自に分析した業界・企業情報の提供
  • 満足度99%面接力向上セミナー
  • 地方求人も豊富
2011年のデータではありますが、「リクルートエージェント」を利用した転職者の6割以上が年収アップを実現。 担当アドバイザーが1人1人の強みを引き出すとともに、応募先へのアピール方法や口には出しにくい転職理由をうまく伝えるアドバイスなどもしてくれます。 また、20万件以上の非公開求人には地方の求人も多く含まれているため、Uターン転職、Iターン転職、Jターン転職などしたい場合も収入を落とさず好条件で転職が可能です。
  • Uターン転職…地元に戻り転職する
  • Iターン転職…都会で育ち就職した人が地方に移住し転職
  • Jターン転職…地方で育ち、都会で就職、地元とは違う土地へ転職
日本全国の求人を保有していますが、約85%が「リクルートエージェント」のみでしか取り扱いがなく、他の転職サイトでは見ることができません。 あらゆる分野の求人が集まってくるトップサイトですので、リクルートエージェントには必ず登録しておきましょう。

\求人数NO.1!年収アップ率60%以上/

リクルートエージェントの無料登録はこちら

第2位:満足度NO.1!【doda】

第2位は「リクルートエージェント」に次いで求人数が多い「doda(デューダ)」。 非公開求人は10万件以上あり、仕事について迷走しがちな20代向けの独自のサービスが充実しています。 登録すれば定期的に開催される「doda」主催の大規模な転職フェアやセミナーに参加が可能。 企業の担当者と直接話ができるため、あなた自身の人柄を直接アピールでき、運が良ければ書類審査をパスすることができます。 実は、20代の転職活動で書類審査は「沼にハマりやすい」大事な通過点。社会に出て数年では経験も足りず、その他大勢との差を広げにくいためです。 何度も何度も練り直し、書き直し、それでも通過しないことも多い書類審査を、パスできる機会があるのは大きなメリットなのです。
【doda】のおすすめポイント
  • 年収査定、キャリアタイプ診断、合格診断などのツール
  • doda転職フェア・セミナー
  • 応募書類の書き方・面接対策
  • スカウトメール
是非利用してほしいのは「年収査定」や「キャリアタイプ診断」など自分の現在の年収が本当に妥当なのかどんな仕事や働き方が向いているのかなど無料で診断できる独自ツール。 自分の現状を知ることが転職活動の第一歩になります。 また、「doda」は他サイトと比較してもスカウトメールが届く回数が圧倒的に多いのが特徴。 中には「面接確約オファー」や「プレミアムオファー」など書かれたメールが届くこともあります。 「面接確約」や「書類選考免除」などのスカウトなら、最短ルートでの内定がもらえる可能性大! 転職したくても「もし失敗したら?」と不安になってしまう方もいると思いますが、「doda」に登録しておけば転職に関する不安も嘘のようになくなるはずです。

\「自分の市場価値」を診断できる/

dodaの無料登録はこちら

第3位:独占求人多数!【マイナビエージェント】

20代におすすめの転職サイト第3位の「マイナビエージェント」は20代~30代前半に強い転職サイト。 3位の理由は新しい業界へ挑戦したい方向けの未経験でも応募可能な求人も多いことが1つ。 もう1つは、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業などの求人が豊富で、特定の分野に特化した転職のノウハウを持っていることです。 「マイナビエージェント」のみが保有する「独占求人」も非常に数が多く、保有する案件の約8割が非公開求人。業界に詳しい担当者がプロの目線でアドバイスをしてくれます。
【マイナビエージェント】のおすすめポイント
  • 「転職成功」のノウハウを伝授
  • 面接日、年収、入社日などの条件交渉を代行
  • 推薦状を書いてくれる
  • 求人票だけでは分からない会社の雰囲気や情報を網羅
入社後に後悔しない転職のためにも、企業の社風や雰囲気、平均残業時間、業界の成長性・動向など、有益な情報を共有。 転職後の3年後、5年後を見据え、新たな分野への挑戦にも親身にアドバイスをくれるのが魅力です。 新しい分野に挑戦したい、選択肢を広げたいという方、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業へスキルを活かし転職したい方は「マイナビエージェント」の登録がおすすめです。

