仕事や就職活動での体育会系のメリット・デメリットについて

この記事が気に入ったらシェア

スポンサーリンク

体育会系と言えば厳しい上下関係に耐えられる、体力もある、ストレス耐性もたかく、ちょっとのことではくじけないという強みをもっている人が多く、部活動だけでなく仕事でもその強みを発揮して成果を上げる人が目立ちます。

しかし、体育会系だからといって、必ずしもメリットしかないというわけではなく、デメリットもきっちりとあります。

とはいえ、体育会系のデメリットは体育会系の人間関係の中にいるとなかなか自覚しにくい、またデメリットを感じてもそのことを同じ体育会系の友人や上司に言うのは、自分が所属している集団を否定しているように感じて、なかなか口に出すのも難しいものです。

今回は、仕事における体育会系のメリット・デメリットについてお話いたします。

スポンサーリンク

体育会系のメリット

上下関係のある人間関係にすぐに馴染める

体育会系の人間関係を象徴するのは「先輩・後輩」の関係であり、年功序列の意識が強い会社や(能力はどうあれ)年上の人に対して敬意を表し、後輩らしく大人しく振舞うという上下関係のある組織に、すんなりと馴染みやすいのが特徴的です。

社長や上司、取引先の相手やお客さんに対して失礼な態度を取るべきではない…という至極最もな振る舞い方を、すでに体育会系の人間関係の仲で身につけてきているので、新入社員を選ぶ側としても体育会系はすくなくとも「最低限の上下関係は身につけているから安心できる」と思われ、好印象を得やすくなります。

理不尽に対する耐性がある

上下関係のある人間関係においては、しばしば立場が下の人間が上の人間から理不尽な目に合わされることもありますが、体育会系であれば、すでに学生時代に先輩や監督から立場が上の人からの理不尽に対する耐性があり、仕事でもその理不尽に対して順応が容易です。

例えば仕事においては

  • 始業前○分にはすでに職場について掃除や準備をしておく。
  • 面倒事や雑務を押し付けられる。
  • 残業に付き合わされる。
  • 気分が乗らない飲み会や宴会に付き合わされる。
  • 上の意見には「はい!分かりました!」と即答し、それ以外の反応を返すのはNG。

と言った、納得できないことや正直気に入らないと感じても、なんだかんだいって引き受けて、その場をやり過ごすことが容易になります。

規律や命令をしっかり守る習慣が身についている

体育会系の文化と規律・命令を守ることは密接な関わりがあります。

遅刻をしない、練習前にグランド整備をすると言った部全体が守るべきルールから、先輩や監督などの立場が上の人の指示や命令は厳守するという習慣が、普段の練習の中で身に付いています。

規律を守るのは部活や学校だけでなく、仕事においても重要視されるのはもちろん、立場が上の人からの命令に対する忠誠心の高さは、仕事においても役立つ能力の一つです。

何かにつけて反論をしたり、ルールを守らず自分のやり方で進めようとする新入社員よりも、きっちりルールを守って行動し、上司の命令をしっかりきき行動する新入社員の方が教える側も安心でき、かつ職場の雰囲気が良くなるので好まれる人材となります。

第一印象が良くなる

体育会系はほかの部活動と比べると「体育会系」というだけで仕事が出来るように思われ、第一印象が良くなりやすい傾向があります。職場によっては過度に体育会系をプッシュしすぎて神格化することもあるほどです。

これは、体育会系がも体力やストレス耐性の強さ、上下関係への慣れ、規律・命令も守るといった仕事に必要な要素を、一から職場で鍛えなくてもよいという事へのお得感が大きく影響しています。

また、体育会系の人は、普段から声を出し挨拶ができるということから、初対面のひとからも親しみやすい人、真面目な人だと交換を得やすいので、それも加えて第一印象を押し上げる要因となっています。

さらに、体育会系は学生時代に自分が打ち込んでいたスポーツに関する話題やネタをもっていることから、年上の人からの反応も良く、スポーツがきっかけになって新たな交友関係が生まれやすいというのも特徴的です。

同じスポーツをやっていたからこそ、話し合える練習の辛さ、試合での緊張感、と言った苦労話を共有することで、お互いに腹を割って共感し合える仲へと発展しやすくなります。

体力があることで経験を積みやすい

新入社員が働き盛りのベテラン社員と同じような仕事っぷりをするのは稀です。

入社して間もない新入社員にとっては、どんどん仕事をこなして経験を積んでもらうのが、まず第一だと考えている会社も少なくありません。

どれだけ仕事量をこなせるかという点においては、体力がある体育会系が有利になります。

営業の数をこなす、雑務の数をこなす、先輩にご教授願いにいく…どれも、長く動ける体力やスタミナがなればあるほどこなせる仕事は増え、その分経験を積みやすくなります。

体育会系のデメリット

工夫が必要な仕事やクリエィティブな仕事に向いていない

規律ゆあ命令を守ることが得意な体育会系は、自分の頭で考えて工夫をする仕事や、何かを生み出すようなクリエィティブな発想が必要な仕事は不得意な傾向があります。

新入社員のうちはとりえあず上から言われた命令や規律を守っているだけでも問題ありませんが、部下を持ったり役職について人を指示する立場になったときに、柔軟な発想ができず自分が今までやってきた方法以外で人を指導することができません。