\未経験OK!独占求人が豊富!/

マイナビエージェントの無料登録はこちら

第4位:転職者の約71%が年収アップ!【type転職エージェント】

第4位は、20代や30代前半の若年層向けの転職サイト「type転職エージェント」です。 業界に精通したエージェントが転職成功へ向けサポートを行ってくれ、2015年には利用した約71%の人が年収が上がったという実績も残していることがランクインの理由です。 年収アップを念頭におき、転職活動をサポートしてくれるため、確実にキャリアアップしたいという方に特におすすめです。 総合人材サービスの「キャリアデザイナー」が運営していることもあり、大手企業やベンチャー企業などの独自の求人も多く、特にIT系やエンジニアなどの求人が充実しています。
【type転職エージェント】のおすすめポイント
  • 「転職力診断テスト」
  • こだわり検索
  • 転職者の約71%が年収アップ
「type転職エージェント」で特に評価が高いのが「転職力診断テスト」。 約13万人の職種・年齢別経歴などのデータを元に、選択式の簡単な質問に答えていくことで、「強み」や「不足しているスキル」などを細かく分析してくれます。 診断が的確で、自分では気づけないような新しい可能性を発見できることから、転職を意識し始めたばかりの人はもちろん、転職活動がなかなかうまくいっていない人にもぜひ挑戦してみて欲しいサービスです。 また、「type転職エージェント」は求人のこだわり検索項目も非常にユニーク。 「受かりやすい順」「月間の目安残業時間」など、他では見られないが「知りたい条件」で絞り込むことで希望にあった求人を探すことができます。 また、IT・通信系、営業職などに特化しており、独自の求人も豊富です。 ただ、東京や大阪など都市部での転職活動であれば豊富な求人を紹介できますが、地方によってはほんの数件しか取扱がないため注意しましょう。 「リクルートエージェント」や「doda」など総合型の転職サイトにも登録し、あわせて使用するのがおすすめです。

\【東京・大阪】質の高い案件が豊富/

type転職エージェントの無料登録はこちら

第5位:顧客満足度調査NO.1【パソナキャリア】

20代におすすめの転職サイト、第5位は「パソナキャリア」です。 2019年オリコン顧客満足度調査でNO.1を獲得するなど、サポートの手厚さ、丁寧さで特に人気ですが、丁寧な分スピード転職を希望している方には不向きという理由で5位に。 ただ、求人数は3万件と「リクルートエージェント」や「doda」と比較すると量は少ないながらも、人材総合サービスのパソナグループのコネを活かした質の高い求人が多くあります。
【パソナキャリア】のおすすめポイント
  • 業界ごとのチーム体制
  • 面接対策・職務経歴書のサンプルやフォーマット
  • 年収診断
  • 女性の転職にも強い!
「パソナキャリア」では業界ごとに担当者を置いており、専門性の高い業界でも特有の悩みや不安に寄り添い、丁寧なサポートを受けることができます。 また、女性の転職活動支援に特化した専門チームもあり、1人1人に寄り添い丁寧にサポートを行ってくれます。 「パソナキャリア」では、面接や書類の対策など基本的なことにもしっかり対応しつつ、転職者1人1人が抱える背景を考慮した、丁寧なサポートが魅力です。 業界ごとに「専任キャリアアドバイザー」がいることで、深い知識と濃い情報を聞くことができるとともに、理にかなったアドバイスを聞くこともできます。

\満足度No.1!スペシャリストがサポート/

パソナキャリアの無料登録はこちら

この記事が気に入ったらシェア

フォローする