体育会系はマニュアルを守るのは得意な一方で、新たにマニュアルを作ったり、マニュアル作りのために物事を考えるのが苦手なまま年を取ってしまうのが体育会系で働き続ける上では気をつけなければいけない点です。

立場が上の人の意見に流されやすく「NO」と言えない

上下関係に沿った行動ができてしまうのは、集団への馴染みやすさにつながる一方で自分の意見を抑圧したり、上の意見に対して不満や疑問点があるのにもかかわらず「NO」と言うことができず同調圧力やストレスを感じる原因になります。

立場が上の人に対して気を遣いすぎるあまり、たとえ上の人が誤った判断や主張していると感じても、それに対して異を唱えると、今度は自分の立場が揺らぎ生活に支障が出ることを恐れて、誰も上の人に対してNOと言えず、イエスマンばかりの組織になってしまうこともあります。

社会人に限らず学生でも、体育会系の人が悪ノリをして周囲に迷惑をかけたり、「そんな悪ノリをする前に誰か止めなかったのかよ…」と思われるのは、えてして立場が上の人に気を遣いすぎた結果、誰もNOと言えなくなり暴走してしまうことが原因です。

立場が下の人に失礼な行動をとってしまい恨みを買う

上下関係とは見方を変えればヒエラルキーのある人間関係であり、権力を行使する人と権力に巻き込まれる人が出てくる人間関係でもあります。

当然権力を立場が下の人は、権力が上の人に楯突くことは難しく、これが原因で人間関係がギスギスしたり、いじめやハラスメントが正当化されてしまうことも起こりえます。

上下関係に対して厳しい体育会系の文化は、ときに下の人に対する自分の理不尽やわがまますら正当化してしまい、下の人間関係に恨みを買われてしまう原因になってしまいます。

例えば、先輩だからといって後輩に、自分の昔話や武勇伝を繰り返し延々と聴かせる行為。

先輩の自慢話とはいえ、何度も同じ話を聞かされるのは退屈ですし、自分の自由時間まで拘束されてしまって非常に不愉快に感じるのも無理はありません。

とはいえ、そのことを顔に出したら先輩に説教を食らうので、「話に興味がありますよ」という表情のまま内心「早く終わらへんかな…」と呆れている事でしょう。

このような行為は相手が「先輩」という立場だから渋々認めているのであり、これが先輩という立場の無い赤の他人であれば、わざわざ自分の貴重な時間を割いてまで話を聞く必要性も義理もありません。

先輩という特権を使われた以上、後輩はその特権に抗うのは非常に難しくなるので、この特権を乱用して行われた理不尽(場合によってはパワハラやセクハラ)により、怒りや憎しみ、恨みと言った負の感情を後輩に抱かせてしまう恐れがあります。

ルールや規律を守るという教えを大切にしている人が、その教えを破って上に逆らうのも、日々の先輩特権による理不尽の積み重ねが原因となる可能性は十分に考えられます。

体育会系以外の人間関係ではコミュニケーションができなくなる

体育会系はコミュニケーション能力が高いと思われがちですが、コミュニケーション能力の高さが発揮されるのは、自分と同じ体育会系の相手と話すときのみとなります。

体育会系の人が、体育会系以外の文化をもつ相手や人間関係で話す場合は、逆に体育会系の人は何を言ったらいいのかわからず、無口になってしまうこともあります。

体育会系は上下関係・規律・ノリという体育会系特有の空気感や暗黙の了解を理解した人同士のコミュニケーションは非常に得意で、とても友好的な人、社交的な人と見られがち。

しかし、体育会系のノリが通用しない場面では、今までの社交的な人だとは思えないほどに大人しくなってしまいます。

もちろん、この現象は体育会系に限らず文化系の人や理系・文系の人など、あらゆる人間関係にも当てはまることであり、コミュニケーション能力の高さは自分だけの力ではなく、自分が話す相手や集団によって上下してしまう特徴があることが主な原因です。

老化で体力が衰えた時に追い詰められ、精神的に病むことも

体育会系の売りである体力は、年齢を重ねるにつれて老化と共に衰えてしまうことは避けられません。

20代の働き方を30代、40代、50代でも同じようにできる人は稀で、年齢を重ねるにつれて体力の衰えは進み、ただ作業量をこなすような仕事のやり方を続けるのも難しくなってきます。

体力の衰えは体育会系の人にとっては、自分の唯一の強みを失うことと同じで、体力がなくなるにつれて焦燥感や不安、苛立ちや自分のアイデンティティが失われる事への恐怖を感じるようになります。

また、体力が衰え始めているときに、自分よりも若々しく体力のある新入社員を見ると、自分のいたたまれなさや不甲斐なさを感じたり、逆に体力がある新人に対して嫉妬の感情を抱き、先輩であることの特権を濫用して理不尽を強いることを正当化してしまうこともあります。

体力という年齢と共に衰えてしまうものだけに自分の精神的・経済的な安心感を委ねるのではなく、体力以外のスキルであったり、勉強であったり、会社以外の人間関係などに、安心や居場所を感じられるようにして、体力が衰えても強い不安に襲われないための準備をしていくのが大切です。

https://mental-kyoka.com/wp-content/uploads/2019/05/hitonohukou-kyoukan.jpg

おすすめ転職エージェントランキングTOP5

第1位:転職成功実績NO.1【リクルートエージェント】

「リクルートエージェント」が20代におすすめの転職サイト1位である理由は、「業界最大手」の名に恥じない非公開求人の多さにあります。 非公開求人はジャンルや年齢層を問わず20万件以上と国内最多。また、内定の決定数も年間2万3,000人以上、累計で32万人とNO.1です。 スキルを活かし転職をしたいというキャリアアップが目標の方はもちろん、新しい業界への挑戦を考えている、自分を採用してくれる会社があるか不安という方も「リクルートエージェント」に登録しておけば間違いありません。
【リクルートエージェント】のおすすめポイント
  • 年収アップ率62.7%
  • 土日祝日・平日20時以降も対応
  • 給与の交渉代行
  • 独自に分析した業界・企業情報の提供
  • 満足度99%面接力向上セミナー
  • 地方求人も豊富
2011年のデータではありますが、「リクルートエージェント」を利用した転職者の6割以上が年収アップを実現。 担当アドバイザーが1人1人の強みを引き出すとともに、応募先へのアピール方法や口には出しにくい転職理由をうまく伝えるアドバイスなどもしてくれます。 また、20万件以上の非公開求人には地方の求人も多く含まれているため、Uターン転職、Iターン転職、Jターン転職などしたい場合も収入を落とさず好条件で転職が可能です。
  • Uターン転職…地元に戻り転職する
  • Iターン転職…都会で育ち就職した人が地方に移住し転職
  • Jターン転職…地方で育ち、都会で就職、地元とは違う土地へ転職
日本全国の求人を保有していますが、約85%が「リクルートエージェント」のみでしか取り扱いがなく、他の転職サイトでは見ることができません。 あらゆる分野の求人が集まってくるトップサイトですので、リクルートエージェントには必ず登録しておきましょう。

\求人数NO.1!年収アップ率60%以上/

リクルートエージェントの無料登録はこちら

第2位:満足度NO.1!【doda】

第2位は「リクルートエージェント」に次いで求人数が多い「doda(デューダ)」。 非公開求人は10万件以上あり、仕事について迷走しがちな20代向けの独自のサービスが充実しています。 登録すれば定期的に開催される「doda」主催の大規模な転職フェアやセミナーに参加が可能。 企業の担当者と直接話ができるため、あなた自身の人柄を直接アピールでき、運が良ければ書類審査をパスすることができます。 実は、20代の転職活動で書類審査は「沼にハマりやすい」大事な通過点。社会に出て数年では経験も足りず、その他大勢との差を広げにくいためです。 何度も何度も練り直し、書き直し、それでも通過しないことも多い書類審査を、パスできる機会があるのは大きなメリットなのです。
【doda】のおすすめポイント
  • 年収査定、キャリアタイプ診断、合格診断などのツール
  • doda転職フェア・セミナー
  • 応募書類の書き方・面接対策
  • スカウトメール
是非利用してほしいのは「年収査定」や「キャリアタイプ診断」など自分の現在の年収が本当に妥当なのかどんな仕事や働き方が向いているのかなど無料で診断できる独自ツール。 自分の現状を知ることが転職活動の第一歩になります。 また、「doda」は他サイトと比較してもスカウトメールが届く回数が圧倒的に多いのが特徴。 中には「面接確約オファー」や「プレミアムオファー」など書かれたメールが届くこともあります。 「面接確約」や「書類選考免除」などのスカウトなら、最短ルートでの内定がもらえる可能性大! 転職したくても「もし失敗したら?」と不安になってしまう方もいると思いますが、「doda」に登録しておけば転職に関する不安も嘘のようになくなるはずです。

\「自分の市場価値」を診断できる/

dodaの無料登録はこちら

第3位:独占求人多数!【マイナビエージェント】

20代におすすめの転職サイト第3位の「マイナビエージェント」は20代~30代前半に強い転職サイト。 3位の理由は新しい業界へ挑戦したい方向けの未経験でも応募可能な求人も多いことが1つ。 もう1つは、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業などの求人が豊富で、特定の分野に特化した転職のノウハウを持っていることです。 「マイナビエージェント」のみが保有する「独占求人」も非常に数が多く、保有する案件の約8割が非公開求人。業界に詳しい担当者がプロの目線でアドバイスをしてくれます。
【マイナビエージェント】のおすすめポイント
  • 「転職成功」のノウハウを伝授
  • 面接日、年収、入社日などの条件交渉を代行
  • 推薦状を書いてくれる
  • 求人票だけでは分からない会社の雰囲気や情報を網羅
入社後に後悔しない転職のためにも、企業の社風や雰囲気、平均残業時間、業界の成長性・動向など、有益な情報を共有。 転職後の3年後、5年後を見据え、新たな分野への挑戦にも親身にアドバイスをくれるのが魅力です。 新しい分野に挑戦したい、選択肢を広げたいという方、IT系技術職や金融系、機械・電気系技術職、営業へスキルを活かし転職したい方は「マイナビエージェント」の登録がおすすめです。

\未経験OK!独占求人が豊富!/

マイナビエージェントの無料登録はこちら

第4位:転職者の約71%が年収アップ!【type転職エージェント】

第4位は、20代や30代前半の若年層向けの転職サイト「type転職エージェント」です。 業界に精通したエージェントが転職成功へ向けサポートを行ってくれ、2015年には利用した約71%の人が年収が上がったという実績も残していることがランクインの理由です。 年収アップを念頭におき、転職活動をサポートしてくれるため、確実にキャリアアップしたいという方に特におすすめです。 総合人材サービスの「キャリアデザイナー」が運営していることもあり、大手企業やベンチャー企業などの独自の求人も多く、特にIT系やエンジニアなどの求人が充実しています。
【type転職エージェント】のおすすめポイント
  • 「転職力診断テスト」
  • こだわり検索
  • 転職者の約71%が年収アップ
「type転職エージェント」で特に評価が高いのが「転職力診断テスト」。 約13万人の職種・年齢別経歴などのデータを元に、選択式の簡単な質問に答えていくことで、「強み」や「不足しているスキル」などを細かく分析してくれます。 診断が的確で、自分では気づけないような新しい可能性を発見できることから、転職を意識し始めたばかりの人はもちろん、転職活動がなかなかうまくいっていない人にもぜひ挑戦してみて欲しいサービスです。 また、「type転職エージェント」は求人のこだわり検索項目も非常にユニーク。 「受かりやすい順」「月間の目安残業時間」など、他では見られないが「知りたい条件」で絞り込むことで希望にあった求人を探すことができます。 また、IT・通信系、営業職などに特化しており、独自の求人も豊富です。 ただ、東京や大阪など都市部での転職活動であれば豊富な求人を紹介できますが、地方によってはほんの数件しか取扱がないため注意しましょう。 「リクルートエージェント」や「doda」など総合型の転職サイトにも登録し、あわせて使用するのがおすすめです。

\【東京・大阪】質の高い案件が豊富/

type転職エージェントの無料登録はこちら

第5位:顧客満足度調査NO.1【パソナキャリア】

20代におすすめの転職サイト、第5位は「パソナキャリア」です。 2019年オリコン顧客満足度調査でNO.1を獲得するなど、サポートの手厚さ、丁寧さで特に人気ですが、丁寧な分スピード転職を希望している方には不向きという理由で5位に。 ただ、求人数は3万件と「リクルートエージェント」や「doda」と比較すると量は少ないながらも、人材総合サービスのパソナグループのコネを活かした質の高い求人が多くあります。
【パソナキャリア】のおすすめポイント
  • 業界ごとのチーム体制
  • 面接対策・職務経歴書のサンプルやフォーマット
  • 年収診断
  • 女性の転職にも強い!
「パソナキャリア」では業界ごとに担当者を置いており、専門性の高い業界でも特有の悩みや不安に寄り添い、丁寧なサポートを受けることができます。 また、女性の転職活動支援に特化した専門チームもあり、1人1人に寄り添い丁寧にサポートを行ってくれます。 「パソナキャリア」では、面接や書類の対策など基本的なことにもしっかり対応しつつ、転職者1人1人が抱える背景を考慮した、丁寧なサポートが魅力です。 業界ごとに「専任キャリアアドバイザー」がいることで、深い知識と濃い情報を聞くことができるとともに、理にかなったアドバイスを聞くこともできます。

\満足度No.1!スペシャリストがサポート/

パソナキャリアの無料登録はこちら

この記事が気に入ったらシェア

フォローする